第66代ダービー馬アドマイヤベガ死亡
詳しくはこちら

アドマイヤベガは、僕が中二の時のダービー馬。その日は模試があったので、午後になって東京競馬場に行った記憶がある。晴れていて、絶好の競馬日和だった。もう時間が遅かったから、ゴール板過ぎの所しか空いていなくて、直線だけはしっかり見ようと思って陣取った。
最後の直線の3強の攻防はドキドキしたなー。ダービー史上に残る接戦。僕は、「ああー、やっぱり最後はベガが来たな。」と思ったことを覚えている。秋はトライアルの京都新聞杯を勝ったのみで菊花賞は6着。それからは脚部不安でひっそりと引退。
そのせいもあり、今年デビューした産駒が活躍してくれたことは嬉しかった。これから、GⅠ馬を出してもおかしくなさそうなので、何とか後継馬が出てくれれば・・・。

最後に、ダービーでの三宅アナウンサーの実況(正確ではないかもしれないけれど)を記して、アドマイヤベガに哀悼の意を表したいと思います。

外からアドマイヤ!
外からアドマイヤ!ナリタトップロード!
外からアドマイヤー!
アドマイヤベガです!母ベガの二冠達成から6年!
いま、その息子が、輝く一等星に!
武豊、ダービー2連覇!
アドマイヤベガです!

[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-10-29 22:07 | 競馬
<< 天皇賞・秋 プレ予想 PSP発売日&価格決定 >>