今年放送された競馬に関する番組 まとめ
昨日に引き続き、今日も競馬関連のテレビ番組について。
多分、今年はもう競馬に関する番組は放送されない(中継除く)と思うので、まとめとして今年放送された競馬番組をまとめてみたい。

今日のお断りとしては、まず僕が見た番組についてのみ書くこと。見ていない番組のことを書くという無責任なことは当然できないから。もうひとつは、今年の1月から3月までの番組はほとんど見ていないということ。この中には、ハルウララを取り上げた「にんげんドキュメント」などもあるけれど、見ていない以上コメントはできない。以上の点をご了承ください。

さて、これからはランキング形式で振り返ることにする。なお、今回はグリーンチャンネルの番組は除く。グリーンチャンネル内の番組は競馬ファンでも見ない人がいるくらいで、競馬ファン以外の人はまず見ないと考えられる。また質に関して他の番組とは大きく異なることも理由のひとつ。
まず3位。プロジェクトX「メイセイオペラ編」
はっきり言うと、3位は決して良い順位ではない。これより下の番組はどれも問題が多いので、消去法で当番組が3位に。最近のNHKのやり方は納得できないが、ひとまず、それとこれとは別問題として考えた。地方競馬という苦しい状況の中努力したスタッフに焦点を当てた番組。
続いて2位。報道ステーション 地方競馬報道
まだ地方競馬存廃問題が本格化していない時期に放送したことが2位の理由。また、ハルウララに引っ張られることの無かった構成も評価。「うまやもん」の大月氏(マンガ夜話の大月氏の方がわかりやすい?)も競馬場跡を訪れ、文化という観点からコメントをしていた。
最後に1位。ZONE コスモバルク編
この番組では皐月賞、ダービー時の2回にわたりコスモバルクを取り上げた。岡田総帥や五十嵐騎手、田部調教師に密着取材しコスモバルクが中央挑戦するプロセスが中心。スポーツ番組なので、確かに焦点が絞れ有利な点はあるが、番組の出来が良かったので1位に。秋になり、番組自体が終了したため、コスモバルク第3章が放送されることはなかったことが残念。この番組は以前にも、テロワールが誕生してからデビューするまでを特集したり、スペシャルウィークの99年秋シーズンに密着したりと度々競馬関連の特集をしていた。(テロワールとスペシャルウィークは同じ馬主。単なる偶然か、それとも何かつながりがあったのかな。)

以上です。最後に今まで書いた番組レビューを再掲しておきます。
「情熱大陸」 藤沢和雄調教師編を見て
G+「地方競馬報道」について。そしてその感想。
報道ステーション 地方競馬報道について 2
グリーンチャンネル ホースマントーク 吉田照哉&吉田勝巳 を観て
報道ステーション 地方競馬報道について
プロジェクトX メイセイオペラ
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-12-07 13:02 | 競馬メディア評論
<< 千と千尋の謎解き 4回目 「情熱大陸」 藤沢和雄調教師編を見て >>