ゲームレビュー06 「ウイニングポスト7 マキシマム2006」
FF12が終わったらコレ、
と決めていたのがウイニングポスト最新作の7マキシマム2006。

7はそれまでのシリーズと異なるシステムを採用している。
6までは「歴史を作る」がテーマだったのに対し、
7は「歴史を追う」がテーマになっている。

1984年からゲームはスタートし、
シンボリルドルフやオグリキャップ、果てはディープインパクトなどの
実在馬を相手に、または自分の持ち駒として、約20年間の歴史をたどっていく。

以上が7の概要。
ここからは少し具体的に書いてみる。

現役馬1頭、2歳馬一頭を選ぶところから、ゲームは始まる。
以前のシリーズだと、ここで選ぶ馬がかなり強かったが、
7ではあまり強くない。
(ちなみに、現役馬はアンドレアモンがオススメ。)
特に2歳馬の方は重賞クラスが精一杯で、地方交流以外のGⅠを勝つのはかなり困難。
そしてしばらくは、ウイニングポストらしくない地味なプレイが続く。
ソコソコ強い馬を所有して、資金を稼ぐというサイクルを1年から2年繰り返すことになる。

ここで活躍するのが馬券。
3連単を使えば何十億とラクに稼ぐことができ、使わない手はない。
オススメは史実で大荒れのGⅠレース。(サンドピアリスの秋華賞など)
歴史通りになるよう、あらかじめ勝ちやすい馬がプログラムされているため、
知識があればどのレースで稼げるかはすぐにわかる。
(わからない人でもセーブとロードを使えば、これまた簡単。邪道ではあるが)

そして資金が出来たら馬を買えばいいかと言うと、そうでもない。
7には「お守りシステム」というものがあり、
有力馬にはあらかじめ金、銀、銅、赤のお守りが設定されていて、
資金+お守りが無ければ馬が買えないようになっている。
(お守りはチョコボールのエンゼルシステムに近い=交換できる)

つまり、強い馬を手に入れるにはお守りも手に入れる必要がある。
このお守りを手に入れるのがまた一苦労で、簡単には手に入らない。

しかしお守りが無くとも、お金のみで有力馬を買えるチャンスもある。
それはセリ市。
金レベルの馬は7億~15億と超高額になっているが、
それでも資金だけで買えるのは大きく、初期はセリに通うことが重要になる。
(セリに登場するのは、史実でセリ取引された馬のみ。
これまた初期のオススメはスーパークリーク。
史実では数百万なのに、ゲームでは7億円・・・。
それでも投入分はじゅうぶん回収可能。)

セリで買える馬はできるだけセリで買って、
それ以外の馬でお守りを使うというのが基本だろう。
(お守りの数は限られてくるので、どの馬を手に入れるかと悩むのも
楽しみの一つ)

7マキシマム2006での主な変更点は
最新のレースプログラムが採用されていることと、
(ヴィクトリアマイルがある)
今年のクラシック世代が参戦していること。
(アドマイヤムーンやフサイチリシャールたち)

2007年クラシック世代からはサードステージやクロスリングなどの
シリーズおなじみのスーパーホースが登場する。

このように6までのウイニングポストとはかなり変わっているので、
今までの感じでプレイしていると戸惑う。
とはいえ、競馬ファンにはたまらない内容であるのは確かで、
現時点では満足。

もちろん自家生産も出来るので、生産馬で史実馬を打ち破ることも可能。
今回のウイニングポストは様々な角度から遊べるようになっている。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-03-28 22:41 | ゲームレビュー
<< まるで2200m戦 ~産経大阪杯~ 今年も悲願のG1初勝利タイプが... >>