2006~2007POG いかにも走りそうな馬シリーズ
今日から1週間は、POGに焦点を絞ったエントリーをしてみたい。
やることはPOGの注目馬を取り上げて、コメントを書くというありきたりなもの。
とはいえ、今しか出来ないことなので、
来年への思い出づくりを兼ねて、この機会を積極的に活用してみたい。

エアグルーヴ04


父ダンスインザダーク 母エアグルーヴ 池江寿厩舎 馬主 関口房朗氏

一発目はセレクト史上最高額の4億9000万円を記録したこの馬。
馬体重が500キロ超と重いのが気になるが、馬体自体はよく見える(ような気がする)
エアグルーヴ産駒で上手くいったのは今のところ、初仔のアドマイヤグルーヴのみ。
サムライハート、イントゥザグルーヴは骨折してしまいシーズンには間に合わなかった。
今回は父が変わり、ちょっと重い印象を受ける。
順調に行っても、春にクラシックに間に合うかどうかというのが現実的な線?
ただ、いかにも走りそうな漆黒の馬体をしている。


アドマイヤオーラ

父アグネスタキオン 母ビワハイジ 松田博厩舎 馬主 近藤利一氏

アドマイヤオーラも上位人気は必至。
兄にアドマイヤジャパンがいてすでに実績があり、母も2歳時から活躍したビワハイジ。
それに今年のクラシックで大活躍したアドマイヤ軍団。
しかも好仕上がりと来ていて、現時点では非の打ち所がない。
唯一の不安点は映像で見た際の気性の荒さ。
しかし現時点でコレを材料にして切れるかというと決してそうではない。
今のところは指名大本命の1頭。

アステリオン

父フレンチデピュティ 母フサイチエアデール 松田国厩舎 馬主 サンデーR

今年の牝馬ナンバーワンとの呼び声も高いアステリオン。
2歳王者のフサイチリシャール、ライラプスと2歳時から仔が走るのは証明済みで、
POG向きの一頭。
流れで言うと、そろそろコケる順番かとも思うが、果たしてどうか。
現時点ではフサイチリシャールをも上回る、とのこと。

今日はこの3頭。明日取り上げる馬はまだ未定。気分で決めます。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-06-12 13:44 | 2007クラシック戦線
<< 2006~2007 POG 有... 久しぶりの香港馬~ブリッシュラ... >>