ゲームレビュー07 『ファイアーエムブレム 暁の女神』
久しぶりに復活したゲームレビューコーナー。
今年はソフトを買うたびにきちんと書いていきたいと思います。


1発目はシミュレーションRPGの王道であるファイアーエムブレムの最新作、
『ファイアーエムブレム暁の女神』を取り上げたい。

前作の『蒼炎の軌跡』の続編に当たる作品で、設定や舞台も前作と同じ。
『暁の女神』では、『蒼炎』のデータを引き継ぐ事もできる。

プレイしてみた感想としては、
ファイアーエムブレムの核である歯応えのある難易度と、
シミュレーションRPGとしての完成度はきちんと受け継がれていると感じた。

ただ一方で、グラフィックや音楽の面では劣化している印象がある。
FEは音楽面でも非常に優れているゲームだったが、
今回の『暁の女神』の音楽はあまり耳に残らない。

グラフィックは人によって意見が異なるかもしれないが、
キャラクターにあまり個性が感じられないのと、
CGがイマイチなのが残念な点。
FF並みにとは言わないが、もう少し凝ってほしかった。

とはいえ、FEらしさはしっかり残っている。
例えば、最近のFEは簡単になってきているが、『暁の女神』はそうでもなさそうだ。
3すくみや攻撃力・HP・攻撃範囲を、
常に頭に入れてプレイしないと、あっという間にやられてしまう。
マップの広さやシステムは『蒼炎の軌跡』とほぼ同じで、
SFC作品で言えば『トラキア776』をもう少しライトにした感じだろう。

まだ、数時間しかプレイできていないが、第一印象としては悪くはない。
前作の『蒼炎の軌跡』とどう絡んでくるのかが非常に楽しみで、
リセットを繰り返しながら前へ進んで行きたい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-02-24 14:13 | ゲームレビュー
<< 桜花賞馬は決まったも同然 ~2... やはりカネヒキリ世代が強いのか... >>