2008POG開幕へ③ ~期待の外国産馬~
いよいよ新馬戦が始まり、期待のポルトフィーノが早速デビュー勝ちを納めた
馬の行く気に任せる武豊らしい騎乗で圧勝し、一安心した。
POGで持っていた皆さんおめでとうございます。
2歳時はあまり無理をせず、じっくり体を作っていってほしい。

さて、今日は外国産馬をメインに見ていこうと思います。
今年はフライングアップルの山本英俊氏を中心に、良血外国産馬が多く、
どんな走りを見せてくれるのか今から楽しみな馬ばかり。

ファリダット
父Kingmanbo 母Believe 松元茂厩舎 馬主ノースヒルズ


父キングマンボに母ビリーヴの超良血馬ファリダット。
見た目が大変に良く、仕上がりも順調なようだ。l
POG人気が高い1頭で、血のイメージの通り走ってくれば相当面白い。
距離は1600~2400(ギリギリ)ぐらいだろうか。

マンボパートナー
父Kingmanbo 母Dance Partner 橋口厩舎 馬主 吉田照哉氏


期待のキングマンボ産駒2号目はダンスパートナー産駒のマンボパートナー。
ダンスパートナーは社台ファームにいながらハズレ種牡馬を付けられることが多く、
重賞レベルの馬はまだ出していない。今回、ようやくチャンスがめぐってきた。
しかし、まだまだ調整中とのことで、どうやら晩成型のようだ。
母の血を残すためにも、活躍を期待したい。

タイガーファング
父Kingmanbo 母Stinger 藤沢和厩舎 馬主 社台RH


キングマンボ3兄弟のラストはスティンガー産駒のタイガーファング。
スティンガーもまだこれといった馬を出していないが、
非常に高いポテンシャルを持っていた馬だったので、
自身を超える馬を出すことができると見ている。

シャンパンスコール
父Daylami 母Alluring Park 藤沢和厩舎 馬主 山本英俊氏


最後はデイラミ産駒のシャンパンスコールをセレクトしてみた。
この馬は社台ファームで育成されていて、評判も高い。
父の影響か、晩成型らしいので早期の活躍は厳しいかもしれない。
ただ、馬自体は大変良いらしいので、とりあえず載せてみた。

ここ数年は外国産馬が低迷していて、ちょっとさびしい状況が続いているが、
今年は良血馬が多いだけに、大物外国産馬が出てきそうな雰囲気がある。
特に藤沢=山本ラインの馬たちは
ケンタッキーダービーやイギリスダービーも、視野に入れているほどで、
期待の大きさが伺える。

次回はサラブレPOGで実際に選んだ馬についてコメントしたいと思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-06-18 00:03 | 2008クラシック戦線
<< ドリームレース ~2007宝塚記念~ 2008POG開幕へ② ~産地... >>