ドリームレース ~2007宝塚記念~
宝塚記念で3歳馬トップクラスが出てくれば面白い、と書いたことがあったが、
トップクラスではなく、「トップ」が出てくるとは思わなかった。

宝塚記念

◎メイショウサムソン

宝塚記念では馬のタイプ分けが重要になる。
具体的には末脚の使い方による分類が必要で、
瞬発力タイプか、持続型タイプかで大きく予想が変わってくる。
宝塚記念で有利なのは、言うまでもなく持続型だ。
それは歴史が物語っていて、
99年 グラスワンダー快勝 スペシャルウィーク完敗
03年 ヒシミラクル勝利   シンボリクリスエス敗北
05年 スイープトウショウ勝利 ゼンノロブロイ敗北
などの例がある。

よって、今年の宝塚記念は持続型タイプを重視してみた。
持続型タイプ・・・ポップロック、カワカミプリンセス、インティライミ、
          アドマイヤフジ、アドマイヤメイン、ダイワメジャー、
          ファストタテヤマ、シャドウゲイト、アサクサキングス、
          コスモバルク、メイショウサムソン、ローエングリン

この中で逃げ馬のアドマイヤメイン、アサクサキングス、ローエングリンは、
ペースが厳しいと判断して消す。次に実績面から、
インティライミ、ファストタテヤマ、アドマイヤフジ、コスモバルクを除外する。
残ったのは、ポップロック、カワカミプリンセス、ダイワメジャー、メイショウサムソン。
この中からさらに中距離実績を考慮して、メイショウサムソンを本命にした。
クラシックでの戦いを見ても3200mより2200mの方が向くと見える。

〇カワカミプリンセス

ヴィクトリアマイルはカワカミプリンセンスに全く向かないレースになってしまった。
一方、今回の宝塚記念はハイペースの末脚持続勝負になる公算が高く、
まさにカワカミプリンセスにうってつけのレースになる。

▲ダイワメジャー

距離が不安と言われているが、
2000mの皐月賞を勝って、2500mの有馬記念を3着しているのだから、
走れないことはない。向かないかもしれないが、こなせるはず。
馬、騎手とも好調な勢いも評価したい。
安田記念は王者の走りだった。

△ポップロック
海外をはさんでいるのであまり目立っていないが、
有馬記念2着、京都記念2着など日本トップクラスの馬とも勝負できている。
この実績に加え武豊騎乗で5番人気なら、人気薄とさえ言える。

△ウオッカ
瞬発型、持続型などの括りを超越してもおかしくないウオッカを加える。
桜花賞やダービーの走りから、現時点では瞬発力型と判断しているが、
果たしてどんな走りを見せるだろうか。馬券云々無しに楽しみにしている。

今年の宝塚記念は、
「あなたの夢、わたしの夢が走る宝塚記念」のフレーズにふさわしいメンバーが揃った。
凱旋門賞よりも宝塚記念の方がレベルが高かった、
と後に言われるようなレースを期待したい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-06-23 23:23 | 2007古馬GⅠ戦線
<< 春の総決算より秋への展望 ~2... 2008POG開幕へ③ ~期待... >>