夏の風物詩Wヘッダー ~関屋記念&函館2歳S
今日は新潟と函館でそれぞれ関屋記念と函館2歳Sが開催されます。

関屋記念

◎カンファーベスト
休み明けは承知も、実力を買う。
また、外枠にプリンカーの激変サインもあり、人気の割にはおいしい馬なのでは?

〇アンブロワーズ
2番手は長いスランプから脱却気味のアンブロワーズ。
新潟とコース形態の似ている東京コースでも走っていて、好走する要素は持ち合わせている。

▲カンパニー
この馬も復帰初戦になる。
血統的と末脚タイプからは新潟に合いそうだ。
あとはハンパな距離が得意なカンパニーにとって初のマイルがどう出るか。

△ヤマニンアラバスタ
またまた復帰組。
もともとの新潟巧者ぶりに加え、
「夏は牝馬」と「夏は葦毛」の「合わせ技」に大駆けを期待したい。

△センカク
密かに実力をつけているセンカクを最後に挙げる。
目黒記念では3着に入り、ハンデ戦ではあるものの好走した。
自身と同じく上がり馬を多く出しているマーベラスサンデー産駒でもあり、
ここでの台頭に賭けてみたい。

函館2歳S

◎エイプルベガ

お手並み拝見の意味も込めて本命にする。
函館2歳Sは毎年人気馬がコケているが今年はどうか。

〇ハートオブクィーン
北海道の2歳戦では道営馬が台風の目となる活躍を見せている。
人気もないので買わない手はない。

▲ルミナリエ

実はPOG馬のルミナリエを3番手評価にする。
初戦はなかなかの勝ちっぷりで安堵していたが、
2戦目はうってかわって案外な結果に終わってしまった。
再びの好走を期待したい。

△アイリスモレア

函館2歳Sではサクラバクシンオーがよく来る。
アイリスモレアは大外枠でもあり、絶好の好条件だ。

△ベストオブミー
パワーの要る馬場で強そうな血統と走りをしたベストオブミーをラストに添える。
鞍上も心強い。

長期休養明け実力馬が多い関屋記念に、キャリアの浅い馬ばかりの函館2歳S。
この2つはまったくタイプの違うレースになったが、だからこそ2つとも当てたくなる。
関屋記念には秋に結びつく馬の出現を、
函館2歳Sでは冬の2歳戦を盛り上げる走りを、期待したい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-08-05 13:41 | 2008クラシック戦線
<< 才能よりもキャリア ~関屋記念... 牝馬三冠馬スティルインラブ死亡 >>