サマーシリーズも再開!~新潟記念&キーンランドC
馬インフルエンザであれだけ騒いでおいて、いざ始まったら競馬をやらないというのもあんまりなので・・・。

新潟記念

◎アドマイヤモナーク
今年は人気馬で素直に決まると思う。
アドマイヤモナークはメンバー中でも実績上位で、
しかもそれほど背負わされるわけでもない。
ドリームウェルも新潟には向く種牡馬だろう。
出走馬の中で33秒台の脚を使える馬がそんなにいないので、
この馬でも大丈夫だと判断した。

〇ユメノシルシ
逃げるのか控えるのかわからないが、おそらくペースを見て判断するはず。
そうなると今年の場合はスローになる公算が大きく、逃げる可能性が高いと見ている。
母父トニービンも良し。

▲フェイトトリックス
実績とグレイソブリン系を考慮して。
人気と斤量も適度でいい感じ。

△トップガンジョー

実績と実力はその名のとおりトップだが、休養明けがどう出るか。

△ダイチチアトム
夏の上がり馬。52キロと血統を評価した。

キーンランドカップ

◎サープラスシンガー
3歳馬が台頭してくるのは短距離戦から、は有名なパターンになっている。
サープラスシンガーも既に函館SSで結果を出している。
メンバーも前走とほとんど変わらないので、ここでも走ってくるはず。

〇クーヴェルチュール
引き続き3歳馬を推す。
この馬も既に古馬と走り好成績を残している。
斤量も、鞍上も良く、切る要素がない。

▲ローレルゲレイロ

この馬がスプリンターだとはどうしても思えず、印は控えめにした。
(キングヘイローはスプリントもこなしたが・・・)
キングヘイローらしく、ハイペースのマイル向きでは?

△アグネスラズベリ
いくら3歳馬が走っていると言えども、古馬が絡んでいるのも事実だ。
実績から考えてアグネスラズベリを買わないわけにはいかない。

競馬は再開されましたが、売り上げは前年を下回っているみたい。
常識的に考えれば、売り上げが上がってもおかしくないはずで、
これほど明確なファンからのメッセージはない。
やっぱりJRAは説明責任を欠いているのだろう。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-08-26 11:02 | 2007古馬GⅠ戦線
<< 最初で最後の9月開催札幌記念 25日、26日は通常通り開催 >>