武豊のファインプレーで2歳王者が復活 ~2007神戸新聞杯&オールカマー
フジの競馬中継はなかなか安定しませんね。総裁選があったからかな?
福原アナウンサーと、あと一人アナウンサーが付いてもらえばいいのですが。
新人アナとかでもぜんぜん構わないです。

神戸新聞杯

1着 ドリームジャーニー
武豊の好騎乗が光り、鮮やかな復活を遂げた。
まさかあそこまで鮮やかな脚を使えると考えていなかったので、
直線に入ってからの手応えには驚いた。
あのぐらいの脚が毎回使えればかなり面白い馬になってくる。

さて、次は当然菊花賞になる。
ステイゴールド×メジロマックイーンはまさに長距離血統で、
一見距離の心配はなさそうだが、
武豊は「3000mはこの馬には向いているとはいい難いですね」とコメントしている。
このコメントを信じるとなると菊花賞では買いにくくなる。
ただ、現時点の3歳馬で3000mが合う馬がほとんどいないのも事実で、
昨年のソングオブウインドのような存在もまだ見当たらない。
鞍上が3000mは不向きと言っているので、軸にはしづらいが、
今日の走りを見ると押さえる必要はあるだろう。
どの馬も3000mがダメだった時に再び同じ展開になるとも限らない。

2着 アサクサキングス

こちらは自分のパターンどおりの走りで結果を出し、
3000mも大丈夫だとジョッキーは話している。
長距離の逃げ馬は確固とした馬がいない時には怖い存在になるので、
実力上位でもあるアサクサキングスを買わないわけにはいかないだろう。
ダービーのような見せ場のある逃げを期待したい。

3着 ヴィクトリー
折り合いに苦労し、直線入り口では既に手応えがなかったが、そこから粘りを見せた。
やはりダービーでの敗戦は折り合いが原因だろう。
きちんと折り合って走れば、皐月賞時の能力が発揮できるはず。
鞍上には折り合いに定評のあるジョッキーを起用してほしい。

12着 フサイチホウオー

折り合いがついていたにも関わらず、直線に入ってまったく伸びなかった。
これで菊花賞は絶望的だ。
父であるジャングルポケットもこの時期はしぼみ気味だったので、
フサイチホウオーもスランプに陥っても不思議ではない。
しかしジャングルポケットはダービーを勝ち、スランプといっても入着は確保していた。
この馬はまだ重賞馬で、父と同じレベルにはない。
得意の東京競馬場での走りをもう一度見て、判断したい。菊花賞では買わない。

オールカマー

1着マツリダゴッホ
AJCCのリプレイのような鮮やかな勝利を飾った。
前走の惨敗は調子がイマイチだったのが主因だが、
札幌のような芝も向かなかったのだろう。
野芝で切れる脚が使えるコースの方に適性がある。
天皇賞(秋)は一流馬が揃うのでマツリダゴッホにはちょっと厳しそうだ。
同コースの有馬記念でひっそりと狙ってみたい。

9着 サンツェッペリン
こちらは4コーナーで手応えが無くなりあっさり沈んでしまった。
とはいえ直線に入って少し伸びているのはさすが。
逃げ馬は案外こういう風に負けた時の変わり身があるので返って怖い。
菊花賞に出てきたら買います。

というわけで、菊花賞で買いたい馬がなかなか見つからない。
昨年の同時期は馬券を外したものの、
ソングオブウインドに目を付けることはできていた。
今のところはやっぱりドリームジャーニーかな、あとは鞍上が変わればヴィクトリーか。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-09-24 18:08 | 2007クラシック戦線
<< 逃げか、差しか。 ~2007ス... 大混戦の菊花賞戦線、抜け出して... >>