馬券の腕が試される? ~2007菊花賞~
今年の菊花賞も荒れそうな気配が漂う。
難しいけれど、予想するにはこれほど楽しいレースはないですね。

菊花賞

◎アルナスライン

本命は京都大賞典で古馬と好勝負を見せたアルナスライン。
骨折前はサンツェッペリンらと好勝負をしていて、実力は高かった。
菊花賞と結びつきやすい2200mのすみれSを、
ベッラレイアを下して勝っていることも評価できる。

〇ドリームジャーニー
陣営は距離を心配しているが、武豊の発言がメディアによって異なるので、
三味線かましているだけ?と判断し、評価を下げなかった。
血統的にはむしろ持って来いの距離だろう。
届かないのを覚悟で買う。

▲エーシンダードマン
エーシンダードマンは過去の菊花賞馬穴馬パターンに入っている。
父ダンスインザダークで勝ち上がりが遅い。
かつ、前走2400mの1000万下で、
良い上がりを見せていながら惜敗など。
ヒシミラクルとファストタテヤマとデルタブルースを混ぜたような戦歴を持つので、
密かに期待している。

△デュオトーン
調教具合があまり良くないらしいが、
デュオトーンもやはり菊花賞馬パターンに入っているので押さえる。
本命にはできないが、押さえにはじゅうぶんできる馬だと思う。

△ロックドゥカンブ
最後に念のためロックドゥカンブも押さえる。距離だけが心配。

ホクトスルタンは穴人気になっている気がしたので、敬遠しました。
来たら来たでしょうがない。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-10-21 10:08 | 2007クラシック戦線
<< 総力戦! ~2007菊花賞~ 決着!2007牝馬クラシック戦... >>