3強対決!~2007天皇賞(秋)~
「2強対決は片方が飛び、3強対決は全てが来る」
という競馬格言があります。
果たして今回の天皇賞(秋)はどうなるでしょうか。楽しみです。

天皇賞(秋)

◎アドマイヤムーン
メイショウサムソンと迷った末に、アドマイヤムーンを選んだ。
メイショウとの差は、2000m適性と枠順の二つで、
宝塚記念を見る限り、2頭の力量はさほど変わらないはず。

〇メイショウサムソン
今回の馬場状態はメイショウサムソンのダービー時に酷似している。
あの時も当日朝まで雨が降り、その後馬場が回復した。
それ以外にも、天皇賞と結びつきやすいレースを制している点も評価できる。

▲ダイワメジャー

今年の天皇賞は馬場が重くなりステイヤー色が濃くなると思うので、
マイラー型のダイワメジャーには辛いレースになるかもしれない。
とはいえ、力では上位2頭に負けてはいないはず。
前に行ける事も、2頭には無い魅力になっている。

△マツリダゴッホ
母父サンデーは、父サンデーの人気薄を連れてくることが多い。
今回この条件に当てはまるのが、マツリダゴッホかローゼンクロイツ。
ローゼンは雨がダメらしいので、マツリダゴッホを選んでみた。

△ポップロック
ステイヤーでも来れる天皇賞になりそうなので、
距離は短いかもしれないが、押さえておく。
京都大賞典を先行で粘っている点も良い。
このレースは勝っている馬よりも負けた馬の方が、かえって来る。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-10-28 10:30 | 2007古馬GⅠ戦線
<< 一流を分ける「壁」~2007天... 総力戦! ~2007菊花賞~ >>