世代交代成る ~2007エリザベス女王杯~
今年はエリザベス女王杯らしいレースでした。
来年はカワカミプリンセスVSウオッカVSダイワスカーレットの、
真・最強牝馬決定戦が見られるといいですね。

エリザベス女王杯
ハロンタイム 12.7 - 11.1 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.6 - 12.8 - 11.8 - 11.1 - 11.4 - 11.6
上り 4F 45.9 - 3F 34.1
タイム 2:11.9

1着 ダイワスカーレット

秋華賞と同じレースをして、逃げ切りを決めた。

ダイワスカーレットは距離が不安視されていたが、
だましだまし走って何とかごまかし切れた。
井崎さんも言っていたように、
東京2400mは辛いかもしれないが、
中山2500mの有馬記念ならば、
息を入れやすいのでこなせるだろう。
自分からレースを作れることも強みになる。

2着 フサイチパンドラ
こちらは昨年とまったく同じレースぶりで2着。
仕掛けがやや早かったが、ダイワが前にいる以上仕方がない。
この血統は奥が深いので、来年も期待したい。

3着 スイープトウショウ
スイープトウショウもがんばった。
これで引退とのこと。
最後まで切れのある走りを見せてくれた、
スイープトウショウには頭が下がる。
強さ以外にも様々な魅力を持つこの馬の引退は本当に寂しい。
個人的も手の内に入れていた数少ない馬だったので、
財政的も痛いものがあるが、ひとまずお疲れ様でしたと声を掛けたい。

サンデーの血を持っていないので、
ディープインパクトとの稲妻末脚を持つ産駒を楽しみにしている。

今回は「珍しく」馬券的にもドンピシャでした。
人気馬で決まったのであまり誇れるものではないですが、
理論+各馬の力量を加味する、
自分なりの馬券フォームで当たったことが良かったです。
次も同じように行くと良いのですが、どうでしょうか。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-11-12 12:32 | 2007古馬GⅠ戦線
<< マイル戦線異状あり? ~200... エリザベス女王杯の法則 ~20... >>