スピードか、スタミナか ~2007阪神ジュべナイルフィリーズ~
昨年の阪神ジュべナイルフィリーズあたりから、
2007年クラシック世代のレベルの高さが話題になっていましたね。

阪神ジュベナイルフィリーズ

◎アロマキャンドル
阪神ジュベナイルフィリーズのポイントは、
「1600m以上の経験」と「内枠」。

毎年、1200mを楽勝してくるような馬が人気で飛んでいる。
一方、1600m~1800mでソコソコの走りをしている馬が好走したりする。
昨年のウオッカーアストンマーチャンや、
アルーリングボイスが適例だろう。

また、このレースは内枠が有利なことでも有名。
コース改修で多少は改善されているが、
昨年も1着馬と3着馬は内枠だった。

ということで、今年本命にするのは、
内枠かつ、いちょうS勝ちのアロマキャンドル。
同じく内枠でフレンチデピュティ産駒の、
レジネッタとの差はオープン勝ちがあるかどうか。

〇トールポピー
人気になりすぎているが、
データ的に来るタイプは、
確かにトールポピーのような馬だろう。
昨年のウオッカとローテーションが酷似している。
外枠がどうか。

▲カレイジャスミン
カレイジャスミンはアロマキャンドルと同じく東京1600m経験がある。
また、1800mを走っているのも良い。
なんとなく後ろから突っ込んできての3着というイメージがある。

△レジネッタ

武豊人気になっているが、
内枠+フレンチデピュティなので押さえておきたい。

△オディール
あとはデータにピッタリくる馬がいないので、
押さえの意味も込めてオディールに印を回す。
距離が持つのはどちらかと言えばこっちだろう。
これでエイムアットビップが来たらしょうがない。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-12-02 13:47 | 2008クラシック戦線
<< 今年は桜花賞に結びつきそう ~... 有終の名月 ~2007ジャパン... >>