今年は桜花賞に結びつきそう ~2007阪神ジュべナイルフィリーズ~
トールポピー、実はPOGで持ってたんですよね。
素直に本命にすれば良かった。

阪神ジュべナイルフィリーズ

タイム 1:33.8
ハロンタイム 12.5 - 10.6 - 11.3 - 11.8 - 11.9 - 11.5 - 11.5 - 12.7
上り 4F 47.6 - 3F 35.7

1着 トールポピー
ウオッカと同じ臨戦過程のトールポピーが追い込みを決めた。

直線に入って次々に先頭が入れ替わる厳しい競馬になったことが、
ジャングルポケット産駒のトールポピーには奏功したのだろう。
上がりはかからないが、長く良い脚が求められるヨーロッパ型のレースになった。

血統的に距離が伸びていいと思われているが、
案外忙しいマイルが向くタイプかもしれない。

なので、今のところ桜花賞で〇、オークスで×の予定。

2着 レーヴダムール

レーヴダムールは出遅れたことで、前の争いに巻き込まれなかった。
この馬はまだ2戦目なので確実な評価はできないが、現時点では実力上位。
最速の上がりが使えていたので、オークスで良いタイプかもしれない。

3着 エイムアットビップ
エイムアットビップはまさかの中団待機策をとった。
どうやら逃げ宣言は三味線だったようだ。

なかなか味のある競馬をしていたので、
単なるスピード馬ではなく、
マイルもこなせる馬になってくるかもしれない。
これからに期待したい。

今回は瞬発力型や、先行型の馬には不利なレースとなったので、
これからも序列が入れ代わりそうです。
とはいえ、緊張感のあるレースが展開され、
見ていて面白かったです。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-12-04 13:55 | 2008クラシック戦線
<< 〇外の逆襲~2007朝日杯フュ... スピードか、スタミナか ~20... >>