〇外の復権~2007朝日杯フューチュリティS~
アポロジョッキーはともかく、
小島太の解説は相変わらずいいですね。

朝日杯フューチュリティS

1着 ゴスホークケン
〇外は〇外でも来たのはこっちだった。

やはり中山1600mは内枠が有利か。
ゴスホークケンは思い切って先頭に立ち、
展開と枠を活かしてそのまま逃げ切った。

前走で見せ場があまりなく負けていたので、
切ってしまったが、失敗だった。

2着 レッツゴーキリシマ
メジロライアンは早熟系の産駒を多く出すし、
弟のゴウゴウキリシマはシンザン記念を勝っていた。
レッツゴーキリシマの力走はこの2つのデータから、
十分に導き出すことができ、切る要素はなかった。
来年はトライアルで拾って、本番では切ってみたい。
スプリングSあたりで走りそう。

3着 キャプテントゥーレ
この馬はおそらく力を出し切って、この結果だろう。
クラシックでもせいぜい3着ぐらいでは?
デイリー杯を勝っているので、京都新聞杯で狙う予定。

5着 スズジュピター
今回はまったく良いところが無かった。
東スポ杯ではかなり良い競馬をして、
注目していただけに残念。
こんなものではないと思うので、これからに期待したい。

11着 アポロドルチェ
アポロドルチェは外枠に泣いた。
また、東京で鮮やかな脚を使っていたことからすると、
東京〇中山×というタイプなのかもしれない。
クラシックまでにもう少し静観して、この馬を掴みたい。

朝日杯のポイントは、「内枠」と「マイル経験」にありそう。
内枠は言わずもがなですが、今年の失敗で痛感しました。
また、「マイル経験」は小島太も言っていたし、レース結果が物語っている。
マイルを一度も経験していない馬は、このレースでは太刀打ちできない。
例えば、京王杯をステップにしてこのレースを勝った近年の馬は、
グラスワンダーしかいない。
(今年は2着にレッツゴーキリシマが来ましたが…)
他の馬は1800mや1600mをすべて経験している。
この反省を、来年には活かしたい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-12-10 15:14 | 2008クラシック戦線
<< サンデーVS非サンデー ~20... 〇外の逆襲~2007朝日杯フュ... >>