サンデーVS非サンデー ~2007有馬記念~
レゴラスって確かPOGで持ってた気がします。
ローエングリンが好きだったので。
まさか今年の有馬記念に出てくるとは・・・。

有馬記念

◎ロックドゥカンブ
まだ実績に欠けているが、
中山コースの適性や、血統面から本命にする。
ロックドゥカンブは有馬記念と繋がりのある、
中山2200mで鮮やかに勝っているし、
ロベルト系は有馬記念のようなレースに強い。
また、今秋3戦目で消耗が少ないことも好材料になっている。

〇メイショウサムソン
ジャパンカップの疲れが出ているのではないかと推定して、対抗まで。
とはいえ、その年の天皇賞春・秋連覇馬は有馬記念での連対率100%など、
データが示すとおり、大きく崩れることは考えにくい。
武豊も、思った以上にメイショウサムソンを乗りこなしており、
溜める競馬はせずに、積極的に勝負をかけてくるはず。

▲ポップロック
昨年の有馬記念2着の実績を買った。
今年の古馬の出走馬は、昨年とあまり変化が無く
ディープインパクトもいないので、
数字の上では、ポップロックが最も1着に近いだろう。

有馬記念は、基本的に東京コースとはあまり結びかないので、
東京であれだけ走っていれば十分だろう。

△マツリダゴッホ
穴候補は、中山コース、特に2200mと相性の良いマツリダゴッホ。
競走中止のセントライト記念を除き、
中山では全て3着以内に入っている。
このレースは、あまり格にこだわる必要がなく、
思い切って買ってみたい。

△ダイワメジャー
最後は消去法でダイワメジャー。
昨年ほどの勢いは確かにないが、実績では上位につけている。
それに、今年も2勝しているので、完全に失速しているわけでもない。
馬場も宝塚記念ほど重くはないと思うので、対応できると考えている。

3歳牝馬2頭は、熟考の上で切りました。来てしまったら仕方が無い。

ダイワスカーレットは、本当に厳しい競馬をまだしていないことが気に掛かる。
タップダンスシチーに絡まれて負けた、02年のファインモーションのイメージとダブる。
ウオッカは脚質と、外枠。
13頭立て以上の年に、外枠に入った馬は、調べた限り来ていない。
2歳時のように、前で競馬をしないと辛いだろう。

予想してみた感覚としては、2001年の有馬記念に似ている気がします。
マンハッタンカフェ=ロックドゥカンブ、
テイエムオペラオー=メイショウサムソンというか。
一応、アメリカンボス=マツリダゴッホとしてみたのですが、
どうなるでしょうか。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-12-23 11:03 | 2007古馬GⅠ戦線
<< やっぱりサンデー、結局サンデー... 〇外の復権~2007朝日杯フュ... >>