長期政権誕生へ ~2007東京大賞典~

東京大賞典


1着 ヴァーミリアン
カネヒキリ以来、ダート路線では抜けた馬がいなかったが、
ヴァーミリアンは、JCDと今回の完勝で、
ウイングアロー→クロフネ→ゴールドアリュール→アドマイヤドン→カネヒキリ
と続く、00年代のダート名馬ラインに完全に乗った。
今の中距離ダート路線で、ヴァーミリアンに敵う馬は、もはやいないだろう。

あとは、フェブラリーSで距離を克服するだけ。
ドバイワールドカップはスピードの要求される舞台なので、
1600mもこなせる馬でないと勝負にならない。

来年のドバイは現時点では、
デューティフリーにダイワスカーレット、
シーマクラシックにメイショウサムソン、
そしてワールドカップにヴァーミリアンという、
最強クラスの布陣で挑むことになっている。
ドバイ如何では、各馬のさらなる海外挑戦もありそうで、
どこまでやれるか本当に楽しみ。

今年は馬インフルエンザや故障で、
海外で活躍する日本馬が上半期しか見られなかったので、
来年は凱旋門賞やブリーダーズカップで、
活躍する馬が出ることを期待している。


さて、大井ではまだ開催がありますが、
当ブログで今年の競馬について触れるのはこれが最後になります。
1年間ありがとうございました。
今年はどうしても予想中心になってしまったので、
来年からは予想以外の新連載を予定しています。
週2~3回の更新と、予想精度のさらなる向上を目指しますので、
来年もご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-12-31 00:10 | 2007古馬GⅠ戦線
<< 東は「下克上」西は「実力馬」か... まだだ、まだ終わらんよ! ~2... >>