金杯で乾杯2008 ~2008中山金杯、京都金杯~
「みんなのケイバ」、覚悟はしてましたが、
予想以上にヒドいですね。
まだ1回目なので結論づけることはできませんが、
せいぜい、もって1年では…。
そもそも、競馬初心者をターゲットにするコンセプトが間違っていると思います。
競馬番組を見るほとんどの人は、初心者ではない競馬ファンですからね。

競馬初心者の開拓はJRAに任せて、
テレビ局は競馬ファンに質の高い番組を提供すれば、
それで良いと思います。

競馬初心者も中途半端な情報よりも、
質の高い知識を知りたがっているのではないでしょうか。

中山金杯

1着 アドマイヤフジ
アドマイヤフジは根幹距離向きではないとして、
熟考の末切ってしまった。
この馬は本来ならばこんなところを走っている馬ではないので、
今回は当然といえば当然だったのかもしれない。
メイショウサムソン、ウオッカに人気が被りそうな京都記念で、
また狙ってみたい。


京都金杯

1着 エイシンデピュティ

この馬もG1都落ち組だった。
G1では苦しいが、
このクラスのレースではフレンチデピュティ産駒ということもあり、
安定して走りそう。

2着 アドマイヤオーラ
惜しい競馬をしているがなかなか勝ちきれない。
あんまりモタモタしているようだと、さすがに心配になってくる。
次が試金石か。



そして今日一番の注目レースであろう、
福寿草特別についてもちょこっと触れます。

福寿草特別

1着 ブラックシェル

全姉のシェルズレイとはまた違ったタイプのよう。

前に行って粘りこむ馬がほとんどのクロフネ産駒で、
あれだけの脚を使う馬もめずらしい。

2着 キングスエンブレム 3着 ファリダット

POG的には、ブラックシェルよりもこちらの方が注目されていた。
キングスエンブレムはもともとこの程度のような感じがします。
クラシックにギリギリ乗れるかどうかでは?

ファリダットはなんだかピリッとしない競馬だった。
キングマンボなので、斬れる展開ではあまり走れないのだろう。
本格化する前のキングカメハメハもこんな感じだった。

血統的にもまだまだこれからの馬でしょう。
今後に期待したい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-01-06 17:06 | 2008古馬GⅠ戦線
<< JRA賞の得票内訳を分析してみる 東は「下克上」西は「実力馬」か... >>