セゾン=マイネル ラインの定着へ ~2008シンザン記念~

シンザン記念

1着 ドリームシグナル 
2着 ドリームガードナー


ドリームシグナルは、
岩田の大味かつ追える騎乗で、後方一気を決めた。
これからもああいう脚が使えるかは不透明だが、
今日に限っては強い勝ち方だったように見える。
せいぜい皐月賞・NHKマイルカップまでだろうが、
それまでは堅実に走ってきそう。
トライアルでも買おう。

2着のドリームガードナーも、
「ドリーム」のセゾンレースホースが実質マイネル軍団なので、
この時期に走ってきても全く不思議ではない。

かつてのセゾンは、
トップコマンダーが重賞を勝ったくらいで、正直パッとしなかった。
育成牧場や生産元をマイネルに委託してどれほど変わってくるのか、
お手並み拝見という感じだったが、
1年目でこれだけ結果を出してきたのは、さすがマイネルだと思う。

セゾンは他のクラブと比較して維持費もお手ごろで、
馬自体もそんなには高くないので、機会があれば買ってみてもいいかもしれない。
特にドリームシグナルのアグネスデジタルは、
マイネルが力を入れているので、
これから走る馬がもっと出てきてもおかしくない。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-01-13 16:38 | 2008古馬GⅠ戦線
<< WOWOW『アスリートの聖地』を見て JRA賞の得票内訳を分析してみる >>