マイル王か、それとも統一王者か。 ~2008フェブラリーS~
ようやくと言うべきか、あっという間と言うべきか、
いよいよ中央競馬もG1がスタートします。

フェブラリーS

◎ワイルドワンダー
フェブラリーSで好走するかは、
同条件の武蔵野S、ユニコーンSでの走りから判断できる。
昨年のサンライズバッカスやカネヒキリなど、
昨今のフェブラリーSで連対している馬は、
過去に東京ダート1600mで走っていたことが多い。

よって今回は、
昨年の武蔵野S2着で、
実力的にも上位と思われるワイルドワンダーを本命にする。

〇ロングプライド

ワイルドワンダーと同じ理屈で、
ユニコーンS勝ちのロングプライドが対抗。
追っていい馬なので、ペリエに替わるのはプラスになる。
ペリエ自身も、フェブラリーSを2勝している。

▲ヴァーミリアン
1番人気のヴァーミリアンは3番手まで。
理由は次の3つ。(番号は重視した順番)

1.過去のフェブラリーSの際に、調教師、騎手ともに「1600mはこの馬には短い」
 という発言をしていること。(事実1600mは連対なし。)
2.臨戦過程に不安があること。
3.今回は明らかにドバイの叩き台であること。

エルコンドルパサーはヨーロッパ型の血統で、
スピードよりはスタミナに優れている。
ヴァーミリアンも、スピードの必要とされる中央ダートよりは、
スタミナの必要とされる地方ダートの方が、
明らかに走りっぷりがよい。

以上の理由から、
今回はあっさり勝つまでは難しい、と判断した。

△ブルーコンコルド
本命、対抗と同じ理由で昨年2着のブルーコンコルドも挙げる。
ブルーコンコルドは、
フェブラリーSに過去3度出走し全て入着している。
そのため今回もある程度は健闘するだろう。

△デアリングハート
最後はデアリングハート。
とりあえずダートも走れると判断できることや、
サンデー×ダンチヒは格負けしないことから選んでみた。
スピードはあるので、このコースには向くだろう。

a0029289_10193234.jpg

ノボトゥルーも確かに東京ダート1600mで好走しているので、
真剣に検討したが、やはり今回は厳しいだろう。
馬券は応援の気持ちを込めて。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-02-24 10:25
<< もう日本に敵はなし! ~200... ゲームレビュー 『大乱闘スマッ... >>