タキオンvsジャンポケvsクロフネvsデジタル ~2008桜花賞~
今年の桜花賞も混戦ながら、
牡馬よりは勢力図がはっきりしていて、メンバーも揃っているように思えます。

桜花賞

◎トールポピー

2歳王者を本命とする。
実力はメンバー中で高いものを持っているし。
阪神1600mもこれまで2回走っていて、1着、2着の良成績を残している。
1800mも経験しているので、ある程度流れが厳しくなっても耐えられる。

○エアパスカル
改装してからの阪神1600mは前残りが多くなった。
昨年の桜花賞や今年のチューリップ賞は、
この特徴が如実に出たレースだろう。

今回は逃げ馬が多いこともあり、無理に前には行かないだろうが、
有力馬に差し馬が多い中、
前に行けるエアパスカルは相対的に有利とみて、対抗にする。
あとは、困った時の母父サンデー。

▲リトルアマポーラ
アグネスタキオン×コマンダーインチーフという字面を見ると、
いかにも桜花賞向きなのだが、
ローテーションを見ると、どう見てもオークス狙い。

血統と違い、ローテーションはコントロールできるので、
おそらく陣営は桜花賞よりもオークスを目標にしているはず。
しかし、桜花賞には「オークスで買いたい馬は桜花賞でも買え」
という格言があるので、ここでも印を打つ。

△ベストオブミー
旧来の桜花賞タイプなのがベストオブミー。
ブライアンズタイム産駒、ダート経験済み、などなど。
BT産駒の場合は距離延長に対応していることよりも、
むしろ距離の短い競馬で、
事前に速いペースに慣れておいたほうが良いケースが多い。

エアパスカルはペースが厳しくなるとおそらく来られないが、
ベストオブミーはペースが厳しい方がかえって走るはず。
レース展開がどちらに転んでも良いようにとの保険的な馬券。

△オディール
オディールは典型的な「1歩足りない馬」
こういう馬は桜花賞までは持つが、オークスになると沈むことが多い。
追い込んでの3着ぐらいだろう。
この馬もおそらく、厳しいレースになった方が走るだろう。

△ブラックエンブレム
個人的に、あまり調教は重視しないので、
今回の追い切り無し調整はあまり気にならない。
どっちにせよ、馬券を買っておけば、
強烈に記憶には残るので、勉強の意味も込めて買います。


小島厩舎の積極的な情報公開は好感が持てました。
こういう厩舎が増えてもらえると、競馬ファンとしてはうれしいですね。
というか、競馬マスコミにこれぐらいの情報を持ってきてもらえると良いんですが。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-04-13 13:24 | 2008クラシック戦線
<< 大混戦! ~2008皐月賞~ エアグルーヴも見えてきたか? ... >>