やっぱり前に行く馬だった ~2008皐月賞~
前に行く馬が良い、ということには気づいていたんですが・・・。

皐月賞

1着 キャプテントゥーレ
鞍上川田の好判断で鮮やかに逃げ切った。
皐月賞の特性とペースを読んでの、見事な判断だったと思う。

このままダービーに行くのだろうが、
ダービーよりもNHKマイルカップに向くはず。

この血統に東京の2400mは若干厳しいだろう。本番では△までか。

2着 タケミカヅチ
こちらは弥生賞と同じく内を突いて2着に食い込んだ。
タケミカヅチは脚質的にダービーの方が合う。
鞍上次第で◎まで考えたい。現時点の本命候補の一角。

3着 マイネルチャールズ
やや大事に乗りすぎたか、脚を余しての3着。

皐月賞でこういう負け方をした馬が、
最もダービーでの伸びしろが多いタイプではあるものの、
マイネルだけにここで一杯になっているのでは?
という不安も残る。
もう少し考えてからダービーでの取捨を決めたい。

4着 レインボーペガサス
きさらぎ賞で見せた脚が再び炸裂した。
前残りの今回はさすがに届かなかったが、
東京ではいかにも良さそうなタイプで、格好の穴候補だろう。


ダービーでは、皐月賞上位組を無条件で拾うというより、
皐月賞で速い上がりを使っていた馬やトライアルで好走した馬を狙ってみたい。


今回でクラシックロードの霧が晴れたというよりは、むしろ濃くなった印象がある。
ダービーでは、皐月賞で実力を発揮できなかった馬が来そうではあるが、
ウオッカのような新星にも期待したい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-04-20 21:51 | 2008クラシック戦線
<< 世代交代なるか ~2008天皇... 大混戦! ~2008皐月賞~ >>