素直に桜花賞組から ~2008オークス~
今年のオークス予想の主軸は桜花賞組にしました。
トライアル組はほとんど桜花賞組に負けた馬たちだったので。
コンセプトとしては、桜花賞組からオークス向きの馬を探すという
きわめてオーソドックスなものです。

オークス

桜花賞組の馬がオークスで好走するパターンがある。
それは、桜花賞で上がり3ハロン3位以内に入っているという条件。
(ローブデコルテ、シーザリオ、エアメサイア、スイープトウショウ、
スティルインラブ、チューニー、スマイルトゥモロー)

意外と単純ではあるが、
ローブデコルテ、チューニー、スマイルトゥモローなどの穴馬も、
この法則で拾うことができる。

そして、今年の桜花賞で上がり上位(34秒台)だったのが、
レジネッタ、リトルアマポーラ、トールポピー、ソーマジック、マイネレーツェルら。

あとはこの馬たちに加え、トライアルで速い上がりを使えている、
アロマキャンドル、レッドアゲートを足した7頭で検討してみたい。

先述のようにトライアル組の馬は桜花賞組の馬に負けているので、
優先度としては桜花賞>トライアルの順番。

◎ソーマジック
今年の桜花賞は追い込んだ馬が有利な流れだった。
その中でソーマジックは中段で競馬をして、上位に粘り混んだ。
これはスタミナがなければできない競馬なので、
オークスでも好走が期待できると考えて本命にした。

○リトルアマポーラ
桜花賞では上がり最速の34秒3をマークしている。
距離がやや心配だが、
今年のアグネスタキオンは距離もこなせているので対抗に据える。
東京コースを経験している点も評価した。

▲レジネッタ
桜花賞馬はここに置いた。
ここまでもソコソコ走ってきているので、
おそらく惨敗はしないはず。

△トールポピー
この馬には印を回さないつもりだったが、
桜花賞の上がりが想像以上に良かったので印をつけた。
馬体重が戻ってくれば走る可能性はあるとみる。

△アロマキャンディ
アロマキャンディは東京になるとめっぽう強い。
昨年のピンクカメオのような馬だろう。

レッドアゲートはフローラSがスローだったので、評価を落とした。
マイネレーツェルは騎手がコロコロ変わるという理由から。
本当に良い馬なら誰かが乗り続けるはず。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-05-25 14:07 | 2008クラシック戦線
<< やはり桜花賞組だった ~200... 勝つべくして勝つ ~2008ヴ... >>