超大接戦! ~2008天皇賞(秋)~

今年の天皇賞(秋)は、歴史に残る一戦になりましたね。
間違いなく現時点での2008ベストレースです。

天皇賞(秋)

1着 ウオッカ
粘るダイワスカーレットをハナ差交わしてレコード勝利。
ウオッカはチューリップ賞以来、
ようやくダイワスカーレットに勝つことができた。

今回はウオッカが万全の体制で、
かつ、得意の東京コースであったことが奏功したのだろう。
今の完成度なら昨年以上の走りができ、ジャパンカップでも楽しみ。

2着 ダイワスカーレット
敗れはしたものの、ほぼ1着と見なして良い内容。
58秒台で逃げて、あの粘りは見事としか言いようが無い。
エリザベス女王杯に行っても、マイルCSに行っても勝ち負けだろう。
距離は有馬記念で克服しているので、ジャパンカップに行ってほしい。
強い逃げ馬がいると、レースレベルが格段にアップするので。

3着 ディープスカイ
ディープスカイも上位2頭と差の無い競馬。
ディープスカイは思った以上に健闘できたと思う。
距離適性としては今回の方が合うと思われるだけに、
ジャパンカップではさらなる苦戦が強いられるはずだが、
逆に十分戦えることも証明できたので、
メイショウサムソンとの勝負が楽しみになった。

冒頭にも書いたように、今年の天皇賞は後世に残るレースになりました。
個人的には99年の有馬記念に匹敵するレースだと思います。
ウオッカとダイワスカーレットは日本競馬史上でもトップクラスの名牝ですね。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-11-02 21:37 | 2008古馬GⅠ戦線
牝馬か3歳馬か ~2008 天... >>