カテゴリ:未分類( 10 )
マイル王か、それとも統一王者か。 ~2008フェブラリーS~
ようやくと言うべきか、あっという間と言うべきか、
いよいよ中央競馬もG1がスタートします。

フェブラリーS

◎ワイルドワンダー
フェブラリーSで好走するかは、
同条件の武蔵野S、ユニコーンSでの走りから判断できる。
昨年のサンライズバッカスやカネヒキリなど、
昨今のフェブラリーSで連対している馬は、
過去に東京ダート1600mで走っていたことが多い。

よって今回は、
昨年の武蔵野S2着で、
実力的にも上位と思われるワイルドワンダーを本命にする。

〇ロングプライド

ワイルドワンダーと同じ理屈で、
ユニコーンS勝ちのロングプライドが対抗。
追っていい馬なので、ペリエに替わるのはプラスになる。
ペリエ自身も、フェブラリーSを2勝している。

▲ヴァーミリアン
1番人気のヴァーミリアンは3番手まで。
理由は次の3つ。(番号は重視した順番)

1.過去のフェブラリーSの際に、調教師、騎手ともに「1600mはこの馬には短い」
 という発言をしていること。(事実1600mは連対なし。)
2.臨戦過程に不安があること。
3.今回は明らかにドバイの叩き台であること。

エルコンドルパサーはヨーロッパ型の血統で、
スピードよりはスタミナに優れている。
ヴァーミリアンも、スピードの必要とされる中央ダートよりは、
スタミナの必要とされる地方ダートの方が、
明らかに走りっぷりがよい。

以上の理由から、
今回はあっさり勝つまでは難しい、と判断した。

△ブルーコンコルド
本命、対抗と同じ理由で昨年2着のブルーコンコルドも挙げる。
ブルーコンコルドは、
フェブラリーSに過去3度出走し全て入着している。
そのため今回もある程度は健闘するだろう。

△デアリングハート
最後はデアリングハート。
とりあえずダートも走れると判断できることや、
サンデー×ダンチヒは格負けしないことから選んでみた。
スピードはあるので、このコースには向くだろう。

a0029289_10193234.jpg

ノボトゥルーも確かに東京ダート1600mで好走しているので、
真剣に検討したが、やはり今回は厳しいだろう。
馬券は応援の気持ちを込めて。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-02-24 10:25
来年のクラシック直行便? 朝日杯FS&香港国際競走
きのう行われた朝日杯フューチュリティSはフサイチリシャールが粘りきって勝利。
父クロフネは初年度産駒からGⅠ馬を送り出した。

スーパー競馬解説陣がさかんに言っていたように、レースはスロー。
フサイチリシャールには展開も味方し、4コーナー先頭の仕掛けが早い競馬ながらも、
追うスーパーホーネットを退けた。
逃げない競馬も出来ると陣営は言っていたが、今回の走りを見る限り、「差す」競馬はできなさそうだ。スピードを活かして前につける、ストーミーカフェタイプだろうか。
この勝利でフサイチリシャールは完全にクラシック路線に乗った。
松田国厩舎だけに、ケガは怖いが、順調に行けば皐月賞は勝てそうだ。

2着は内田博鞍上のスーパーホーネット。ゴール前ではフサイチリシャールに肉薄したが、惜しくも敗れた。東京で33秒台の脚を繰り出していたように、実績馬ではあったが、今回は人気の盲点だった。距離延長はあまりよくない気がするが、こればかりは見てみないとわからない。
要注目の1頭だ。

3着にジャリスコライト。この馬の走りには少しばかりガッカリした。ショウナンタキオンのように後ろに位置していたわけでもなく、これといった敗因が見当たらない。
デザーモのコメントによれば、ずっとカリカリして走っていたということだが、
そんな素振りはここ2戦では見せていなかった。競馬に慣れてきたことで、新たな問題が発生しているのかも知れない。
実は「弱い」という可能性もあるが、もうしばらくは見捨てずに観察を続けていきたい。
藤沢厩舎だから、次走は青葉賞?

ショウナンタキオンはフサイチリシャールとは対照的に、スローに涙をのんだ。
もう少しペースが速くなれば巻き返しは十分ありそうだ。
皐月賞よりはダービー向きのタイプだろう。


さて、同日に行われた香港国際競走ではマイルでハットトリックが勝利し、ヴァーズでシックスセンスが2着に健闘した。最近は結果が出ていなかっただけに、ひと安心。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-12-12 15:01
春のダートチャンピオン決定戦 帝王賞
今年はアジュディミツオーやアドマイヤドンがいないので、盛り上がるか心配な大井の帝王賞。ま、ジャパンカップダートが3歳勢も含めてのダート最強馬決定戦になると思うので、そこまでの過程のひとつとしてみてみたい。

今日のポイントは天気。現在東京は雨が上がっているが、午前中はかなりの降水量だった。今のところ重と発表されているが、さらに悪化する可能性もある。

◎ユートピア
昨年の東京大賞典の再現を期待して、本命をユートピアにする。東京大賞典はアジュディミツオーと共に先行し2着に粘った。今回もナイキアディライトという同型馬がいるが、アジュディミツオーよりは怖くない。自分の競馬がしやすいのではないだろうか。

〇ナイキアディライト
そのナイキアディライトを対抗にする。昨年このレース2着で、今年もそこそこの成績でここまで来ている。大井競馬場も向いているだろうし、力走を期待。

▲スターキングマン
「雨の日のキングマンボ」ということで。
復帰してからは今ひとつも、ここいらで変わってもおかしくない。デザーモは昔、明らかに実力の足りないマキバスナイパーを持ってきたこともあるし。怖い存在。

△タイムパラドックス
実力ではタイムパラドックスが一番だろう。しかし今回はパワーよりはスピード勝負になる公算が高いことと、右回りの成績があまり良くないことを考えてこの位置まで下げた。

△クーリンガー
本当はGⅢクラスの馬だとは思うけど、今回はメンバーがメンバーだけに通用してもおかしくない。他馬にあんまり絡まれないように乗ってほしい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-06-29 12:53
第72回日本ダービー出走馬レビュー 前走その他編
ダービー出走馬全頭レビュー最終日は京都新聞杯組とその他の路線を歩んできた馬を。

親子2代ダービー制覇パート1 インティライミ
父スペシャルウィーク 母アンディスレディー

京都新聞杯1着。先週のシーザリオと同じくスペシャルウィーク産駒。
素質はあると前から評価されていた(らしい)僕はこの京都新聞杯でこの馬のことを知った。
スペシャルウィークが本当に東京の2400mに向くかはわからない。ただ、今勢いのある父なので乗ってみたほうがいいかもしれない。現在2番人気。

親子2代ダービー制覇パート2 アドマイヤフジ
父アドマイヤベガ 母アドマイヤラピス

京都新聞杯3着のアドマイヤフジもなぜか玄人する1頭。
その根拠は、「いい脚を長く使えるので東京に向くから」らしい。
僕はそうは考えていない。2勝している阪神がこの馬に合ってるという説を唱えている。
このテのいい脚を長く使えそうというタイプは、実際に直線が長くなると逆に伸びないパターンが多い。
一番後ろから決め撃つなどしないと厳しそう。福永にそれができるか。
(これだけ書いていてあんまり大きい声じゃ言えないが、実は僕のPOG馬。記念でちょこっと買う予定。)

マル外なのにこの馬名 コンゴウリキシオー
父 Stravinsky  母 Principium

デビュー戦でディープインパクトにちぎられた経験があるコンゴウリキシオー。その後は順調にキャリアを積み、きさらぎ賞を制するも、これがベストパフォーマンスでは少々厳しいか。京都新聞杯では5着。
無難に2,3番手につけそう。1度は先頭に立てるかも。

今年のマイネルパート2 コスモオースティン
父オース 母ビューティスカット

地味ながらもなかなかの好成績を残しているコスモオースティン。
ダービーでは3着にいそうなタイプ。
うまく位置取りを確保できるかが問題。今回は逃げ宣言をしている馬がいるので、それを無理に追いかけたりはしないとは思うが、揉まれ弱そうなので馬群とは離れたところに位置しないと難しそう。穴で一考してみたい。

クラシック戦線皆勤馬 ペールギュント
父サンデーサイレンス 母ツィンクルブライド

2歳時からクラシックに結びつきそうなレースを数多く走ってきたペールギュント。ようやく最終目的地へたどり着いた。(この後ラジオたんぱ賞には行かないよね?)
前走はNHKマイルカップ4着。
この馬も3着に来そう。人気ガタ落ちの一角だろうし、ぜひ押さえておきたい。

大久保正厩舎最後のダービー出走馬 シルクトゥルーパー
父アドマイヤベガ 母シーヴィーナス

なんで出てきちゃったんだろう。明らかにファルコンS向きな馬なのに。ファルコンSへのステップ?戦績を見ても2400は明らかに長い。1600がギリギリっぽい。
唯一買ってもいいと思わせる要素は、冒頭の大久保正厩舎最後のダービー出走馬だということ。

キャリアNo.1 シルクネクサス
父グラスワンダー 母シルキーヒロイン

キャリア14戦をほこるタフな馬。しかも未勝利脱出までに6戦。
しかし最近になり成績が安定し始めていて、人気以上の実力は持っていそう。
京都新聞杯4着。現時点ではブービー人気。


これで18頭すべて。

今年のダービーはディープインパクトが抜けていることもあり、他馬のオッズが妙なことになりそう。オッズに惑わされずじっくり考えてみたい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-05-28 10:44
第72回日本ダービー出走馬レビュー 前走トライアル編
さっそく青葉賞組から。

強い?弱い? ダンツキッチョウ
父サンデーサイレンス 母レイホーソロン

青葉賞1着。青葉賞前までは打倒ディープの最有力候補だった。しかしレースの内容があまりいいものではなかったと判断され、また京都新聞杯が好レースだったこともあり、相対的にダンツキッチョウの評価は下がっている。
この馬もダービーで真価が問われる1頭。
個人的には人気が下がっているからこそ手を出したくなってしまう。2着馬、3着馬の評価はあんまり落ちてないし。

どこまで伸びる? ニシノドコマデモ
父キングヘイロー 母ニシノチャペル

目いっぱい伸びて3着…だと思う。青葉賞2着馬。
キングへイローはちゃっかり初年度産駒でダービー出走馬を出してきた。
98年のダービーで涙をのんだ西山牧場(=セイウンスカイ)+キングへイローのコンビとなるこの馬。スペシャルウィーク産駒のインティライミとは、ある意味世代を超えた3強対決となる。
…さすがにこじつけ過ぎか。

またも映画馬名決着? ブレーヴハート
父サンデーサイレンス 母カーリング

シックスセンスの次はブレーヴハートか。例年なら青葉賞3着馬はダービーでまるっきり通用しない。
が、ブレーヴハートはなぜか玄人受けしていて穴人気になりそう。
穴人気はふつう飛ぶもの。しかしデザーモなので持ってきちゃうかもしれない。外国人騎手のGⅠは要警戒。

次はプリンシパルS組。「用なし」なのは承知。

ダート2400なら エイシンニーザン
父フォーティナイナー 母エイシンサンサン

ダート2400でもディープインパクトという気がしなくもないが、それを言ってしまうと身もふたもない。プリンシパルS自体も9番人気での激走。走りに走って5着というイメージ。

大逃げ宣言 シャドウゲイト
父ホワイトマズル 母ファビラスターン

ダービーではほぼ毎年、玉砕的に飛ばす馬がいる。今年その役割を果たすのは、どうやらシャドウらしい。父ホワイトマズルで、いかにもスタミナタイプ。
戦績をみてもズブそうで、ダービーというより菊花賞で来そう。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-05-27 21:50
第72回日本ダービー出走馬レビュー 前走皐月賞編
今日からいよいよ今年のダービーに照準を合わせる。

この後半3日間はダービーに出走する18頭全てにコメントをつけていきたい。
(ま、1頭立てという話もありますが)

新時代の最強馬 ディープインパクト
父サンデーサイレンス 母ウインドインハーヘア

もはや説明の余地はないと言ってもいい皐月賞馬。
今年のダービーの不動の大本命。
この馬の特徴は…強いこと。
その強さの一因である心拍数の戻りや持久力が段違いということは科学的に証明されている。
父は名種牡馬サンデーサイレンス。母ウインドインハーヘアは妊娠3ヶ月でありながらドイツのGⅠに勝ったことがあり、ある意味化け物なのは両親譲りとも言える。
まだ本気仕様の蹄鉄(=スパイク)を使っていない。天下一武道会の孫悟空か。


ソコソコ馬 シックスセンス 
父サンデーサイレンス 母デインスカヤ

12番人気と人気薄ながらも、皐月賞で2着に突っ込む。
クラシック戦線ではソコソコ活躍してきたが「ソコソコ」だったためあまり目立たず、実力が過小評価されていた。ダービーでもやはり「ソコソコ」人気になると思われる。
シックスセンスにとってはダービーが試金石になるだろう。「ソコソコ」走るか、惨敗するか。


馬肥ゆる秋 アドマイヤジャパン
父サンデーサイレンス 母ビワハイジ

皐月賞3着。主戦の横山典が騎乗停止のため、幸に乗り替わるアドマイヤジャパン。「運のいい馬が勝つ」と言われているダービー、果たしてこの乗り替わりが吉と出るか凶とでるか。
アドマイヤジャパンは2歳時から活躍しているのにも関わらず、陣営から毎回出るコメントは「本格化は3歳の秋以降」

逆襲の2歳チャンピオン マイネルレコルト
父チーフベアハート 母ミヤギミノル

2歳チャンピオン&今年のマイネル軍団の総大将。
3歳になってからは、今1歩なレース続きで、皐月賞は4着。
普通の早熟馬なら惨敗を喫してしまうが、この馬は惜敗。まだ見限れない。
距離延長がプラスに出るのかマイナスに出るのか、両説ある珍しい馬でもある。

人気ガタ落ち?ダンスインザモア
父ダンスインザダーク 母スーパーリヴリア

皐月賞トライアルのスプリングSを快勝するも、本番の皐月賞8着。
しかし、同じダンスインザダーク産駒のザッツザプレンティは弥生賞惨敗→皐月賞惨敗→ダービー3着という道を歩んでいる。
現時点でザッツザプレンティと比べるのは酷かもしれないが、少なくとも皐月賞よりは着順を上げてくるのではないだろうか。

薔薇一族の誇りをかけて ローゼンクロイツ
父サンデーサンレンス 母ロゼカラー

皐月賞9着。競馬各誌には「皐月賞は競馬をしていなかったので参考外」というコメントが掲載されている。
皐月賞の後は短期放牧に出てリフレッシュ。ダービーでの捲土重来をはかる。
今のところ穴党の星。たぶん予想以上の人気になる。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-05-26 12:38
勝負が決まった一瞬 04年編
記憶も新しい昨年のダービー。

地方の星 コスモバルク
      VS
中央のエース キングカメハメハ
      VS
ダイワメジャーらサンデー軍団

という図式が成り立っていた。

そんな2004年のダービーにおける勝負が決まった一瞬は…

「4コーナーの攻防」

コスモバルクは闘志を抑えることができず、超ハイペースの先行集団にとりつく競馬をしてしまい、早くも4コーナーで先頭に立ってしまう。

その時キングカメハメハは、先に動いたハイアーゲームに促される形でスパートを始める。
皐月賞馬ダイワメジャーもコスモバルクの様子を見ながら、動いていく。
ハーツクライは依然後方。スパートの時をうかがっていた。


と、このように4コーナーで様々な物語があったのが去年のダービーの特徴。
どの馬も勝ちに行くというまさにダービーらしいレースだった。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-05-25 14:43
勝負が決まった一瞬 99年編
99年のダービーも98年と同じく3強対決に沸いた年。
その98年は3強と言えども、スペシャルウィークが多少抜け出ているという評価が大方を占めていたが、99年の3強は3頭ともほぼ同じ力を持っていると考えられていた。

1頭目は2冠牝馬ベガとサンデーサイレンスの仔、アドマイヤベガ。
(2番人気 3.9倍)

2頭目はサッカーボーイ譲りの栗毛馬、ナリタトップロード。
(1番人気 3.9倍)

そして3頭目はクラシック追加登録の末、皐月賞を制したテイエムオペラオー。
(3番人気 4.2倍)

アドマイヤベガの鞍上は前年ダービージョッキーに輝いた武豊。
対照的にナリタトップロード、テイエムオペラオーの鞍上は、若手の渡辺薫彦、和田竜二。

結果として、騎手の判断が勝敗を決することになった。
(あの重圧の中、2人は良く乗ったと僕は考えている)

99年の日本ダービーにおける勝負を決めた一瞬は…

「3強の4コーナーでの位置取り」

これが明暗を分けた。テイエムとナリタは進出を開始。しかし、アドマイヤベガはまだ中段。ようやく外に持ち出したところだった。この判断がゴール前で活きることになる。

このダービーは旧・東京競馬場のダービーレコードタイ2分25秒3を記録。
その後のテイエムオペラオーの活躍をみても、レベルの高いダービーと言えるのではないだろうか。
3強対決を地で行くゴール前の叩き合いは必見。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-05-24 10:09
勝負が決まった一瞬 98年編
今年のダービーは歴史に残るレースになりそう。しかし過去のダービーも名レースぞろい。
できることなら今までのダービーもぜひ見てほしい。

そこで、今週の前半3日間は過去のダービーにおける勝負が決まった瞬間について書いていきたい。
(分かりやすくすると、見ていて鳥肌が立った瞬間)
これをきっかけに、1人でもVTRを見てくださる方が増えればうれしい。
「ダービー見に行こうかな」と思ってくださる方がいれば、なおうれしい。

さて、今日は98年の第65回日本ダービー。
98年はスペシャルウィークが勝った年。
キングヘイロー、セイウンスカイとの3強対決に沸いた。
このダービーにおける勝負が決まった瞬間は…

「スペシャルウィークがセイウンスカイを抜き去った瞬間」
a0029289_1012637.jpg

この時、歓声が一段と大きくなったことを記憶している。
そこからはまさにスペシャルウィークの独壇場。どんどん後続を突き放す。
結局ゴール時点では5馬身もちぎった。

武豊は96年のダービーの際、ゴール前でフサイチコンコルドに交わされ2着に泣いた。
そのこともあったのか、完全にセーフティリードがあるにも関わらずスペシャルウィークを追い続けた。
ゴール板を先頭で駆け抜けた時のガッツポーズにもダービーを制した喜びが表現されている。
武豊のあんなガッツポーズはもう見られないかもしれない。

今年はどんなパフォーマンスをするのだろうか。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-05-23 16:32
JASRAC著作権料ランキングの謎
このランキングを目にする機会があったのだが、なぜこの作品がこの位置に?と感じたものがいくつかあった。

まずはランキングから。

1 世界にひとつだけの花
2 涙そうそう
3 機動戦士ガンダムSEED 
4 瞳をとじて
5 ドラゴンボールZ
6 雪の華
7 Jupiter
8 Choo Choo Train
9 さくらんぼ
10 機動戦士Zガンダム

以上が上位10作品。
各邦楽についてはそれなりに納得がいく。「涙そうそうはちょっと高すぎじゃない?」とか「Jupiterはもっと上じゃないか?」とも思うが、まあ納得がいかないわけではない。
(売れてたわりにORANGE RENGEいないのね)

不可解なのはSEED以外のアニメ作品。SEEDはDVD売り上げが大きいのだろう。これについては納得。

問題は他の2作品。ドラゴンボールZがこの位置というのは疑問だし、10位のZガンダムというのはもっと不可解。(偶然にもZつながり)

ドラゴンボールもSEEDと同じくDVDが発売されたことが大きいのかもしれない。あれだけのBOXで売ればそれだけ著作権料も入るのだろう。またドラゴンボールシリーズは、着メロでも人気が高いので、そっち方面の額も大きいと予想できる。
また、ドラゴンボールは外国からの額も多い。

さて、残ったのは機動戦士Zガンダム。これについてはサッパリわからない。去年Zガンダムってそんなに人気だったっけ?
去年に再放送があったのは確認しているが、再放送だけでランキングに入るほどの金がとれるとは思えない。劇場公開のある今年の数字ならまだ理解できるんだけど。
どこかの番組でずっと使われていたとか?

わかる方はぜひご教授ください。(いつもながらいつものパターン)
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-05-20 14:31