カテゴリ:週間競馬ニュース( 18 )
JRA賞の得票内訳を分析してみる
本日、JRA各賞が発表されました。
ただ単に結果を振り返っても面白くないので、
得票内訳を軽くみていきたいと思います。

(得票内訳はJRAのホームページか、
ラジオNIKKEIのページで見ることができます。
ちなみに、JRAのサイトではどの記者がどの馬に投票したのかもわかります。)

まずは、年度代表馬から。

年度代表馬
順位 馬名 合計票数
1 アドマイヤムーン 178
2 ダイワスカーレット 73
3 メイショウサムソン 17
4 ウオッカ 12
5 ヴァーミリアン 5
6 該当馬なし 2
7 マツリダゴッホ 1
7 無効 1

これはほぼ大方の予想通りだと思います。
票の散り方はこんなものではないでしょうか。
アドマイヤムーンが年度代表馬ということにも異論はありません。
果たして表彰式には誰が来るのか、密かに気になります。

最優秀2歳牡馬
順位 馬名 合計票数
1 ゴスホークケン 282
2 サダムイダテン 2
2 フサイチアソート 2
2 該当馬なし 2
5 ヤマニンキングリー 1

こちらも例年とほぼ同じ感じ。
サダムイダテンとヤマニンキングリーには首を傾げますが、
フサイチアソートは、わかる気がします。
昨年の東スポ杯は結構レベルが高いと、現時点で勝手に考えています。

最優秀2歳牝馬
順位 馬名 合計票数
1 トールポピー 286
2 該当馬なし 3

これも例年通り。妥当な決着でしょう。

最優秀3歳牡馬
順位 馬名 合計票数
1 アサクサキングス 254
2 該当馬なし 30
3 ロックドゥカンブ 4
4 ヴィクトリー 1

今年のJRA賞はこのあたりからだんだん混迷してきます。
アサクサキングスはダービー2着で菊花賞1着なので、
最優秀3歳牡馬のタイトルに負けてはいないでしょう。
ダービーは確かに重要ですが、
ダービー1戦だけでタイトルが決まるのはおかしいと思います。

最優秀3歳牝馬
順位 馬名 合計票数
1 ダイワスカーレット 275
2 ウオッカ 14

これは割れると思いましたが、
ダイワスカーレットの圧勝でした。
有馬記念が効いたのかもしれませんね。

最優秀4歳以上牡馬
順位 馬名 合計票数
1 アドマイヤムーン 249
2 メイショウサムソン 37
3 ヴァーミリアン 1
3 ダイワメジャー 1
3 マツリダゴッホ 1

こちらは年度代表馬とほぼ同じなのでカット。

最優秀4歳以上牝馬
順位 馬名 合計票数
1 コイウタ 113
2 該当馬なし 101
3 サンアディユ 51
4 フサイチパンドラ 17
5 ディアデラノビア 2
6 アサヒライジング 1
6 コウエイトライ 1
6 ジョリーダンス 1
6 スイープトウショウ 1
6 メイショウバトラー 1

カワカミプリンセスは影も形もないですね。

コイウタはヴィクトリアマイルのみで、あとは未勝利。
たまたま勝ったレースがG1であったというだけで、
これは該当馬なしがふさわしかったのでは。
個人的にはヴィクトリアマイルの意義自体にも疑問を感じています。
安田記念のステップとなるGⅡの牝馬限定戦あたりでいいと思います。

最優秀父内国産馬
順位 馬名 合計票数
1 ダイワスカーレット 162
2 ウオッカ 123
3 アドマイヤオーラ 1
3 アストンマーチャン 1
3 メイショウトウコン 1
3 該当馬なし 1

1位と2位を見る限り最優秀3歳牝馬のタイトルなのではないか、
と思ってしまうような結果になりました。
おそらく、3歳牝馬をダイワスカーレット、父内国産馬をウオッカにして、
バランスをとろうと考えた方が多かったのではないかと思います。
しかしそうなると、「最優秀」父内国産馬の名前に矛盾する結果になります。
やはりどちらかの馬のみに投票するのが筋だったのではないでしょうか。

また、東西による記者所属の偏りもあるかと思いましたが、
表をざっと見る限りでは、所属地域によるバイアスはあまり見られません。

最優秀短距離馬
順位 馬名 合計票数
1 ダイワメジャー 234
2 スズカフェニックス 35
3 アストンマーチャン 14
4 該当馬なし 4
5 サンアディユ 2

一方こちらは文句なし。
安田記念、マイルCSとその年のマイルG1を2勝する馬は久しぶりに見ました。

最優秀ダートホース

順位 馬名 合計票数
1 ヴァーミリアン 288
2 メイショウトウコン 1

これも異議なし。
サンライズバッカスには1票も入ってませんね。

最優秀障害馬
順位 馬名 合計票数
1 メルシーエイタイム 281
2 該当馬なし 6
3 コウエイトライ 2

現行制度では致し方ないですが、
ここはやはりカラジだと思います。
シーザリオがアメリカンオークスを制した年には、
アメリカの最優秀芝牝馬にシーザリオがノミネートされたとして、
話題になったことがあります。
たとえ外国の馬でも日本で走って活躍した以上、
正当な評価を下すのが主催者としての責任だと思います。

特別賞
ウオッカ
メイショウサムソン

最後に特別賞。
ウオッカは歴史的観点からわかりますが、
メイショウサムソンには必要無かったと思います。
天皇賞春・秋連覇は確かに偉業ですが。

以上、全てのタイトルについてわずかではありますが、コメントしてみました。
今年のJRA賞レースは例年にはない白熱ぶりで、
なかなか面白かったと思います。


最後に投票している記者の方にも一言。
記者の中には投票馬を公表していない方が、一部いらっしゃいます。
これはマスコミ関係者の取る行動としては、
ふさわしくないと個人的には考えています。
何か特別な考えがあれば話は別になりますが、
競馬ファンや競馬マスコミを代表している以上、
自らの意志は明確に表明してほしいと思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-01-09 00:02 | 週間競馬ニュース
25日、26日は通常通り開催
<競馬開催について>
 ・・・その後、発熱馬や出走予定の競走馬への検査など、疫学的な調査に全力を挙げて取組み、流行状況全体を分析した結果、8月25日(土)・26日(日)の開催から、公正で充実した競馬の実施が可能であると判断いたしました。
 なお、感染馬であっても、発熱などの症状がなければ体調面への影響はありませんが、8月25日(土)・26日(日)の開催については、念のため、発熱などの症状がない場合であっても、陽性であることが確認された馬については出走させないことといたしました。

(JRAホームページより)

25日と26日は通常通りの開催が決定しました。ひとまず安心ですね。

馬インフルエンザの中、競馬開催を行う主なリスクは、
①感染から復帰した間もない馬、当日になって陽性になった馬が出走する恐れがあり、
 公正競馬の維持が困難になる。
②競馬場という狭い場所にたくさんの馬が集まることにより感染拡大の恐れがある。

の2点だと思う。これは出走する馬に関して徹底的に検査を行う姿勢を貫けば、
クリア出来る問題で、JRAも出走馬に対して全頭検査を行った。

となると、最後の関門は感染が拡大傾向にあるかということにある。
拡大気配があれば、状況のさらなる悪化が考えられ、
公正や感染予防が維持できなくなる可能性がある。
こちらもホームページのグラフを見ると、ピークを過ぎたことが見て取れ、
事態は収束傾向にあることがわかる。

最初は右往左往したJRAではあるが、
今週の競馬開催にこぎつけたことは素直に評価出来ると思う。
mixiなどではまだ不安の声も聞かれるが、
JRAの取る方法は公正を維持できるものだ。

ただ、組織面での弱点も露呈した感じがする。
ファン向けのメッセージが不足していただけでなく、
調教師サイドにも明確なメッセージがなかったようだ。
実質上の行政組織だけに、縦割りになってしまうのは仕方がないかもしれないが。

地方競馬への拡大やメイショウサムソンの凱旋門賞回避などが残念ではあるが、
とりあえず中央競馬が元に戻ったことは良かった。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-08-22 21:48 | 週間競馬ニュース
メイショウサムソン凱旋門賞断念を撤回し、出走へ
急転、渡仏決行へ!17日に馬インフルエンザ感染が判明したメイショウサムソン(牡4=高橋成)が仏G1凱旋門賞(10月7日、ロンシャン競馬場)に向けて調整することが18日決まった。この日午前に遠征断念を発表しながら、午後になって方向転換。馬インフルエンザの症状が表れず元気に調教を積んでおり、日程的にも出走が可能なことから陣営は渡仏へ傾いた

スポニチより)

ということで、陣営が一番初めに発表していた意思に戻る事となった。
あとはフランス側がどう出るかにかかっている。
おそらくフォワ賞は回避して本番1発勝負になるだろう。
叩き型のメイショウサムソンにとっては決して有利な条件にならないが、
健闘を祈っている。

さて、このニュースを聞いて心配なことに、秋のGⅠシリーズ開催の可否がある。
おそらく10月あたりには再開されるとは思うが、
そう考えても、トライアルを使えない馬が続出する恐れがある。
今のところ放牧先から戻れない有力馬には、
ヴィクトリー、カンパニー、キストゥヘヴン、コイウタ、コンゴウリキシオー、
サンツェッペリン、サンライズバッカス、スズカフェニックス、ダイワメジャー、
ローブデコルテ、デルタブルース、ポップロック、
らがいる。

感染が沈静化して、馬の移動が自由になったとしても、
そこからの調整にはある程度の時間を要する。
たとえ9月に再開されたとしても、トライアルはすぐそこまで迫っており、
上記の馬が出走するのは難しいだろう。

となると、本番にぶっつけで挑戦せざるを得ない馬が多くなり、
自然と波乱の様相を呈することになる。

今年の秋競馬は普段の競馬とは異なる姿を見せそうだ。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-08-19 08:56 | 週間競馬ニュース
メイショウサムソン凱旋門賞回避へ
 18日、現地時間10月7日に仏・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(仏G1)に出走を予定していたメイショウサムソン(牡4、栗東・高橋成忠厩舎)が、陣営の協議の結果、同レースへの出走を断念することが明らかになった。

 同馬は22日の出国へ向け、輸出検疫のために15日に美浦トレセンに入厩していたが、16日に行われた検査において馬インフルエンザに感染していることが判明していた。なお、今後のローテーションについては未定となっている。

(net keibaより)

昨日メイショウサムソンが馬インフルエンザに感染したと発表された段階で、
凱旋門賞出走はないな、と思っていた。
そして今日、陣営から正式に凱旋門賞回避の旨が伝えられた。

数ヶ月前までは、今年も勝負になるかもしれないと考えていたが、
2頭とも出走すらできずに幕切れを迎えるとは思ってもみなかった。
こういう形で日本馬の挑戦が終わってしまうのは本当に残念だ。

メイショウサムソンには秋のGⅠ戦線に期待したい、
といつものように言いたいが、中央競馬が再開されるかわからない中では、
安易に秋競馬を楽しみに、とも言えない。

個人的には、中央競馬の再開は9月30日のスプリンターズSに間に合えば、
と考えている。
この状況の中では少なくとも今月中の再開はないだろう。
馬インフルエンザの影響は地方競馬にも拡大し、
中央競馬だけではなく、完全に全国規模での問題になっている。
これから牧場の馬にも感染することも考えられ、
そうなるとより一層この問題が長期化する可能性が高まる。

しばらくは一刻も早い競馬の再開を祈りつつ、
状況が落ち着くのをただ見守るしかない。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-08-18 20:41 | 週間競馬ニュース
馬インフルエンザのため今週の競馬開催中止へ
今週の出走を予定している競走馬に対して検査をおこなっておりますが、現在、検査頭数163頭のうち29頭(うち発熱馬は1頭)にインフルエンザの感染が認められております。
 8月11日頃に最初の発症があったと推測しており、現状においては、感染拡大を防止するという観点から、今週の中央競馬の開催を取り止めることといたしました。

ファンの皆様には大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。

(JRAホームぺージより)

昨日、通常通り開催すると発表された今週の競馬開催だが、
今日になって開催中止が決定した。

感染の勢いが依然止まらず、拡大を続けているのが主因だろう。
札幌記念もある今週の開催中止は関係者、ファン共々残念であるが、
緊急事態だけに仕方がない。状況が落ち着くまで見守りたいと思う。

今回の対応は、
いつも後手後手(いい意味でも悪い意味でも)の対応をするJRAらしくなかった。
とても重大な問題だけに、慎重に行動してほしい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-08-17 10:01 | 週間競馬ニュース
馬インフルエンザ発生も通常通りの開催へ
美浦・栗東トレーニング・センターにおいて、馬インフルエンザが発生しましたが、現状において発症馬の数は散見されるに留まっております。JRAといたしましては、馬の移動は管理施設間だけに限定し、出走馬の健康状態の把握に万全を期しながら、今週の開催に向けて、出馬投票等の諸準備を進めてまいります。
(JRAホームぺージより)

とのこと。

日本競馬史上、馬インフルエンザは1971年~1972年に一度大流行し、
有馬記念が7頭立て、ダービーが7月までずれ込むなど、
多大な影響を与えたことがある。
故・大川慶次郎氏の著書によると、馬インフルエンザ流行が発端となり、
今も続く「西高東低」の構図も生まれたとある。
当時は一時的なものと大川さんも考えていたらしいが、
結局2007年の今でもまだ残っている。

このように番組の遅れだけではなく、競馬の体制全体にも影響が及ぶことからも、
馬インフルエンザ発生の重大さが伝わってくる。
今回はまた初期段階で、しかもローカル開催の時期に発生したことが、
今のところ奏功しているようだが、油断はまだできない。

JRAや調教師などの競馬関係者にとってかなり大変な事態ではあるが、
馬の安全を第一に、何とか影響を最小限に食い止めてほしい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-08-16 16:22 | 週間競馬ニュース
牝馬三冠馬スティルインラブ死亡
2日に、2003年度最優秀3歳牝馬で牝馬三冠馬のスティルインラブが死亡した。
夏は何かと競走馬の訃報が多く、
昨年の同時期にはベガやラインクラフトも亡くなっている。

突然のことで驚いているが、死因は腸捻転とのことで、
先月から具合がすぐれなかったらしい。

4歳以降は奮わなかったスティルインラブではあるものの、
3歳時のアドマイヤグルーヴとの闘いはまだ記憶に新しい。
2003年の牝馬クラシックは桜花賞からエリザベス女王杯まで、
この2頭が中心になって回っていた。
スティルインラブは人気こそ血統に秀でたアドマイヤグルーヴに譲ったが、
実戦ではエリザベス女王杯とローズS以外では勝ち続け、
強さでは決して引けを取らなかった。

今年スティルインラブには、
父キングカメハメハの牡馬が生まれていて、この馬が最初で最後の産駒となる。
母父サンデー牝馬の最有力的存在でもあっただけに、
非常に残念かつ無念であり、残された馬の活躍を祈るしかない。

関係者のコメントを読み、
名が示すとおり、スティルインラブは皆に愛されていたのだと感じました。
ご冥福を心よりお祈りします。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-08-02 22:52 | 週間競馬ニュース
アドマイヤムーン、ゴドルフィンへ移籍
世界最大の馬主軍団ゴドルフィンがアドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博)獲得に乗り出し、40億円の巨額トレードを近藤利一オーナーに申し入れたことが16日、明らかになった。条件には種牡馬だけでなく、競走馬としての権利も含まれる。今月中にも合意に達して海外へ移籍。ロイヤルブルーの勝負服で飛躍する。(日刊スポーツより)


昨日から2chで騒がれていたアドマイヤムーン移籍話は本当でした。
やっぱりドバイで好走すると、目をつけられるみたい。
それに加えフォーティナイナー系という点もあるかもしれない。
ユートピアもフォーティナイナー産駒だった。

馬の相場はわからないものの、価格はまあ妥当かもと感覚的に思う。
エンドスウィープのこれといった後継はまだ出ていないので、
アドマイヤムーンの血は世界的に見ても貴重だといえるし、能力も高い。
長い目で見れば40億円は回収可能な額でしょう。
日本からすれば、エンドスウィープ産駒の最有力馬であり、
母父サンデー系のモデルともいうべき馬がいなくなるのは痛いが、
サラブレッドは経済動物であり、ルールに乗っ取った取引ならばしょうがない。
日本もラムタラ(=ムダ遣い 笑)を筆頭として欧米の名馬を多数買ってますしね。

これで、アドマイヤムーンが凱旋門賞やブリーダーズカップに出てくるようなら、
日本としても移籍させた甲斐は十分あると思いますが、それはまずないでしょうね。
せいぜいダーレージャパンへのリースを期待することぐらいが、現実的な線でしょう。

ユートピアもそこそこ走らせているので、信じていないというわけではないですが、
アドマイヤムーンもしっかり走らせてほしいですね。

サマーシリーズに乗り遅れてしまい、
どのタイミングでブログを復活しようか迷っていただけに、
このニュースはある意味ありがたかったです。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-07-17 14:59 | 週間競馬ニュース
ディープインパクトから禁止薬物 凱旋門賞失格のおそれ
JRAは19日、1日の凱旋門賞(仏G1)で3着に敗れたディープインパクト
(牡4、栗東・池江泰郎厩舎)の理化学検査で、
馬体から禁止薬物(イプラトロピウム)が検出されたと発表した。
フランスの競馬統括機関・フランスギャロから報告を受けたという。

JRAによると、同薬物はJRAでは禁止対象になっておらず、
今後は関係者による事情聴取が行われるほか、
フランスギャロからの処分を待つという。
場合によっては、凱旋門賞の成績が取り消される可能性もある。(netkeibaより)



とのこと。
事実関係がわからないので、まだ何ともいえないが、
もし事実ならばという仮定に立てば、処分が科されることは確実になる。
今年のドバイワールドカップでは2着馬から薬物が検出され、失格となった。

良くて降着、最悪失格というのが、現時点で読み切れる限界だろう。

調教師をはじめとするスタッフは懸命に努力していたので、
あまり責める気にはなれないが、それでも「どうして防げなかったのか」
という思いは捨てきれない。

ディープインパクトは競馬を知らない人に競馬を教えてくれる、
数少ない存在であったが、これも裏目に出てしまうだろう。
ただでさえ、競馬はダーティーなイメージがあり(実際にそうだが・・・)
過失だったとしても、イメージダウンは免れない。

今回のように凱旋門賞で勝負になる馬はこれからも出てくると思うので、
その馬のためにも、
万全でいながら負けたという事実も含め、
今回の失敗を共有し、次回挑戦の際に活かしてもらいたい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-10-19 23:36 | 週間競馬ニュース
週刊競馬ニュース ~2006年8月第3週 2冠牝馬ベガ亡くなる~
2冠牝馬ベガ死亡(net keibaより)

前年のアドマイヤベガに続くように、その母ベガが16日に亡くなった。
放牧中の事故だったらしい。
まだまだ産駒を出せる年齢だけに、残念でならない。

脚が曲がっていたという出生秘話からして、ドラマチックな競走生活だった。
また、エリザベス女王杯での「ベガはベガでもホクトベガ!」からもわかるように、
ライバルにも恵まれていた。
すでに亡くなっているホクトベガ以外にも、
同期にはユキノビジンや、マックスジョリーらがいた。
この馬たちがいたからこそ、ベガの強さが引き立ったのかもしれない。

そして、その後の母としての活躍はこの目で見てきた。
アドマイヤベガ、アドマイヤボス、アドマイヤドン、
そしてまだ結果は出していないが、キャプテンベガ。
これだけの馬を出した牝馬は、日本競馬史上でも貴重な存在だろう。

こうして振り返ってみると、
ベガという馬はとても恵まれた馬だったように思う。

競走馬にはデビューさえできない馬がたくさんいる。
そんな中、ベガは脚部不安を乗り越えて、牝馬2冠に輝く。

競走馬として成功しても、母としては評価されない馬がいる。
ここでもベガはダービー馬をはじめ、GⅠホースを輩出している。

16年の間に、ベガは自分たちに多くのものを与えてくれた。
これだけ頑張ってくれたのだから、もう十分だったのかもしれない。
お疲れさまでした、安らかに眠ってください。そして、ありがとう。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-08-17 23:06 | 週間競馬ニュース