<   2004年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
報道ステーション 地方競馬報道について 2
前回並みのレベルを期待したけれど、今回は見るべき所無し。高崎競馬の現状を紹介したにとどまる。
僕の意見は、「多くの地方競馬の経営難が、もうどうしようも無いということはみんな知っている。問題はそれをどうやって解決するか。安易に潰してもいいのか。」というもの。
確かに責任はいい加減な経営をしてきた側にある。だけど、潰してしまっては競馬がそこから完全に消えてしまう。多くのシーズンを場外化し、ある特定の時に競馬を行うなどすれば何とかなるはず。(これをやるためには、全国が協力しなければいけないが。)大体、中央・地方というくくりをしていること自体がおかしいとも思う。どうやったって、地方は中央には勝てないのだから、ファンは中央に流れる。それに、平日の昼間に競馬をやられても・・・という気もする。大井もナイターがあるから稼げているのだと思う。もし、その場所の競馬が、一年に一回だけだったら、見に行くかもしれない。
はっきり言って地方競馬どころか、日本競馬自体も今は危機だと思う。30年後、50年後に、日本ダービーや有馬記念があるのかと不安になる。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-09-29 12:43 | 競馬メディア評論
タップ今度こそ凱旋門賞出走へ
詳しくはこちら
僕がここに書いたことを、ひっくり返すような決定。正直言って、うまく行くとは思えない。勝負事の流れから考えても良くないと思う。それでも応援はしますが。でも、もしこれで勝ったら、文句なしでチャンピオンディスタンスにおける世界最強馬と言っても過言ではないでしょう。
今回はやはりクラブ馬ということが、大きく働いたと思う。お金を出してるのは出資者だから、その人たちに行ってほしいと言われれば、動かざるを得なかったというのがホントの所のはず。まあ、暖かく見守りたい。それから騒げばいいでしょう。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-09-28 12:17 | 2004古馬GⅠ戦線
「逃亡者」最終回の感想
昨日最終回を迎えた「逃亡者」今日はその感想を。
前半はほぼ予想通りに展開。中盤、このまま終わり?と思っていると、さすが「逃亡者」
「ウサギさん」の一言をきっかけに、事件はまたも展開。そして、新たな黒幕も明らかになり、物語は終了。という流れ。まあ最後の黒幕も予想がついていた(というか、もうあの人しか残っていなかった)けれど、楽しめました。
ドラマ全体の話をすると、一番面白かったのは新たな事実と謎が明らかになっていく中盤部分。毎週真犯人候補が出てきては、それがシロだとわかったり、死んでいったり。
僕は原作を知らなかったせいもあって、ドキドキしながら見られた。松たか子の「時の舟」もドラマと合っていて良かった。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-09-27 09:22 | ドラマ
秋のGⅠ戦線開幕へ
今日はオールカマーと神戸新聞杯。東のオールカマーの方は有力3歳2頭が沈む結果に。
ダイワメジャーに2200は長いと思う。今日の敗因は距離ではなく、調整ミスだと思うけど。始動を1週間遅らせ、馬体重はマイナス14キロ。まだプラス14キロの方が買えた。でも秋初戦でこうなっちゃうと、これから立て直すのが大変そう。大型馬だし。
ハイアーゲームは春の弥生賞と同じような結果。仕上がり具合もまだまだといった感じ。この後は天皇賞・秋に行くのかな?でも僕は菊花賞に行くべきだと思う。確かに右回りは苦手かもしれないけど京都は広いし、3000mもこなせると思う。マンハッタンカフェも秋初戦は同じようなレースをしていたし、上昇は見込めると思う。それにしても、相変わらずフラフラ走ってるなーと思う。春はまあ許せるとしても、秋になってこんな競馬されると、成長途上サンデーから、ちょっと頭の足りないサンデーに評価を変えてしまうかも。僕は晩成型だと信じたいんだけど。
西の神戸新聞杯はキングカメハメハが完勝。さすがダービー馬。他馬とは一味違うレースぶりだった。これで、天皇賞・秋は1番人気になると思う。
2着のケイアイガードは微妙なとこ。菊花賞でどこまで行けるか。勝っちゃったりして。それはないか。
3着のハーツクライも上々のレースぶり。本番で武豊がどういう戦法をとるかにかかってると思う。やっぱり後ろから?マクって行かないと、今の菊花賞は厳しいと思うんだけどな。京都新聞杯のようなレースぶりを希望。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-09-26 18:58 | 競馬
タップダンス凱旋門断念
詳しくはこちら
飛行機のトラブルというのは珍しい。ゴールドアリュールの時は、戦争のせいだったから、何にも言えなかったけど、今回は、手配をしておけば何とかなっただけに残念。陣営が悪いわけではないので責められないのではあるが。
この馬は、来年以降も現役続行がすでに決定していたのが救いとなるのかねぇ。でも年齢的なこともあるし、最大のチャンスを逃したのは確か。きっと来年も、春は宝塚記念ぐらいしか使わないと思うので、この前ここで書いたように、
ヨーロッパの競馬は馬場も異なり、レーススタイルも異なる。しかもそのヨーロッパの中でもっともレベルが高いレースに出て勝つというのは、その環境に慣れてからでないと厳しいと思う。
だから、本気で凱旋門賞に勝ちたいと思う陣営には、長期遠征をしてほしい。その前に無理だとわかったら帰ってきてもらって構わない。一番悲しいのは、馬が壊れてしまうことだ。

思い切って春からフランスに行くっていうことはできないのか。
まあ今の気持ちを一言で言えば、ブライト艦長の「何やってんの!」というところ。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-09-25 21:03 | 2004古馬GⅠ戦線
東京ゲームショウが開幕
したそうで、いろいろな隠し玉が発表になった模様。ここは競馬ブログでもあるので、競馬ゲームの話をすると、「ウイニングイレブン」・・・じゃなかった「ウイニングポスト」の新作が発表になった。どうも今回は過去の競馬の軌跡を辿れるらしく、往年の名馬と対戦できるらしい。このゲームは未来にベクトルが向いていただけに、方向転換かも。面白そうではあると思う。
あとは、「ダービーオーナーズクラブオンライン」。僕も一時期ゲーセンに通ってやってました。でも、みんなサイレンススズカのようなレースをするのに嫌気がさして、1ヶ月ぐらいで止めました。オンラインだと、絶対インチキする人が出るからなー。その辺りがどうなのか。後はお金と時間でしょう。
それ以外には「ダビつく」の新作も。僕はこのシリーズやったことないんでわからないんだけど、面白いのかな。自分の馬も含めて実況してくれるのは嬉しいと思う。
実況と言えば、古館さんに競馬実況してほしいって言う人がたまにいるけど、僕はジョン・カビラにやってほしい。ジャパンカップとか。面白そうだと思うんだけど。J-WAVEの企画でやってくれないかな?
と、最近ここはゲームブログ化しちゃってますね。そして、今僕がやっているゲームは「バハムートラグーン」
ってこのゲーム知ってる人いますか?
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-09-24 21:54 | ゲーム
凱旋門賞って気が付くと「もうすぐだ」ということありませんか
これは特に日本馬が参戦しているときに強く感じる。(その時以外は、初めて凱旋門賞を見るのがJCの参考レースだったという場合が多いけれど)今回も「佐藤哲三騎手海外出張のお知らせ」を見て、「ああーそういえば凱旋門賞もうすぐだなー。」となんとなく思ってしまった。
こう思わなかった例外はエルコンドルパサーの時。ここから考えると、「点と線」の繋がりがポイントと言えそう。エルコンドルパサーの時は、旧4歳時にJCを勝った時から、もっと早く言えば、NHKマイルカップを勝った時から、すでに海外遠征を計画していたようで、翌年にはフランスに長期遠征した。そのため僕たちは、エルコンドルパサーがどんな過程で凱旋門賞に挑戦するのかを見ることができた。あの時は、マンハッタンカフェが挑戦した時以上に「いよいよ」の感があった。
世界最高レベルのレースに日本馬が挑むにもかかわらず、イマイチ盛り上がりに欠けるというのはここに理由があるのではないか。
このような内容を書いたもう一つの理由は、「パッと行って、パッと勝つ」というのは、難しいのではと思うからだ。(タップダンスシチーの参戦に水を差すつもりはないけれど)サクラローレルは前哨戦で故障し、引退。マンハッタンカフェもレース中に故障してそのまま引退。エルコンドルパサーが2着に入れたり、香港で勝てたというのは、確かに日本調教馬が強くなったのもあるだろうが、輸送の面で楽だったというのが大きいだろう。
ヨーロッパの競馬は馬場も異なり、レーススタイルも異なる。しかもそのヨーロッパの中でもっともレベルが高いレースに出て勝つというのは、その環境に慣れてからでないと厳しいと思う。
だから、本気で凱旋門賞に勝ちたいと思う陣営には、長期遠征をしてほしい。その前に無理だとわかったら帰ってきてもらって構わない。一番悲しいのは、馬が壊れてしまうことだ。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-09-23 20:54 | 2004古馬GⅠ戦線
PSPがニンテンドーを追撃
今日の読売朝刊に、ニンテンドーDSとソニーのPSPの記事があった。それを読むと、ニンテンドーは昨日記事にした事が主に書いてあって、あとはスペック。そして、PSPも年内に出るもよう。
どっちが先に出るかわからないが、発売日発表は任天堂が先。やっぱりこっちが有力でしょう。
そもそも、携帯ゲーム機業界は任天堂の独走状態。いくつかのメーカーが任天堂に対抗したけど全部ダメ。(ゲームギア、ワンダースワン、ネオジオポケット)任天堂も「ポケモン」があったから、持ち直せたわけで、いつまたこの業界が下火になるかわからない。だから、僕の意見はやっぱり「焦ってはいけない」確かに最初は「売れる」タイトルを出せるかもしれないけど(ストックがあるから)いつかは息切れする。その状態のとき、どれだけ踏ん張れるかがそのゲーム機の命運を分けると思う。それと、当たり前のことだけど、携帯ゲーム機はより、ソフト面を重要視した方がいいと思う。
というわけで、僕はしばらく様子見する予定。多分ニンテンドーの1人勝ちだと思うけど。ソニーはプレステがあるんだから、そちらに専念すべき。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-09-22 21:46 | ゲーム
ニンテンドーDS発売日決定
宇多田ヒカルが「さわってもいいですかー?」とCMで言っているニンテンドーDSが12月2日(木)に発売で、価格は15000円。お値段はこんなもんでしょう。
というかこの機種は(今「機種」より「騎手」が先に出てきてしまった。)どういうポジションなんだろう?普通に考えれば、ゲームボーイアドバンスの後継なんだろうけど、ちょっと早すぎる気がする。ソニーに対抗して、早く出すことにしたのだろうか?それだったら、あっちよりもちょっと早い時期に出した方がより効果的だと思うんだけど、どうなんでしょう。クリスマス商戦前に投入したかった?
僕は、まだまだゲームボーイアドバンスを生きさせた方がいいと思う。「逆転裁判」などの人気シリーズも多いし。開発するメーカーも大変だろうし。ソニーより先に、「売れるタイトル(FFシリーズやドラクエシリーズなど)」を押さえたかったのかな。
僕は現時点では購入予定なし。というか、今年の3月にゲームボーイアドバンスSPファミコンカラーを買ったばかりなので・・・。DSはアドバンスと互換性あるみたい・・・。買わなきゃ良かった。この時期はドラクエや競馬で忙しそうな時期だと思うし、我慢します。
ニンテンドーDS公式サイト
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-09-21 15:59 | ゲーム
勝てて良かったコスモバルク
きのうセントライト記念を見ることができず、今日になってようやく見ることができた。3コーナー手前から先頭に立ち、そのまま押し切りレコード勝ち。馬場がいいというのもあるんだろうけど、2分10秒台は速い。やっぱりあの馬は速い時計向き。あとは、今回は無理に控えないで、行かせてあげたのが1番良かった。自分が見てる途中も、「行かせたほうがいいぞー。」と言いながら見てたほど。
それにしても、今回勝てて本当に良かった。こんな風に思ったのは、今年の競馬では初めて。これで、菊花賞も多少面白くなりそう。後は来週のオールカマーと神戸新聞杯次第か。でも僕は、コスモバルクだけに注目して、菊花賞を見たい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-09-20 17:00 | 競馬