<   2004年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧
2004年ベストホースを決める
と題して、JRA賞の当ブログバージョンをやってみたい。

最優秀2歳牝馬 ショウナンパントル
ここは阪神ジュべナイルフィリーズの勝ち馬を順当にセレクト。しかし、牝馬路線は例年通り現時点では混戦状態。来年もこの馬が活躍するという保証はないけど、あくまでも現時点でという理由に基づき選出。ただ、サンデー産駒だけに活躍する可能性は高いと思う。

最優秀2歳牡馬 マイネルレコルト
ここも順当に朝日杯の勝ち馬を。ラジオたんぱ杯の勝ち馬が強そうであればそっちを選ぼうとも考えたけれど、超スローになってしまい評価できないため、中山マイルレコード勝ちのマイネルレコルトを。こちらは先のショウナンパントルとは異なりマイネル軍団なので、これから先の成長力には疑問。ずいぶん大人びたレース運びをするので、もうすでに完成していてこれからは下降のみという可能性もある。コスモサンビームよりは強いとは思うけれど、来春も大丈夫とは言えない。

最優秀3歳牡馬 キングカメハメハ
今年の3歳世代で唯一のGⅠ2勝馬。今秋無事ならば、ゼンノロブロイと好勝負をしてくれるはずだった。僕は有馬記念はともかく、天皇賞・秋とジャパンカップにおいて、今でもこの馬ならゼンノロブロイに勝てたと思う。NHKマイルカップでの5馬身差圧勝に、ダービーはレコード勝ち。アンカツも言っていたけど、カメハメハはエルコンドルパサー以上の馬だったと思う。海外で活躍してほしかったなぁ。

最優秀3歳牝馬 ダンスインザムード
GⅠは1勝のみも、2回の牡馬牝馬混合GⅠ2着もあり、合わせ技でセレクト。牝馬3冠も夢じゃないと思っていたけれど、当初は鳴りを潜めていた気性の問題が噴出してしまったことが残念。藤沢厩舎所属なので、これからはマイル路線を中心に使われて行く予定。しかし、できれば2000m路線にも向かってほしい。身体的な面ではエアグルーヴにも劣らないものを持っていると思うので、これからも牡馬相手に活躍を期待。

最優秀古馬牝馬 アドマイヤグルーヴ
「4歳以上」とするとわかりにくいのでここではヨーロッパ式で。この馬はエリザベス女王杯が決定打。牡馬相手には走らないという不思議な性質を持っている馬で、王道路線での実績は天皇賞・秋3着のみ。来年もきっとこの路線を引っ張っていく存在になるはず。まだまだ伸びシロはありそうで、来年も楽しみ。

最優秀古馬牡馬 ゼンノロブロイ
ここは文句なしにゼンノロブロイ。春はイマイチも秋に一回りも二回りもパワーアップ。キングカメハメハのところでも書いたけれど、この馬とカメハメハとの勝負が見たかった。来年は海外で競馬をするそうなので非常に楽しみ。ただ、ヨーロッパよりはアメリカ向きっぽい(ゼンノロブロイはアメリカ血統)のでアスコットのキングジョージよりは、アーリントンミリオンやブリーダーズカップ・ターフに照準を合わせてほしいとも思う。まずは故障せずにいけるかが第一関門。

最優秀スプリンター サニングデール
JRA賞では、マイル路線と合わせて最優秀短距離馬1頭。しかしタイキシャトル以降はこの路線は2つに分かれてしまったと考えているので、ここではマイル・スプリント路線からそれぞれ1頭ずつ。
さて、スプリント部門は、春のスプリント王者サニングデールをセレクト。こちらは阪急杯も勝っていて、カルストンライトオとの差はそこ。ただ、この馬は今年がベストパフォーマンスできる最後の年だった思う。高松宮記念あたりまでは何とかなると思うけどそこから先は厳しいのでは?マイルからの侵略者デュランダルもいることだし。

最優秀マイラー デュランダル
ここでそのデュランダルをセレクト。春は故障で思うようにいかなかったけれど、秋は昨年に引き続き活躍。来年は海外遠征や天皇賞・秋も視野に入れているらしく、期待度はゼンノロブロイと同じくらい高い。これだけの決め手を持っている馬は久しぶり。その分故障も心配だけど、何とか無事にいってほしい。

最優秀ダートホース アドマイヤドン
昨年までの活躍は見られないまでも、GⅠ3勝の活躍は見事。ウイングアロー→クロフネ→ゴールドアリュール→アドマイヤドンと近年のダート路線は王位継承が順調。しかし来年は戦国時代到来となりそう。ジャパンカップダートでの3歳馬の健闘や、昨日の東京大賞典も、レースレベルはそんなに高かったとは思わないけど、3歳のアジュディミツオー(大井)が逃げ切ったように、3歳世代のレベルが高いことは明らか。ドンも、うかうかとはしていられない。

最優秀ステイブルホース ブランディス
本来は最優秀障害馬だけど、こっちのほうがカッコいいと思うのでカタカナを使用。サクラバクシンオー産駒ながら、中山グランドジャンプと中山大障害を制覇。秋は故障で無念の引退も春シーズン大活躍。中山グランドジャンプ勝利ジョッキーインタビュー時の大江原騎手コメント「今日は結婚記念日なので勝ててよかった。」も付記しておきたい。

最優秀父内国サンバ マツケンサンバⅡ   デルタブルース
菊花賞馬のデルタブルース。ホントにダンスは菊花賞に強い。これで3年連続菊花賞連対馬を輩出。(ファストタテヤマ、ザッツザプレンティ、デルタブルース)来年の天皇賞・春や宝塚記念はこの馬で決まりかもしれない。まだまだ成長の余地有りで、来年JRA入りの岩田騎手を背に活躍してほしい。

最優秀騎手 武豊
ぺリエと迷ったけれど、ここは年間200勝を2年連続達成した武豊で。ちなみに年間200勝は、去年プロ野球での打率4割に例えられた。打率4割を2年連続達成と言えば、競馬を知らない人でもそのすごさが分かるのでは?まあ、馬に助けられている部分がかなりあると思うけど、それを考えても立派な記録。

最優秀調教師 藤沢和雄
ここは藤沢調教師しかいない。僕はこの厩舎の勝ち数はもちろんのこと、故障馬の数が少ないことにも着目したい。あれだけの有力馬を持っていながら、ほとんどの馬を故障なしに最後まで走らせることができている。キングカメハメハの松田国厩舎とは大違い。海外にも積極的なのも好ポイント。

馬事文化賞 ハルウララ
ここは良くも悪くもこの馬がふさわしい。今年の地方競馬を巡る危機も、この馬が全てを象徴
している。まさかあんなコトになるなんて思わなかった。来年の今頃はいくつの地方競馬場が残っているんだろう…。南関ブロックだけだったりして。

2004年度代表馬 ゼンノロブロイ
やっぱりここはゼンノロブロイ。未来に期待を残せるという意味でも、キングカメハメハよりはロブロイを選びたい。来年は、国内で頑張るコスモバルクと、海外で頑張るゼンノロブロイでこの座を懸けてほしい。その意味もあり、コスモバルクは今回は授賞なし。来年は実力でかちとってもらいたい。

2004年ベストレース
ここはランキング形式で上位3レースを。
第3位 セントライト記念 第3コーナー コスモバルク
あの歓声は今年1番では?見に行きたかった。日本レコードの走りも評価。
第2位 ジャパンカップ
JRA初のGⅠ同日開催で非常に盛り上がった今年のジャパンカップ。3歳のコスモバルクの差し返しとゼンノロブロイの瞬発力が最大の見所。
第1位 日本ダービー
故障馬続出の超激戦ダービー。それだけにレベルは高かった。直線は、数度見せ場があり白熱したレース。


以上「2004年べストホースを決める」でした。来年も競馬場を賑わす多くの活躍馬が出てきてほしいと思います。
それでは、良い年末年始をお過ごしください。(ちなみに大晦日は紅白でもなく、格闘技でもなく、細木数子でもなく、TVタックルを見ようと思っています。)
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-12-30 11:35 | 競馬
中山競馬場は大混雑
スゴイ混みようだった有馬記念。朝9時30分頃家を出て、現地到着は11時過ぎ。丁度新馬戦が始まる頃だったような気がする。
なんせ初めてなものだから中で迷いそうになってしまった。東京はわりと単純なつくりなのでそう迷わないけど、中山はコンパクトなつくりで地下もあり大変。船橋法典の駅を降りてからも結構歩くし。

さて、肝心の有馬記念の回顧へ。
勝ったのはゼンノロブロイ。タップが飛ばす中、道中前方に位置し、直線半ばで差し切り、2分30秒の壁を破るレコード勝ち。これで秋古馬3冠達成。ホントに春とは別馬のよう。来年は海外遠征らしい。(目標はキングジョージ)長期遠征も予定されているそうで、もし実現すればなかなか面白い。(長期遠征に反対という人もいる。僕も、いつまでも日本馬が長期遠征するのは好ましくはないと思うけれど、結果を出せていない以上仕方ないし、結果を出すためにやるべきだと思う。いかに短期遠征で力を発揮させるかはそれからでも遅くはない。)
2着は粘ったタップダンスシチー。デキは7割と言われていたけど、巧く淀みないペースで逃げたのが良かった。こちらも、結局来年は現役を続行するそうで、まだまだ見限れない。
3着は追い込んだシルクフェイマス。ここに来てようやく復調した模様。もともと冬に走る馬かもしれないけど。ただ1,2着とは着差以上の開きがありそう。もっとも、1,2着馬は春天に出てこないと思うので、今、一番春天に近いのはこの馬かもしれない。
5着はデルタブルース。4コーナーのスパートで前に離されてしまった。しかしこれでJCと菊花賞でのレースはフロックではないと明らかに。地方騎手が乗ればという条件付きの春天有力候補。
11着にコスモバルク。道中の行きっぷりも悪く、スパートしても伸びず。僕は今回後方でも掛からなかったのは、本来の闘争心が欠けていたからだと思うし、必ずしも次同じ競馬ができるとも思わない。調子がよくなかったからこそ控えられたとみるべきだと思う。

書きたいことは、このぐらいかな。今年は有馬で引退する馬が少ない(と言うよりいない?)ので、出走馬はまた来春から活躍してほしいと思う。特にヒシミラクルにね。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-12-27 21:48 | 2004古馬GⅠ戦線
有馬記念の予想 改
まず、有馬記念の予習として自分が書いた宝塚記念の予想を読み返した。…トンデモない予想だ、あれは。ずいぶん恥ずかしいことを書いてしまっていた。
さあ、その反省が活きるのか?
◎ゼンノロブロイ
○タップダンスシチー
▲コスモバルク
△デルタブルース
△ハーツクライ
△ヒシミラクル


ゼンノロブロイは、やっぱり外せない。切る要素としては「目に見えない疲れ」ぐらいだと思う。ぺリエも有馬記念の乗り方は分かっている。去年、マクリ型でないシンボリクリスエスをマクらせた。この乗り方が有馬記念には必要。4コーナーですでに先頭集団に取り付いていなければならない。
また京都大賞典を勝ってないことも好材料。京都大賞典は2400mなので、根幹距離では?と思うかもしれない。しかし、京都大賞典を勝ってきた馬で、その年の有馬記念の成績を連動している馬は、近年ではテイエムオペラオーしかいない。しかも、そのテイエムでも連動させることができたのは超絶好調期の4歳時のみ。ヒシミラクルが休み明けながらも連対できたことや、GⅠで一息だったステイゴールドが2勝していることから考えても、一筋縄ではいかないコース、距離ではないだろうか。
今年の初頭には4歳4強と言われたものの、今や4歳1強。その1強が、有馬に出られない3頭の分も走ってくれることを願って。
タップダンスシチーは実力以下の人気になっている。本来はゼンノロブロイと差のない2番人気でもおかしくはない。今年の秋は凱旋門賞1戦だけ、まだ余力はある。スローに落とすこともないと思うけれど、ハイペースにもならない、踏ん張る競馬になるはず。その時のタップは強い。また、自分から動ける競馬を堂々とできることも大きい。
コスモバルクはゼンノロブロイをマークするつもりらしいけど、僕の予想としては、タップダンスシチーをマークになると思う。つまり、ゼンノロブロイをマークするのは最初っからムリということ。ジャパンカップ時も、レースが終わった直後は「抑えられた」と評価されたけど、今ではマグナーテンが飛ばして、それにくっついていっただけという評価になっている。もともと抑える競馬は向かない。引っかかるだけ。タップをマークすれば4コーナーを先頭で回れる。そうなれば勝てる。
デルタブルースは素直に実力を評価。ただ、コスモバルク以上にジャパンカップで「走ってしまった」感があるのと、ボニヤがどういう乗り方をしてくるかイマイチ掴めないため、この位置に。もちろん勝ってもおかしくはない。
もう1頭の△はハーツクライ。この2戦人気になりながら全く走らず。そして今回人気急落。3頭出しの橋口厩舎で最も人気が無く、まさに穴馬のパターン。今年の有馬の穴馬はヒシミラクルではなくこの馬。2200mで勝ち鞍があることも大きい。しかし、厩舎、騎手から考えると、最後方一気をやりそうなのは気がかり。有馬記念はそれでは届かない。
最後の△はそのヒシミラクル。前日オッズで10倍の5番人気。もはや穴馬では無く穴人気。こういうときはあまり大勝負はしたくない。しかし、この秋の舞台で来るならどう考えてもここ。「競馬のリズム」では来ないパターンだけど、適性はある。ただ、もし今回勝ってもミラクルではない。

コスモバルクが実力や適性を考えると、今年の有馬記念に一番近いとは思う。しかし、ゼンノロブロイをマークという無謀な作戦に出る以上、本命にはできなかった。そのため、一番愛着のある▲を打った。やっぱりこの馬に勝ってほしいというのが正直なところ。
普段競馬を見ない人も、コスモバルクの走りを是非みてほしいと思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-12-25 18:00 | 2004古馬GⅠ戦線
スキージャンプペア2とダビつく4
特に忙しいわけではなかったんだけれど、ずいぶん更新していなかった。
「NHKに言いたい」に言いたいとか、有馬記念出走馬全頭レビューとかもやりたかったんだけど、多分ムリ。
なので今日はライフログに追加した3点について。
まずSJP。今日買ってきて見た。だいぶ大技が多く、これからはアクロバティックな技の時代に入るのかなーと感じた。もっともあの世界は移り変わりが早いので、次がどんな時代になるかはわからないんだけど。司会が入ってたり、ずいぶん本格的にもなってた。
次にダビつく4。面白いかどうか半心半疑だったけど、結構面白い。実況つきだし、臨場感はある。馬名が実名なのも良い。ダビスタとウイニングポストの中間のような作品だと思う。ちなみに、ダービーはわりとあっさり勝てた。また、このゲームはそんなに印が重要じゃないみたいで、グリグリの印でも負けることがあるし、薄くても結構勝てる。まだ買って3日なのであんまり大きい事は言えないけど、純粋に競馬ゲームを楽しみたい人にはいいと思う。ある程度競馬の知識は必要なのは事実だけど。



さあ、日曜日はいよいよ有馬記念。本命路線で行くか、穴路線で行くかはまだ決めてない。タップの調子次第かな。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-12-22 21:26 | 雑記
今日の大坪さん 迷言
男馬のようにグラマー
これって使い方間違ってません?
シャイニングルビー
正しくはシャイニンルビー。ちなみに、まあまあ人気になりながらサッパリ。
僕は関東在住なので大坪さん情報には詳しくないけれど、今日のメインレースのパドックでのひとコマ。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-12-19 17:23 | 競馬
スキージャンプペア2発売まであと6日
甥っ子革命から約10ヶ月。いよいよ2が発売とのことで、僕もかなり楽しみにしている。この間テレビでやっているのを見たけど、色々と新技があるみたい。発売が近づくにつれ、さらにテレビでの露出も増えると思う。でも見たいような、まだ見たくないような・・・。
各国の選手はどんな技を見せてくれるのか?期待して待つことにします。
公式ページ
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-12-17 11:41 | 雑記
有馬記念フェスティバル&有馬記念当日指定席キャンセル待ち当選
タイトルどおり20日に行われる有馬記念フェスティバルの招待状が我が家に来た。その日は特に予定はないので、何事も起こらなければ行けそう。
似たような催し物のダービーフェスティバルには、ネオユニヴァースが勝った03年に行ったことがある。そのときは、前半まではアンカツや武豊ら実力騎手が来て結構おもしろかったが、後半のスポーツ新聞記者予想辺りになってグダグダ感が露見し始め、結局何だったのかなーという感じに終わってしまった。この企画は、グリーンチャンネルでノンスクランブルで放送されているので毎回見ているけど、あんまり進歩がないと思う。そして、やっぱり人選でしょう。ああいう場に慣れている人と慣れていない人の差は歴然。別に偉くなくともよいから、慣れている人に出てほしい。特に騎手ね。しゃべる気がないのだったら、どんなに人気馬に乗るにしても来てもらわなくていい。全体的にしゃべらなさ過ぎ。ベラベラしゃべってほしいとまでは言わないけど、サービス精神のかけらを見せてほしい。小島太みたいなことを言う人が毎年いるっていうのも面白そう。
と、ちょっと辛口なことを書いてしまった。全体的にJRAのイベントはこうなる傾向があると思うので、少しは気にかけてほしい。無料なのは確かにうれしいけど、無料だから質が下がっていいというわけではない。それだけ期待しているわけで。

有馬記念当日のキャンセル待ちは34番。中山競馬場に問い合わせたら、まず大丈夫とのこと。有馬記念に行くのは実は初めて。というより、今まで中山に行ったことがない。人がかなり多そうだけど、楽しみ。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-12-15 16:50 | 競馬メディア評論
ドラクエ8クリア
クリアしたのは日曜日。朝日杯までレベル上げをして、朝日杯が終わってからラスボスを倒した。ラスボスは意外とあっさり。主人公とヤンガスにバイキルトをかけ、ラスボスにルカ二(ラスボスにルカニが効いていいの?)をかけ、攻撃しまくった。
今はペースを落とし、錬金でアイテムを創り、その間にメダル収集とバトルロード、竜の試練を受けている。
クリアにかかった時間は約60時間。でもテレビを見ながらだらだらとやっていたので、実質50時間ぐらいだと思う。レベルは40。まあこんなところでしょう。今回はどのキャラクターも成長率がいいので、2~3レベル上がっただけでも全然違うし、スキルによって攻撃力が上がったり、MPが回復したりするので少しラクになったという印象があった。
また、ラーミアのテーマが使われていたりと、今までに無かったちょっとした演出もうれしかった。実はロト編(ドラクエⅢ)とつながっているのね。ストーリーは確かにありがちなんだけど、(主人公の秘密も含め)そのありがちなストーリーだからこそドラクエなんだよね。ありがちでも許せるというのがドラクエの力。
ドラクエⅧの最大の魅力は冒険の臨場感。本当にフィールド上を歩いているように感じられ、RPGの肝がしっかり作りこまれている。ドラクエⅢのナンバーワンは譲れないという人も多そうだし、僕もある程度その意見には納得できるので、ドラクエⅢのナンバーワンは譲らないとしても、ナンバーワンに限りなく近い2番手にはいると思う。PS2史上最高のRPGというのはあながち誇張では無い。ドラクエⅦで失望した人はやるべし。やっぱりこれがドラクエだと思うはず。



本文とは直接関係ありませんが、重複していたトラックバックはこちらのほうで処理をさせていただきました。ご了承ください。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-12-14 12:20 | ドラゴンクエストⅧ
香港国際競走日本馬惨敗&新選組感想
どのレースもダメだったようで。映像その他一切見ていないので詳細まではよく分からない。スプリントはペースについていけなかったと両陣営が話している。うーん、日本スプリンターの両雄2頭が行ってこの結果。この路線は強力なマル外を日本に持ってきて、それを使って挑戦するしかないのか。マイルは、デュランダルでも歯が立たず。やっぱり馬場か。テレグノシスは実力を出してないでしょう。もともと遠征向きなタイプではないから。カップはマイルを使ったツケがここで出た。来年は安田記念か。2000mも持たない馬になっちゃったのかなぁ。
と、まあ散々な結果で。この結果は社台グループにとってショックでしょう。せっかくトップクラスを持ってったのに。香港シリーズはあっという間にレベルが上がったから、そう簡単には勝てないレースになった。ジャパンカップを外国馬が勝てないように、かなり考えて馬を選ばないとこれからも厳しいかも。後はヴァーズに日本馬がもっと挑戦してほしい。


そして今日もう一つのトピック、新選組。見事な最終回だった。敢えて近藤勇に直接焦点を当てず、周囲の仲間を描ききることによって近藤勇という人物を浮かび上がらせる構成はさすが三谷脚本。あれだけ多くの登場人物がいながらも、名前を見れば、誰が演じていて、どんな人だったかがすぐに浮かぶドラマも珍しい。それだけ1人1人をきちんと描いていたということ。歴史的事実と異なるという批判も、初めはあったものの最近は聞かなくなった。もともとドラマなんだから、ある程度の演出や脚色は仕方ないと思う。もしこれを見て、興味を持った人は自分で勝手に調べるだろうし、ただ見ただけの人は、どうせそんなに細かくは覚えてない。あくまでもきっかけぐらいだと思うのだけど。この新撰組は、大河という名が無くとも、単純にドラマとしても面白かった。僕の中では今年放送されたドラマの中で堂々の2位にランクイン。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-12-13 12:28 | 雑記
朝日杯回顧&香港国際競走スタート
朝日杯はマイネルレコルトが早めスパートしそのまま押し切り。京王杯をロクに見ずにもうしぼんだマイネル軍団と判断した僕が間違ってました。2着は粘ったストーミーカフェ。確かに強いけど、これからもこんなレースを繰り返しそう。もうワンパンチ必要かも。3着にペールギュント。いかにも中山を上手く立ち回れずに負けたっぽいレースぶり。東京・京都で買いで中山で切りっていう馬でしょう。クラシック路線で一番可能性があるのは菊花賞だと思う。距離がこなせれば。エイシンヴァイデンはダメだったなあ。直線いい感じで伸びていたけど、やっぱりあれが実力かねぇ。来年はダート路線?
また、トラックバックして頂いた3名の方ありがとうございます。今までこんなことは無かったので嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

さて、現在香港では香港国際競走がリアルタイムで進行中。香港スプリントは香港最強スプリンターサイレントウィットネスが連覇達成した模様。日本のサニングデール、カルストンライトオは着外。netkeibaより
これから出走する日本馬は次の通り
香港一哩錦標(香港マイル)
多旺達(デュランダル)
千里通(テレグノシス)
香港盃(香港カップ)
隋心起舞(ダンスインザムード)

どこまでやれるか日本馬、健闘を祈ります。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2004-12-12 16:50 | 2005クラシック戦線