<   2005年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
第2回センターチャレンジ 英語
書いている本人も忘れかけていたセンターチャレンジ。今日は英語。
点数は154点。うーんこれもあんまり変化なし。英語は今年もある程度は勉強してたし、当然と言えば当然かも。でも英単語を結構忘れていた。
一番落としたのは文法。もっとも、この単元は前から苦手だったし、今年は文法の勉強をほとんどしなかったので、これも当然と言えば当然かも。
もう一つの苦手分野だった適語補充は結構できてた。長文も特に傾向は変わっていなくて、多分去年と比べても大した差はないはず。
全体的な印象は、去年より難化したとは感じたけれど、すっごく難しくなったとは感じなかった。やや難化としておこう。
来年は何とか点数を上げたい。あっ、でも来年はリスニング導入元年か。それだと単純な比較は無理。しかも全体の3分の1がリスニングという話もあるし。もしそうだとすると、66点分もリスニングが入るのね。ちなみにこれも聞いた話だけど、難易度は英検準2級並みらしい。どうなんでしょ、簡単なのか難しいのか。すごく難しくはないと思う。
放送される英文が出回らなきゃいいけど。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-01-31 21:52 | 雑記
期待馬が続々と登場 古馬重賞戦線
今日のハットトリックも強かったし、昨日のメイショウボーラーも1400mながら7馬身差の圧勝と、先週に引き続き春へ向けて楽しみな馬がどんどん出てきている。
今の時期の重賞はどれも地味で、勝った馬もパッとしないパターンが多かったけれど、どうやら今年は例年とは異なるパターンになりそう。特に今週の2頭はGⅠでも通用しそうで期待が持てる。
しかし対照的に、3歳世代のそれは、今のところスゴイ馬と呼べる馬がディープインパクトぐらい。そろそろ大物が出てほしい。昨日のレジェンダロッサじゃちょっと物足りないし。今日のセントポーリア賞も…。このレースはハイアーゲームが勝ってたり、勝ってないけどシンボリクリスエスが出走していたので期待してたけど。
それに牝馬路線。今年は2歳GⅠ上位馬がそのまま来るのかなー。うーんわからん。

そして、これは3歳馬も含め、今頭角をあらわしはじめている全ての馬に言えることだけど、故障はカンベンしてほしい。やっぱりスパイキュールみたいになると面白さも減ってしまう。今日、井崎センセイも言ってたけど、疲れがある馬はひとまず休養して、また春に活躍してほしい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-01-30 21:14 | 競馬
スーパーマリオワールド
今日から新企画。カテゴリ名通り、週に1回ないし2回を目安として、90年代に発売されたゲームを振り返っていくということをやりたい、というかやります。
記念すべき1回目は「スーパーマリオワールド」

このゲームはずいぶんやった記憶がある。といっても小学校1年ぐらいの時だから大して記憶には残っていないんだけど。あの頃はファミコン=マリオだったから、人気もすごかった。このソフトは300万本以上売れた記録がある。ちなみにドラクエⅧも300万本ぐらい。すごいなー。
ちなみに僕はこのゲーム、正規ルートでクリアしてない。スターロードからのインチキルートでのクリアのみ。意外と難しく、しかもボリュームがかなりあって、完璧にやりこんだ人は多分あんまりいないはず。
また、当時は画面のキレイさに驚きつつやったもんで、マリオでセーブができるのも新鮮だった。そういえば、ヨッシーはこのゲームで初登場。それからずいぶん任天堂にこき使われてる。
今日久しぶりにやって、自分の腕の衰えにこれまた驚き、小学1年当時の自分が見たらずいぶんヘタな奴だなーと思っているに違いない。

次回からはもうちょっとゲーム内容にも触れていきたい。1回目ということでご容赦を。a0029289_8545697.jpg
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-01-28 22:07 | ゲームオブクラシック90’s
書いた途端に・・・
「大合奏!バンドブラザース」がおもしろい
昨日書いたばかりなのに、こんなニュースが・・・。
繰り返しになるけれど、「大合奏!」が面白いのは確か。このソフトのためだけにDSを買っても良いと僕は思う。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-01-26 21:46 | ゲーム
「大合奏!バンドブラザース」がおもしろい
いまさらかもしれないけど、このソフトは名作。ニンテンドーDSの性能を、現時点では最も活かしたソフト。携帯ゲーム機のソフトでは「逆転裁判」シリーズ以来のヒットだと勝手に考えている。
中身はいたってシンプルで、曲に合わせてボタンや十字キーを押すだけ。それだけなのにおもしろい。入っている曲も任天堂ゆかりのゲーム音楽が多く、ファンにはありがたく、それ以外にも、いろいろバラエティーに富んでいて、誰でも楽しめるはず。
音楽ゲームはビートマニア以降様々なゲームが出ていて、僕も大方やってみたけれど、この「大合奏!」が一番敷居が低くて、なおかつセンスがある人も十分楽しめる音楽ゲームだと感じている。なので、音楽ゲームはちょっと…、とか楽器はできない、という人にこそおすすめ。
もう一つのウリとしてはタイトル通り合奏ができることで、これは今までありそうでなかったこと。それぞれパートを分け合ってセッションでき、多くの人と同時に遊ぶことができるというもの。こっちはまだ未体験だけど、1人でやってこれだけ楽しいのだから、みんなでやったらもっと楽しいんだろうなあと思っている。
このゲームをやって、ニンテンドーDSの魅力と未来を感じた。(もちろんこのソフトだけで決め付ける気はないけど。)
「初期不良は仕様」なんて言ってる場合じゃないよ、ソニー。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-01-25 21:53 | ゲームレビュー
クラフトワークってあんなに強かったっけ?
年明けの金杯は納得としても、今まで単に騎手(=横山典)が上手く乗っているとしか考えていなかったので、今日のAJCCを見てクラフトワークの評価を改めた。といってもGⅠ入着級まで。ただ、今までの評価が重賞入着級だったので、それと比べると大きな進歩。日経賞と目黒記念辺りは堅いと思う。意外とペンタイアは良い種牡馬かも。
今日のもう一つの重賞、平安Sは、特に感想なし。ヒシアトラスがこれから天下を取るとも思えないし。まあ印象としては、ジンクライシスはメンバーにあまり関係なく来るんだなーぐらいか。フェブラリーSでも狙ってみたい。(でもこのままだと賞金不足で弾かれそう)


最後に、昨日の若駒Sを5馬身圧勝のディープインパクト。僕はまだこの馬を絶対視はしない。せめてトライアルを見ないと本性は分からない。しかし、今年のクラシック路線はまだサンデー産駒の総大将が出ていない(小物から中物は例年以上の気がする)ので、この馬かなーとも思う。でもまだまだ。馬券的にもおいしくは無さそうだし、もう少し様子を見守る予定。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-01-23 16:57 | 競馬
テレ東系「ガイアの夜明け」を見て
昨日の「ガイアの夜明け」は地方競馬について。録画しておいた救命病棟を危うく見続けてしまうところを、ギリギリ思い出して見た。
結論を先に書いてしまう。事実がある程度正確に描けていて、いい番組だったと思う。単に、高崎競馬VS地方自治体という形ではなく、高崎競馬の中を騎手、調教師、生産者と区別していてそれぞれの思いが伝わってきた。騎手もありがちな花形ジョッキーを取材するものではなかった。(中央騎手との対比を描く以上、あくまで平均的なジョッキーを取材する必要だったかもしれないけれど)
番組の最後、雪の中で全てのレースを終えることができない高崎競馬を見ることは切なかった。
ただ、先ほど「ある程度」と書いたので、ここでダメだしとまではいかないけれど、こんなこともあるよということも記しておきたい。
まず一つ目はライブドア。番組内では「地方競馬の救世主」と扱われていたけれど、実際に競馬参入を表明した時はその真意がグレー視されていた。さらに現在では、笠松競馬における赤字補填をしないとも表明していて、だんだんクロかと思われる向きが強くなっていること。地方競馬の現状を知っている人は知ってても当たり前なんだけど、一般の人は知らないことが多いので一応。
そして次は、中央競馬(JRA)の姿勢。番組内では「地方競馬の現状は中央にとっても大きな問題」という内容のことを言っていたけれど、具体的には何もしてない。何かしているかも知れないけれど、その動きは全く伝わってこない。
あと、これはどの番組もやっていないのだけれど、実際に馬を持っている馬主に話を聞いてほしいと思っている。確かに地方救済に動いている人もいるのだろうけど、この人たちが何を考えているのかがハッキリと伝わってこない。事実上、地方競馬の行く末を決めるのは馬を持っている馬主なわけで、その態度如何によっては情勢も変わってくるのでは?
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-01-19 21:51 | 競馬メディア評論
東スポ杯馬骨折多発に関連して、ラジオたんぱ杯2歳S馬を調べてみた
ラジオたんぱ杯2歳Sは東スポ杯以上の出世レースとして知られていて、クラシックホースも多数輩出。なので、こっちの場合はどうなのか調べてみた。(ホントは東スポ杯を調べようと思ったんだけど、「時すでに遅し」という状況だったので苦し紛れにテーマ変更)

1着馬のみ掲載
98年 アドマイヤベガ
99年 ラガーレグルス
00年 アグネスタキオン
01年 メガスターダム
02年 ザッツザプレンティ
03年 コスモバルク
(04年 ヴァーミリアン)

これを見てみると、一応クラシックの時点ではセーフという馬が多いことがわかる。
(東スポ杯の場合クラシック自体に出走できない馬が多い)
結局その後に故障している馬が多いんだけど。でも、その事実ではこのレースが直接の原因とはいえない。
そのため、ラジオたんぱ杯は直接的には影響は無いといえそう。(そもそも出世レースなんだから、故障でクラシックに出走できなければそんな評判は出てこない)

この両者の差で考えられる事はレースの質。東スポ杯は直線で差して勝つパターンが多いのに対し、ラジオたんぱ杯は先行してそのまま粘るパターンが多い。

先ほどの表(とまではいえないもの)に各コーナーでの位置取りを付記したものを掲載

1着馬のみ
98年 アドマイヤベガ     7 7 6 4
99年 ラガーレグルス     10 10 11 9
00年 アグネスタキオン    7 7 7 2 
01年 メガスターダム      2 2 2 1
02年 ザッツザプレンティ    2 2 2 2 
03年 コスモバルク       1 1 1 1
(04年 ヴァーミリアン)     2 2 2 2

ちなみに上がりには特筆するほど差が無くて、どちらも同じぐらい。(去年はたんぱ杯の方がずいぶん速かったけど、これは例外では?ちなみにこの7年間で上がり33秒台はヴァーミリアンのみ。アグネスタキオンは34秒1、コスモバルクは34秒9)

次に肝心の東スポ杯。

こちらも1着馬のみ掲載
98年アドマイヤコジーン 5 5 3 
99年ジョウテンブレーヴ 5 5 6 
00年タガノテイオー    5 5 6 
01年アドマイヤマックス 10 10 11 
02年ブルーイレヴン   5 4 5 6 (この年は中山芝1800)
03年アドマイヤビッグ  14 14 13
04年スムースバリトン  13 13 11

確かに多少の例外はあるものの(なぜか例外馬に限ってその後イマイチ)勝ち方の差は、上がり以上にあり、
(ちなみに東スポ杯ではこの7年間上がり33秒台のレースはなし。34秒台もまばら)
この辺りにカラクリがあるのでは?やっぱり2歳馬に厳しいレース(決して勝ちタイムや上がりが速いという意味のみではない)をあまり経験させるべきではないのだろう。
最近すっかりクラシックと縁遠くなった朝日杯も調べてみると面白いかも。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-01-17 22:28 | 2005クラシック戦線
2005センター試験チャレンジ 日本史B編
早速点数から。73点でした。思ってた以上に近現代史の記憶量があったので、そこそこの結果になったのだと思う。
さて、ここからは実況中継風に書こうと思う。
こちらと合わせてごらんください(河合塾センター試験速報)


パッと見は簡単そうだったけど、解いていくうちにその考えが誤りであることに気づいていく。

最初の弥生時代や古墳時代の選択問題は意外と難しく(感じ)、結局2問両方とも落とす。
2問目は中世の商業史で盲点になる所。覚えたなぁ富田林、去年は。その記憶が今はもう残っていないことが判明、落とす。次の都市選択問題もアウト。
3問目は明治の文化史と工業史。これは両方とも正解。簡単だった。

そして大問2へ。まず最初は郡評論争。これは基本。正解。次の帝記・旧辞は落とす。ショック。その勢いで年代配列も落とす。またその勢いで次の長屋王と文学史も落とす。っていうかこの辺全然覚えてないじゃん。最後の文学作品時代配列問題はさすがにセーフ。

さあ、大問3問目。最初の問題は、犬追物と笠懸の区別はついたけど、弘安の役と文永の役はどっちが先でどっちが後か分からなくなり撃沈。小学生でも分かるのに…。こんななので、次の一揆に関する問題も正解のはずがない。そのまた次の織田信長史は正解。年代を覚えていなくてもできた。ここから先はちょっと省略して、図版問題へ。なんで省略したかというと、間違ってたから。

能の場面を選ばせるという珍しい問題。新聞だとよく区別がつかなかった。よって半分勘で選んだ。正解。
次は史料を使った江戸時代の宗教について。全問正解。
ここからは次の史料問題を除き、全て間違える。

やっと近現代で、ペースアップ。政党を選ばせる問題と護憲三派時に起こった出来事を選ぶ問題以外はほとんど正解。あっ、でも日米修好通商条約と通商航海条約を混同して間違えた問題もあった。
そこからは最後までミスなし。


全体的な感想
確かに昨年度よりは簡単だったと思うけど、それでも結構マニアックなのが出てたので、思いのほか平均点は上がらないのでは?僕には手ごたえが十分過ぎる(つまり結構難しかった)今年の日本史だった。

これからいよいよ英語をやろうと思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-01-16 21:40 | 雑記
明日はセンター試験
いよいよ今週末の土日はセンター試験。雪が降るとの天気予報が出ていて、交通機関の心配もあり大変だと思う。出願人数がまた減ったと報道があったけれど、受験生にとってはそんなことは関係ないわけで、明日明後日の一発勝負。
僕も人生の選択しだいでは、明日受けていてもまったくおかしくない人間だし、ひとごとではない。問題が発表されたら英語、国語、日本史、政経あたりを真剣勝負でチャレンジし、ここ1年でどれだけ実力が落ちているか身をもって確かめようと思っている。(もちろんここでも公開予定)
国語の現代文はむしろ点数が上がっていてもおかしくはないと思っているんだけど、あとの教科はどれも点数の暴落が予想される。特に暗記系科目の古典と日本史と政経。特に政経と古典は危ない。日本史については去年のセンターが難しかったので何とか踏ん張ってくれるかもと淡い期待を抱いてはいる。でも受験日本史の記憶量は前年比40%ぐらいだと思う。

現時点での予想得点
英語ⅠⅡ120点
国語ⅠⅡ140点
日本史B45点
政経40点

うわー、すごい点数。直感で書いたけど、国語も120点くらいかも。
まあともかく受験生の方は悔いの無いよう頑張ってください。そもそも受験生は今こんなところを見てないわけだけど。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-01-14 16:00 | 雑記