<   2005年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
女帝誕生? 
ディープインパクトトライアル第1戦の天皇賞・秋は、牝馬は牝馬でもなんと14番人気のヘヴンリーロマンスが勝利。2着にゼンノロブロイ。3着に昨年2着馬ダンスインザムード。

今回の天皇賞はハイペースになると読まれていたが、結果は1000m通過1分2秒もかかったスローペースになってしまった。

ヘヴンリーロマンスはこのスローペースの中、内で我慢しラストで脚を爆発させた。レースの上がりが33秒4なので、たぶん同じくらいか、もしくはそれ以上の脚を使ったのだろう。エリザベス女王杯はスローの直線勝負と、今日と似たレースになりやすいので、もし出走してくるとなればチャンスはある。なにはともあれ恐れいりました。

ゼンノロブロイとダンスインザムードは昨年とほとんど同じ競馬。
ゼンノロブロイは抜け出すときに窮屈になってしまったところがあり、そこで脚を使ってしまったのかもしれない。しかしそれでもかなりの脚で突っ込んできただけに、惜しい競馬だった。次走はジャパンカップで、デザーモへの乗り替わりが決定している。ジャパンカップでもソツなく走ってくれるだろう。

ダンスインザムードは精一杯の競馬をした。先行して早めに抜け出すのは昨年同様のスタイルでの3着。ダンスインザムードにとっては今年のベストパフォーマンスレースだろう。前走の府中牝馬Sで上がり32秒台を記録するなど、復調気配だった。次はマイルCSだろうか。人気がそう上がらないようだったら、また手をつけてみたい。

天皇賞史上初の珍事を引き起こしたのが4着のスイープトウショウ。馬場に一旦入場するも、鞍上の池添を振り落とし、その後再騎乗に数度トライするもスイープトウショウの機嫌が直らず、そのままスタート地点へと直行した。
騎手を乗せずにスタート地点へと歩くスイープトウショウには、スタンドから応援の拍手が盛大に鳴り響いた。
レースぶりは可もなく不可もなく。ジャパンカップではキツいかもしれないが、エリザベス女王杯では有力馬の1頭だろう。

総括すると、今回の「戦犯」はやはりストーミーカフェとタップダンスシチーだろう。「これも競馬」であることは認めるが、GⅠレースなのだから、それ相応の質であってほしかった。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-10-30 18:14 | 2005古馬G1戦線
女帝誕生か皇位継承か 第132回天皇賞・秋
◎ゼンノロブロイ
特に拾うべき理由もないが、だからといって切る理由もないのがゼンノロブロイ。横山典だから2着だともいう指摘もあるが、逆に考えれば連は堅いとも考えられる。昨年も似たような感じで、結果勝ったので今回も問題なしと判断した。宝塚記念は不利があったせいで他馬の逆転を許してしまったが実績では文句無しでトップ。

○タップダンスシチー
宝塚記念で惨敗したおかげで人気が落ちていることと、今回はレースを作りにいく必要がないため、気楽に乗れることを考慮して対抗にした。1分58秒台で2000mを走れるスピードはあるので、秋の天皇賞の適性もあるはず。難しいのは仕掛けのタイミングか。

▲スイープトウショウ
粘るタップダンスシチーをゴール前でゼンノロブロイがかわすイメージを持っているが、さらに前に相手がいることも考えられる。いるとすればスイープトウショウだろう。前走の毎日王冠は決して評価できるレースぶりではなかったが、もともと休み明けが苦手な馬なので、納得できないこともない。淀みなく流れればチャンスがある。

△ハーツクライ
現時点ではけっこう人気になっている。決め手はあるが、勝負運のない馬で2着、3着を繰り返している。菊花賞で1番人気になったりもしたが、走りっぷりと血統をみる限り、1800m~2200mがベストだと思う。特に2000m~2200mでの成績は良く、さらに今回は決め手が活かせる東京コース。ルメールの乗り替わりがどう影響するかは読みにくいが、マイナスに作用するとは考えにくい。

△スズカマンボ
春の天皇賞馬。春天で人気薄だったのと、今回はそこから直行なため、人気になっていない。しかし、3歳時にはハーツクライと同じ位の実力だと見られていた。1年経った今でも、そう差が開いているとは思えない。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-10-29 19:58 | 2005古馬G1戦線
26日放送「バース・デイ」をみて
前回とは違い、感想メインで書いてみる。

今回の放送は菊花賞ドキュメントというよりは、3冠ドキュメントといったほうが正しい。春に放送した映像に、菊花賞の映像をプラスした構成になっている。

個人的には、菊花賞に密着した番組であってほしかったが、「3冠」としてまとめることもひとつの方法。記録映像としては価値のあるものになったので、構成について否定はしない。

番組を見ていちばんに感じたのは「プレッシャー」だ。武豊のみならず、関係者は早い段階から相当な重圧の中にいることが伝わってきた。

もうひとつは、「無敗の3冠」でさえ現時点ではひとつのステップに過ぎないことだ。この番組の終わりには、「そのときが〇〇のバース・デイになった」という趣旨のナレーションが入る。皐月賞とダービーの時のこのナレーションは、あまりしっくりきていなかった。しかし今回はピッタリのナレーションといえる。

無敗の3冠はディープインパクトにとって第1章が終わったに過ぎない、これからが第2章の始まりだ。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-10-26 12:56 | 競馬メディア評論
ディープインパクト 無敗での3冠達成に寄せて
見事に無敗で3冠を達成したディープインパクトとその陣営。

1週目4コーナーまでは引っ掛かり、スムーズなレース運びとはならなかったが、直線に入ってからの伸びはいつもどおり。粘りに粘る横山典騎乗のアドマイヤジャパンを2馬身ほど離しての3冠達成だった。

ぼくは無敗の3冠はおろか、3冠達成の瞬間を見ることすらも初めてだったので、そのとき自分はどんな気持ちになるのだろうかと内心わくわくしていた。

しかしなぜかあっさりとした気分でこの文章を書いている自分がいる。ディープインパクトが強すぎるからか、はたまた現地で見ていないせいか、正直なところ現時点では分析しきれていないが、その原因としていま感じているのは「予定調和」の雰囲気だ。

皐月賞の時はスタートでつまずいた不利を跳ね返し、圧勝した姿に驚き、ダービーは現地で観戦し、特有の熱気を感じた。

皐月賞、ダービーと比較して、今回の菊花賞がつまらないレースだったといいたいわけでは決してない。ディープインパクトはなかなか折り合わず、今までのレースの中では最も苦戦したといっていい。その中での勝利は3冠達成以前に、価値があるものだ。

それに、いくら良血馬であってもあれだけの馬が出ることはめったないし、あれだけの重圧の中で結果を出すのはものすごく大変なことだ。
その中で無敗での3冠という偉業を達成したディープインパクトとその関係者には敬意を表したいと思っている。

デビュー直後から3冠の呼び声がかかっていたディープインパクトは完全な形で人々の願いに応えた。まさにここまでは「予定通り」だったのかもしれない。その本当の価値に気づくのは、これから数々の馬が3冠に挑戦し、敗れていく姿を見たあとだろう。

無敗の3冠を達成してもなお、物足りなさを感じさせるということは、それ以上の期待をディープインパクトに持っているということだ。
それほどのスケールを感じさせるディープインパクトという馬はこれからどんな道を歩むのだろうか。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-10-23 18:43 | 2005クラシック戦線
2005年10月23日は京都競馬場にてディープインパクトであります!
いよいよというべきか、ようやくというべきか明日に迫った菊花賞。

◎ディープインパクト
もう説明はいらない。不動の本命。

○アドマイヤフジ
前走のセントライト記念でメンバー中最速の上がり34秒4をマーク。今回は着順うんぬんよりも、トライアルでの上がりを重視して選んでみる。イメージとしては2003年菊花賞2着馬のリンカーンとダブる。勝ちきれる強さはないが、必ず上位に入る堅実性がある。母のアドマイヤラピスは長距離巧者で、血統面からも推すことができる。

▲シックスセンス
最強の1勝馬ことシックスセンスを3番手評価。神戸新聞杯では3着ローゼンクロイツと同じ上がり34秒8で2着入線。

△ローゼンクロイツ
神戸新聞杯ではシックスセンスとほぼ同一内容だったので、両2頭の差はほとんどないと見ている。印の差は単に神戸新聞杯での着順を考慮しただけ。

△ピサノパテック
鞍上の岩田康誠を警戒してこの位置にピサノパテックを置いた。デビュー当初から話題になっていたが、初勝利までには時間を費やした。しかしそれからは順調に結果を出し、菊花賞出走にこぎ着けた。休みなく走ってきたことも、休み明け2戦目の馬が多い菊花賞だけを考慮すればプラス材料に取れる。

ちなみにこのエントリーのタイトルは「ケロロ軍曹」映画広告からの拝借。変えたのは日付と場所のみ。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-10-22 17:00 | 2005クラシック戦線
一般紙におけるディープインパクト報道
菊花賞が近づくにつれ、ディープインパクトの名を一般紙で目にする機会も増えてきた。そこで、今日は記事の全体的な傾向と、オススメ記事を紹介してみたい。

いちばん多いのは、この一週間の動きを追ったドキュメンタリー風の記事。我が家で購読している読売新聞もこのかたちをとっている。

2番目は関係者のインタビュー記事。朝日は池江(泰)調教師のインタビューが記事になっている。

全体を通してよく見かける表現は「最終追い切り11秒6」の文字。しかし、この字面をみて順調に調整が進んでいることを読み取れるのは競馬を知っている人のみだ。競馬を知らない人にとっては、まず「追い切り」の意味が分からないだろう。さらに「11秒6」の数字がどのような価値を持つか判断することも難しい。

それよりは、「カイバ食いが順調だ」となどと書いたほうが、または併記したほうが読んでいる側としてはイメージしやすい。

また、「無敗の3冠」という言葉もよく目にするが、これもその価値がわかるのは競馬を知っている人のみで、競馬を知らない人にとっては「よくわからないけど、なんかすごいのかも」ぐらいの理解だろう。この「無敗の3冠」の価値を理解するには、それまでの歴史をたどることが不可欠で、3冠馬が日本競馬史上5頭しかいないことや、その中でも無敗で3冠馬になったのはシンボリルドルフ1頭のみなどの解説がほしいところだ。

ひとことで言えば、スポーツ紙と似たようなことしか書いていない記事が多い。一般紙には、ニュースや出来事を事実のみを伝えるだけではなく、分かりやすく伝えるという役割も担っているはずだ。日本の新聞に、しかもその中でも競馬に多様性を求めてもどうしようもない気はするが、せっかくの機会なのだからもうちょっとがんばってほしいところだ。

そうなれば、競馬を知らない人や興味があまりない人でも「ちょっと見てみようかな」という気になるのではないだろうか。

最後にその中でもいい記事があったのでネットで読めるものをいくつか紹介。
ひとつは毎日の「ニュースそうだったのか」
もう一つはジャパンタイムズの記事。英字新聞なので読みにくいが、よくまとめられていると思う。

さらにネットでは読めないが、東京新聞の木曜夕刊スポーツ面に連載されている「イブニングスポーツ KEIBAウォッチング」もオススメ。レーシングプログラムや各種競馬雑誌でおなじみの石田敏徳氏が書いている。

ニュースや報道をみて、今年の菊花賞を見ようかなという人が一人でも多く増えれば…。今年の菊花賞は競馬をふだん見ない人にこそぜひ見てほしい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-10-21 13:04 | 競馬メディア評論
ドラゴンボールZsparking!
ドラゴンボールZsparking!は、完全3Dで、ここがこれまでのPS2ドラゴンボールZシリーズと異なる点になる。

具体例をひとつあげると、今までのシリーズではエネルギー弾を縦方向に避けることしかできなかったが、sparking!では横方向でも避けることができるようになった。
つまり、かなり自由な操作ができるようになったということだ。ただ、自由度があがることは、操作が複雑になることも同時に意味する。以前の感覚でプレイしていると、慣れるまでは戸惑う。素人と玄人では戦いかたが大きく変わるゲームだろう。

もう一つの特徴はバトル再現度が高いことだ。アニメにかなり近い戦いかたができる。
これも例をあげると、敵を吹っ飛ばしたところにエネルギー弾を叩き込むベジータ戦法や、やはり吹っ飛ばした相手をさらに追いかけ、最後に必殺技をぶち込んだりすることができる。こればかりは文字だけではなかなか伝わらないのが残念。実際にプレイするかムービーやコマーシャルで見てもらうしかない。

また、原作の音楽が使われているのも評価したい。これはオープニングだけとかケチなことではなく、戦闘中もちゃんとおなじみの曲が使用されている。この手のゲームをやる時に毎回感じることが、ヘンなBGMの存在だった。多少お金はかかるのかもしれないが、キャラゲーを作るときには細かいところにまでこだわってほしい。(BGMにこだわることは決して細かいことだとは思っていないが)それでゲームの印象がかなり変わるものだ。

ではストーリー再現度が高いかというとそれは別の話になる。今回ストーリーモードというべきものは、Zバトルゲートというモード。サイヤ人編、フリーザ編、人造人間編など、原作を細かく分けたストーリーを追体験することができる。
問題点は、パターンは押さえられているのに、シチュエーションを再現しきれていないこと。ナッパや栽培マンと戦うときは、悟飯やピッコロだけではなく、クリリンやヤムチャでも戦うことができる。しかし、原作の流れが再現されているのは倒しかたの指定(ナッパをチャオズの自爆で倒すとか)のみで、戦闘前後の会話ではそれが活かされない。
この点については全体的に中途ハンパな印象で、不完全燃焼の感は否めない。劇場版やGTのストーリーまで収録されているだけに非常に惜しく、次回作以降の改善点にしてほしい。

ただ、肝心の戦闘システムが良くできているので、ものすごく気になるわけではない。ここまでよくできているだけに、かえって目立ってしまったのだろう。ドラゴンボール好きで、興味を引かれたならば、買っても悔いはないと思う。ボリュームも格闘ゲームにしてはかなりあるので、一人でやる人も楽しめる。

itmediaのレビューもとても参考になるので、興味のある方はぜひご一読を。ぼくはこれ読んでとても共感できました。
最強戦士は誰の手に――「ドラゴンボールZ スパーキング!」は純然たる格闘ゲームがよく似合う
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-10-19 10:42 | ゲームレビュー
2強対決!秋華賞
結果から見ればローズSの再現となった秋華賞だったが、なかなか中身の濃いレースだった。

エアメサイアがゴール板手前で粘りこむラインクラフトをかわし、悲願のGⅠ制覇を遂げた。エアメサイアの母エアデジャヴーは99年牝馬クラシックで善戦するも、結局勝つことはできず、今回娘を通して7年越しでのGⅠ勝利となった。これから牝馬中距離路線に女王として君臨するのはエアメサイアとシーザリオだろう。2頭ともエアグルーヴクラスやファインモーションクラスにまでは達していないが、そう離れているところにいるわけでもなさそうだ。

ラインクラフトもいい感じでレースを進めたが最後に距離適性が出て、惜しくもかわされてしまった。守備範囲の1600mに戻れば牡馬とも互角以上の戦いができるだろう。

3着のニシノナースコールは穴人気になっていたので、とりあえず静観していたが、32秒台の末脚はダテではなかった。内をスルスル伸びてきて、結果3着。いかにもエリザベス女王杯で買いたくなるタイプだが、出走することができるのだろうか。


今年の牝馬クラシック戦線はどれも好レースで、非常に充実していたように思う。来年はどのぐらいの馬が現時点の実力を維持できているかは分からないが、このままだとすればかなり楽しみで、今年のように牡馬混合GⅠを制す馬もでてくるかもしれない。短距離組、中距離組とそれぞれ駒が揃っていることも、その充実ぶりを証明している。


さあ、来週はいよいよ菊花賞。
約20年ぶりのシンボリルドルフ以来の無敗の3冠馬となるか、ディープインパクト。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-10-16 18:13 | 2005クラシック戦線
ひと足早く3冠馬が誕生するか
秋華賞は荒れるか堅いかの両極端なG1。今年は堅い年か。

◎ラインクラフト
現在1番人気のラインクラフトが本命。不安要素は距離だが、秋華賞はオークス馬よりも桜花賞馬のほうが実績を上げているのは周知の事実で、前走のローズSでも惨敗したわけではなく、ここでも狙えると判断した。
イメージとしては、桜花賞のように、エアメサイアの追い込みをしのぎきる感じ。

○エアメサイア
ローズS勝ちのエアメサイアを対抗。エアメサイアの不安要素はローズS1着馬が意外と本番で来ていないこと。これは阪神2000mと秋華賞の京都2000mの差からくるものだろう。しかし今年の場合はどうみても、ローズS連対馬2頭と他の馬との実力の差がある。どちらか1頭は連に絡む可能性が高く、2頭がそのまま1着、2着というパターンも十分あり得るだろう。

▲ライラプス
今日は京都競馬場でかなりの雨が降っていた。明日は東京でも雨だろう(というか今けっこう降っている)
今年の3歳牝馬重賞で雨だったものといえば、クイーンC。その時の勝ち馬がライラプスだ。春はトライアルこそ結果を出したが、本番ではイマイチだった。今回もローズSでは3着に健闘しているが、果たしてどうか。

△デアリングハート
春の牝馬戦線はデアリングハートをことごとく切ってしまったため、ここでは買ってみる。前走はクイーンSの4着。勝ってこそいないが、あのレースでは1番人気になりなかなか健闘していた。この時期の3歳牝馬は同姓同世代としか走っていない馬も多く、牡馬や古馬との対戦経験はそれだけでプラス評価できる。
やっぱりサンデー×ダンチヒの血統は気になるが、今年の秋華賞は適性うんぬんよりも実力で決まりそうな気がする。

以上が秋華賞の予想。雨さえ降っていなければ、秋華賞と相性のいい阪神JF馬ショウナンパントルを狙ってみたかった。個人的にはショウナンパントルを応援する。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-10-15 18:43 | 2005クラシック戦線
天皇賞にはつながらないか。
あんな恥ずかしい予想を長い間晒したくはなかったが、レースを見ずに回顧を書くわけにもいかなかった。

さて、言い訳はこのへんにして毎日王冠を京都大賞典の復習を…。

毎日王冠はサンライズペガサスが久しぶりの勝利。2着にテレグノシス。人気のダイワメジャー、スイープトウショウはそろって敗退。コスモバルクも惨敗し、天皇賞出走が不可能になった。

スローで33秒台の上がりを使うのがサンライズペガサスの勝ちパターンで、今回それにピッタリのレースだった。しかし、これが天皇賞でもできるかとなると別の話。天皇賞がスローになるとは考えにくく、そうなるとなし崩し的に脚を使わされる展開になる可能性がある。今回は展開がサンライズペガサスにかなり向いただけに、天皇賞では入着程度に終わると思う。

テレグノシスは相変わらず東京巧者。この馬は前哨戦では結果を出すが、本番ではイマイチ。今回も多分そうだろう。

スイープトウショウは出遅れ癖が復活し、直線も脚が止まってしまった。もともと休み明けは走らないタイプだが、脚が止まったことが気になる。エリザベス女王杯に出てくれば怖いが、天皇賞でとなると再検討が必要になる。

ダイワメジャーはレースに集中できていないらしく、内容以前の問題。距離はやはりマイルがベストで、天皇賞に行くよりはマイルCSに向かったほうがいいだろう。

京都大賞典はリンカーンがこちらも久しぶりの勝利。2着にコイントス。
このレースは評価が難しい。そんなにレベルの高いレースではないことは確かだが、上位陣がひとクセもふたクセもあるような馬ばかりで、強いから来たのか、展開が向いてきたのかの割合の判断に迷う。

ただハッキリしているのは、京都2400mより東京2000mの方が得意な馬が上位勢に見当たらないこと。リンカーンやファストタテヤマはいかにも京都向きで、とても東京で結果を残せるとは思えない。


「けっきょく今年の天皇賞馬もゼンノロブロイか?」が、両前哨戦を見ての感想。一頭上げるとすればスイープトウショウか。


キャプテンベガは負けるし、取るか迷ったジャリスコライトは勝っちゃうしで、今年のPOGも黄色信号。今週はちょっとツイてなかった。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2005-10-11 11:45 | 2005古馬G1戦線