<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
春への期待 コイウタ&フラムドパシオン
今日は3歳牝馬重賞クイーンCと注目の3歳ダートOPヒヤシンスSについて。

クイーンC

1着 コイウタ
今週もフジキセキ産駒が3歳重賞で勝利。
フジキセキは今開催、重賞4勝と波に乗っていた。

さて、コイウタは先団につけてレースを進め、
逃げたアサヒライジングをゴール前で差し切った。

クイーンCは同じ東京コースのオークスとつながっていて、
コイウタにも期待がかかるが果たしてどうだろうか。

ローテーションを見ると、1600mまでの馬という気がする。
フジキセキも決して長距離はこなす種牡馬ではない。

牝馬のクラシック路線は牡馬に比べいまだ不透明な部分が多いので、
断定するのは危険だが、オークスよりは桜花賞で買いたい馬だ。

2着 アサヒライジング
コイウタとは対照的に、オークスで買いたいのがアサヒライジングだ。
根性があり、そう簡単にバテる馬ではない。

今回のように、オークスもスローペースになりやすい。
鞍上にもよるが、オークスではぜひ押さえておきたい一頭。

ヒヤシンスS

1着 フラムドパシオン
前走ほどの圧勝ではなかったが、楽勝だった。
掛かり気味、前が詰まる不利もなんのその。
直線の伸び脚はすばらしいものだった。

次走はドバイのUAEダービーを予定。
日本で今年最初のダービー馬はどうやらフラムドパシオンになりそうだ。

2着 マンオブパーサー
マンオブパーサーもいい競馬をしていた。
この馬もかなりの力を持っている。
今回は相手が強かった。

負けを悲観する必要は無く、
春のダートOPや交流重賞で難なく勝ち星を挙げることだろう。

3着のナムラアトランテスもなかなか強かった。
今年のヒヤシンスSは、レベルが高いレースとして後々話題になりそうだ。

今週からは中山・阪神開催。
中山記念にはハットトリック、エアメサイアなどのGⅠホースが登場。
阪神ではアーリントンカップや高松宮記念の前哨戦、阪急杯が行われる。

競馬がおもしろくなるシーズンがだんだん近づいてきた。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-02-21 12:38 | 2006クラシック戦線
堂々世界へ カネヒキリ&シックスセンス
先週は重賞だけで3つあり、一日ですべてに触れるのはちょっとキツい。
なので、今日は古馬重賞のフェブラリーSと京都記念について書いてみる。

フェブラリーS

1着 カネヒキリ
東京ダート1600mは不向き、今回はドバイへの叩き台、
など、カネヒキリを不安視する声は少なくなかった。
単勝270円はその不安を表す数字でもあった。

しかし終わってみれば3馬身差の快勝で、
一切の雑音をシャットアウトした。

JCダートの際は粘りこむシーキングザダイヤを交わすのに手間取っていたが、
きのうは並ぶ間もなくあっさりと交わし、そこにカネヒキリの成長が感じられた。

東京ダート1600mの持ち時計の変遷を見ても、成長をうかがい知ることができる。
2005年5月 ユニコーンS 1分36秒5
2005年10月 武蔵野S  1分35秒5
そして、フェブラリーSのタイムは1分34秒9。
レコードはメイショウボーラーの1分34秒7だが、
それは脚抜きの良いスピード馬場で記録した時計で、今回とは状況がだいぶ異なる。
むしろ、シチュエーションを考慮すれば今回の方が質は高いといえるのではないか。
もちろんペースや相手関係があるため、一概にタイムで結論づけることはしないが、
カネヒキリの成長ぶりがここにも表れていると判断してもいいだろう。

次はいよいよドバイワールドカップだ。
日本最強ダート馬が世界を相手にどこまで戦えるか。期待したい。

2着 シーキングザダイヤ
よく走ってはいるが、今回は相手が悪かった。
これでGⅠは7度目の2着。
安定しているが勝ち切れないステイゴールド型のイメージが定着してしまった。

これまでの走りを見る限り、距離はやはりマイルがベストだろう。
また、小回りの利く競馬場よりは東京のような広いコースが向いている。
順当に考えれば、次の勝負はかしわ記念ということになりそうだが、
果たして船橋は向くのだろうか。
もう一回ぐらい芝に戻っても良さそうな気はする。

3着 ユートピア
南部杯2勝馬も、同じダート・マイルのフェブラリーSでは8着、15着。
今回も苦しいと判断したが、内から伸びて3着に好走した。
あまり前に行かず、目標にされなかった分、余裕が出来たのかもしれない。
ユートピアの台頭を見抜けなかったことは個人的に悔しい。

入着馬にも一言ずつ・・・
ブルーコンコルドは距離が長いと思ったが、4着に健闘。
スプリント路線に戻ればまだまだ活躍できる。

ヴァーミリアンは5着。相手が一気に強化されただけに苦しかった。
これからもダート界では上位だろうが、トップクラスとは差がありそうだ。

なかなか見応えのあるレースで、非常に面白かった。
繰り返しになるが、カネヒキリのドバイでの走りを楽しみにしたい。

京都記念

1着 シックスセンス
「最強の1勝馬」ことシックスセンスがようやく2勝目を挙げた。
ハナ差決着という部分に、かつての称号の面影が感じられる。

シックスセンスも次走は世界戦。
4月に香港で行われるクイーンエリザベスⅡ世カップに出走する。
2000mの方がシックスセンスには合っているうえ、
好走歴のあるコースだけにこちらも期待できる。

2着 サクラセンチュリー 3着 マーブルチーフ 4着 シルクフェイマス
こちらは古馬中長距離重賞おなじみのメンバーが勢ぞろい。
今年の春に限って言えば、
天皇賞では厳しいだろうが、トライアルまでなら通用するだろう。
まだまだ長い付き合いになりそうだ。
a0029289_950153.jpg

[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-02-20 09:51 | 2006古馬GⅠ戦線
大混戦?フェブラリーS
今の東京ダートは先行馬が有利になっているが、
フェブラリーSには逃げ・先行馬が数多くエントリーしている。
トラックバイアスを重視するか、ペースを重視するかで予想がかなり変わってきそうだ。

◎カネヒキリ
東京ダート1600mには不安も残るが、地力では文句なしのナンバーワンだろう。
他馬に揉まれにくい外枠に入ったことで「もしも」の場合の影響も少なくなった。
ペースが速くなりそうなこともあり、かえって後ろから行ったほうが良さそうでもある。
芝での追い切りも成功といえ、順調に来ているカネヒキリを本命にする。

○ヴァーミリアン
前走の平安Sはタガノゲルニカの2着。
といっても、差はわずかで2頭はほぼ同じ力量とみていいだろう。
東京ダート1600m適性ではヴァ-ミリアンが上と判断し、対抗にした。

▲シ-キングザダイヤ
出走馬中、東京ダート1600m適性は最上位かもしれない。
少なくとも、シーキングザダイヤにとってはうってつけの舞台だろう。
安定勢力だけに、3連単の軸としても有力視できる。

△リミットレスビッド
芝短距離、ダートと2度目の路線変更で才能が開花した。
最近は呪縛が解けつつあるサンデー×テースト配合だけに、警戒しておきたい。

△アジュディミツオー
ちょうどいい位置につけられればおもしろい。
力的にはいいものを持っているので、軽視はしたくない。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-02-19 12:06 | 2006古馬GⅠ戦線
アドマイヤカリブ骨折
クロッカスステークス(OP)を勝ったアドマイヤカリブ(牡3 美浦・小島太厩舎)が骨折していることが明らかになった。病名は、右第3中足骨骨折。3ヶ月の休養が必要とみられる、とのこと。
ラジオNIKKEIより

これで、自分の2006POGは完全に終了と言える状況になった。
(キャプテンベガがいるが…)
POGを抜きにしても、NHKマイルカップの有力馬であっただけに、
戦線離脱は非常に残念。

有名どころでは、オンファイア、マルカシェンク、マッチレスバロー、パルジファルが
すでに故障で休養を余儀なくされている。
マルカシェンクはクラシックに間に合うらしいが、
後の3頭は絶望的だ。

ある程度早い時期だと割り切ることもできる。
しかし、クラシックへ向けて徐々に視界が開けてくる時期の故障発表はショックも大きい。

ケガを完全に防ぐことは不可能だとは分かっているが、
他の馬たちも何とか無事に走り切ってほしい。無事是名馬。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-02-16 09:01 | 2006クラシック戦線
ものさしレース ダイヤモンドS きさらぎ賞
昨日は東京で芝・3400mのダイヤモンドS、京都で3歳重賞のきさらぎ賞が行われた。

ダイヤモンドS

1着 マッキーマックス
好素質馬が待望の重賞初制覇。
道中はインで我慢し、直線で末脚を爆発させた。
なかなか鮮やかな勝ちっぷりで、天皇賞(春)でもおもしろいかもしれない。
有力馬の一頭としてちょっと注目してみたい。

5着 ファストタテヤマ 
天皇賞(春)に向けて良い負け方。
これで、阪神大賞典で惨敗してくれれば
ますます狙いたくなる。

6着 ハイアーゲーム 7着 フサイチアウステル 10着 オペラシチー 
人気3頭はいかにも距離が長い感じの負け方だった。
適距離に戻れば、巻き返すだろう。
ハイアーゲームは2400m近辺、
フサイチアウステルは2000m~2400m、
オペラシチーは2000m~3000m近辺、
が、それぞれの適距離ではないだろうか。
天皇賞(春)というより、金鯱賞、目黒記念がお似合い。


きさらぎ賞

1着ドリームパスポート
多くの人気馬は直線で外に持ち出したが、
ドリームパスポートは内でじっと我慢し、
直線では中段から脚を伸ばした。
アンカツの好騎乗もあってのこちらも鮮やかな勝ちっぷり。
JOYの馬が重賞を勝つのはトップコマンダー以来。
父フジキセキだけにトライアル馬に終わるかもしれないが、
本番でもソコソコ好走するはず。皐月賞が最も合いそう。

2着 メイショウサムソン 3着 マイネルスケルツィ 4着グロリアスウィーク
この辺りが今年のクラシック入着ラインではないだろうか。
特に、2着のメイショウサムソンはフサイチリシャールとも走っていて、
3歳牡馬の「物差し馬」的存在になっている。
3頭は本番前にあと一回は走るはず。
この馬たち相手に他馬がどういう走りをするか。
力関係をじっくり見極めたい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-02-13 13:16 | 2006古馬GⅠ戦線
だんだん春が見えてきた 共同通信杯
共同通信杯は2番人気のアドマイヤムーンが勝利。
上位も人気サイドで決まり、堅いレースになった。

1着 アドマイヤムーン
道中はフサイチリシャールを見ながらも、ショウナンタキオンをマークしていた。
直線に入ってからがアドマイヤムーンの本領発揮で、
粘るフサイチリシャールをゴール直前で交わした。
脚質を見る限り、皐月賞ではフサイチリシャールに分がありそうだが、ダービーではアドマイヤムーンが上回る。現時点でダービーに最も近い馬といっていいだろう。

2着 フサイチリシャール
粘り切るかに見えたが、さすがにそこまで甘くは無かった。
とは言っても、休み明けプラス12kg増を考慮すれば上々のすべり出しだろう。
今後は、クロフネ、タニノギムレット、キングカメハメハが成し遂げていない、
皐月賞→NHKマイルカップ→ダービーの春3冠を目指す。
最終決定ではないが、皐月賞では本命にしてみたい。

3着 マッチレスバロー
今回は様子見をしていたが、直線いい脚で追い込んできた。
脚が止まってしまったことは、やや気になるがこれからも活躍してくれるだろう。
距離適性は1600m~2000mまでか。
ダービーは苦しそうだが、皐月賞やNHKマイルカップでは上位に来れそうだ。

4着 ショウナンタキオン
上位3頭とは対照的に、ショウナンタキオンはクラシックが遠くなった。
道中はやや掛かっての中段待機で、結局マッチレスバローに及ばずの4着に終わった。
ここ2戦では新潟2歳Sで見せた脚が見られず、不完全燃焼ぎみ。
早熟型だと思うので、この春が勝負だろう。現時点での評価は、クラシック入着級まで。

今回有力馬が顔をそろえたことにより、牡馬クラシック戦線の勢力図が徐々に見えてきた。
春になれば、たんぱ杯勝ちのサクラメガワンダーや、ジャリスコライト、フサイチジャンクも出てくる。また、先日2勝目をあげたキャプテンベガもいる。

予想という観点で見れば、ディープインパクト一本被りだった昨年より面白くなりそうだ。
a0029289_13365525.jpg

[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-02-07 13:37 | 2006クラシック戦線
クラシックへの登竜門 共同通信杯
今年は例年以上の好メンバーが集結した。
予想うんぬん以上に、各馬がどんなレースをするかに注目してみたい。

◎フサイチリシャール
2歳王者がここから始動する。
東京・芝1800mは東スポ杯2歳sで経験済み、
斤量も57キロと耐えられるレベルにある。
そろそろ大舞台を見据えたレース運びを見てみたい。

○ショウナンタキオン
前走の朝日杯はいかにも不向きの印象で、4着に終わった。
直線が長く、ショウナンタキオンが持っている脚を活かせる東京で巻き返しを期待する。
ここで結果出す→トライアル、皐月賞でコケる→ダービーで挽回、
が、現時点でのショウナンタキオン予想図だ。

▲アドマイヤムーン
表舞台は歩んで来なかったが、各所各所で良いレースを続けている。
今回は武豊が乗るので、後ろから行く可能性が濃厚で、
上記2頭より後ろに居るのは不利と読み3番手評価にした。
結果を出したら、このまま武豊が乗るのだろうか。

△マルタカアーサー
迷いに迷って、4番手にはマルタカアーサーを選んだ。
1800m未満を使っている馬が多い中で、
マルタカアーサーは2000mを使ってきている。
距離経験がプラスに出るとみた。

他にも、芝よりダートに適性がありそうなブラックバースピンなど、
共同通信杯には不向きでも、これから活躍しそうな馬もいる。
今年の共同通信杯は出世レースになるかもしれない。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-02-04 13:31 | 2006クラシック戦線