<   2006年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
勇者誕生! メイショウサムソン ~2006日本ダービー~
第73回日本ダービーを制したのは皐月賞馬メイショウサムソン。見事、2冠馬に輝いた。

1着 メイショウサムソン
皐月賞同様、完璧なレースぶり。
アドマイヤメインを先に行かせ、道中、自身は絶好の位置をキープ。
直線入り口でスパートを始めると、余裕を持ってアドマイヤメインを交わした。

メイショウサムソンはもちろん強いが、それ以外にも、
内枠を引いたり、有利な馬場状態になったり、実力を発揮させやすいペースになったりと、運の強さも持ち合わせている。
「最も運の強い馬が勝つ」ダービーにはふさわしい馬だ。

そして、ダービーを勝つには成長力も欠かせない。
メイショウサムソンはきさらぎ賞からスプリングSの間に大きく成長したようだ。
オペラハウス×ダンシングブレーヴの奥の深そうな血統だけに、
さらに成長を遂げる可能性もある。

3冠達成へ王手をかけたメイショウサムソン。
いい脚を長く使える特性と、折り合いへの自信は、
菊花賞に向けて大きな剣となるだろう。

2着 アドマイヤメイン

メイショウサムソンが皐月賞なら、アドマイヤメインは青葉賞を再現するようなレースだった。
もっと飛ばすかと思いきやタメ逃げをし、終始後ろとつかず離れずの位置取り。
最後はメイショウサムソンに競り負けてしまったが、力はある。久々の強い逃げ馬。

アドマイヤメインもきさらぎ賞から3月初旬の500万下の間で馬が変わった。
スローで逃げるとかえって良くない。これからも緊張感のあるレースをつくってくれそうだ。

3着 ドリームパスポート

この馬はフジキセキと単純に考えない方がいいのかもしれない。
道中は後方に位置していたが、直線スルスルと抜けてきて結局3着。

さすがに2400mになると「こなす」程度かもしれないが、
マイルから2000m路線ではこれからも堅実に走り続けそうな馬。

ステイゴールドの近親だけに、しばらく善戦が続きそうな気配。

4着 マルカシェンク
7着 アドマイヤムーン
10着 サクラメガワンダー
11着 フサイチジャンク
14着 ジャリスコライト
敗れた馬たちは、コース取りが明暗を分けた。
マルカシェンクは内にうまく潜り込み、脚を伸ばしたが届かず。
順調には来られなかったにも関わらずの4着は健闘。
復調してくればまだまだ見限れない。むしろこれからの馬だろう。

アドマイヤムーンはマルカシェンクと対照的に内に入れてもらえなかった。
武豊は外が伸びないと判断したのか、
何度も内を突こうとしたが、馬群にもまれ失敗。

サクラメガワンダーとフサイチジャンク、そしてジャリスコライトは外に出した。
例年のダービーならここが最も伸びるコース。
しかし、今年に限ってはそうはならなかった。
4コーナーから直線の入り口、そして最後の直線は内に入れるかどうかの勝負になり、
3頭は外目の枠ということもあり、内に入ることができなかった。

この5頭は秋初戦が試金石。このまま消えるか、復活を遂げるか。
秋に備えて、じっくり英気を養ってほしい。


今年の春クラシック戦線はこれで幕を閉じた。秋を楽しみにしつつも、
さっそく来年のダービー馬探しにもとりかかりたい。

第74回日本ダービーへの戦いはすでに始まっている。
a0029289_0255094.jpg

[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-05-29 00:27 | 2006クラシック戦線
すべてはこの日のために ~第73回 日本ダービー~
今日はいよいよ日本ダービー。
本命をメイショウサムソンにするか、フサイチジャンクにするか最後の最後まで迷ったが、
選べる面白さがあった分、予想するのは楽しかった。

◎メイショウサムソン
これまでのVTRを見直しての第一印象
「メイショウサムソンはやっぱり強い」
を信じて本命にする。

先行馬がダービーでは来られないというのは正しくない。
実力馬が前に行っている時はそれなりに来ている上に、逃げ切りも数度ある。
(05年 インティライミ 03年ゼンノロブロイ 99年テイエムオペラオー 他)

97年のサニーブライアンや99年のテイエムオペラオーに似ているという声もあるが、
個人的には03年のネオユニヴァースに似ているように思う。(ローテーションも酷似)
あの馬はサンデー産駒だったが、斬れる脚はなくパワータイプだった。

とはいっても、テイエムオペラオーとイメージが被るのは否定しない。
しかし今年のダービーの馬場状態が、
99年のようなパンパンの良馬場ではないのは確実。
そうなると、アドマイヤベガのような馬が斬れる脚を使えるかどうかはわからず、
むしろ、前にいる馬が有利になる可能性が高い。

以上のような理由から、
1着の可能性は高いと踏んで、また、連に絡む可能性はさらに高いと踏んだ。

〇フサイチジャンク
重馬場が得意だったテイエムオペラオーは、
01年天皇賞でアグネスデジタルに完敗している。
そのアグネスデジタルのように
後方から飛んでくる馬がいるとすれば、フサイチジャンクだろう。

重馬場は若葉Sで経験済み。
東京替わりも皐月賞の走りを見れば、プラスに作用するだろう。
「皐月賞で末脚不発→ダービーで巻き返し」
はこれまで幾度となく繰り返されてきたパターン。

厳しくなる流れに対応できるかがカギ。

▲サクラメガワンダー
ラジオたんぱ杯1着→弥生賞4着→皐月賞6着→ダービー
のローテーションは03年ザッツザプレンティとソックリ。

あまり器用でないところも似ていて、ダービーで確実に着順を上げてくるタイプ。
実力上位馬中では最も人気が落ちているだけに、逆にココで狙ってみたい。

△アドマイヤムーン

アドマイヤムーンもフサイチジャンクと同じく、
「皐月賞で末脚不発→ダービーで巻き返し」パターンに該当する。
距離不安と成長力の点でフサイチジャンクには劣ると判断し△まで。

しかし、3番人気のダービー勝率は高く、
また、弥生賞を1番人気で勝った馬がダービーに出走した場合の勝率は100%など、
アドマイヤムーンに有利なデータは結構ある。

△ジャリスコライト

先ほど例にも出した、アグネスデジタルの弟であることは言わずもがな。
皐月賞は休み明けが響いた。
東京コースでは良績を残しているだけに、上位に来てもおかしくはない。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-05-28 00:56 | 2006クラシック戦線
シンデレラガール ~オークス馬カワカミプリンセス~
キングヘイロー産駒のカワカミプリンセスが無敗で樫の女王に輝いた。
今年はこういう地味目の馬が来る年なのか。

1着 カワカミプリンセス
無敗のオークス馬誕生。
ヤマニンファビュルが飛ばす中、
じっと後方で我慢し、最後にフサイチパンドラを交わした。
出走場中数少ない34秒台の上がりを持つ馬だったので、来ても不思議ではなく、
血統や陣営は地味だが、強いレースをした。
あのペースの中伸びて来るのは、相当力を持っていないと出来ない。
パドックであまり良く見えなかったこともあり、
今日はカワカミプリンセスの強さを見抜けなかった。完敗。

2着 フサイチパンドラ

高いポテンシャルをやっとフルに発揮できた。
今日はヤマニンファビュルが飛ばしてくれたおかげで、折り合いもついたのだろう。
ただ、最後はサンデー×(ヌレイエフ)らしくツメの甘さが出て、惜しい競馬だった。
フラワーC のように、自分からレースを作るのが理想のレース運び。
フサイチパンドラに関しては、スローペースで消し、ハイペースで買い
というフォームを取ることにする。ジャパンダートダービーにも行ってみてほしい。

3着 アサヒライジング
やはり桜花賞よりは上位に来た。
こちらも同型馬のヤマニンファビュルにお株をとられた格好になったが、
健闘した部類では?
紫苑Sでいかにも来そうなタイプなので、忘れずに買っておきたい。
(今日はアサヒライジングの複勝に救われた。感謝。)

4着アドマイヤキッス 6着キストゥヘブン
2頭とも最後は脚が止まってしまった。
アドマイヤキッスは例年なら届いていたかもしれないが、今年はペースが速かった。
2000mまでなら両馬とも対応できるだろう。(キストゥヘブンはギリギリ?)
秋華賞で巻き返しを期待したい。

競走中止 コイウタ
フジキセキ産駒を拾ったとたんにコレ。
応援していたブロンコーネも不利を被ってしまった。
症状は破行との事なので、大事に至らず何より。

来週は待ちに待った競馬の祭典日本ダービー。
このためだけに1年間生きているといっても過言ではない。
アドマイヤムーン、フサイチジャンク、メイショウサムソンの3頭から本命馬を選ぶ予定。

a0029289_055499.jpg

[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-05-22 00:10 | 2006クラシック戦線
オークスは晴れそう
今日はオークス。レベル疑問の声もあるが、例年並だと思う。
昨年と一昨年のレベルが高すぎた。

◎キストゥヘヴン
最初は桜花賞惨敗組から狙おうと考えていたが、
今年はその枠からのオークス出走馬がほとんどいない。
なので、素直に桜花賞馬キストゥヘヴンを本命に変更。
速い上がりもマークしているし、小さい馬でもある。
距離不安もささやかれているが、スローになれば問題ない。

〇コイウタ
フジキセキ産駒なので迷ったが、
皐月賞、NHKマイルカップでフジキセキが来ているので、ここでも印を回した。
関東馬のクイーンC 勝ち馬はオークスでよく来るパターン。
母父ドクターデヴィアスは04年のダイワエルシエーロと同じ。

▲ブロンコーネ

オークス出走馬の中で最も血統的魅力を感じる馬。
フローラS組ではいちばん伸びシロがありそう。

△アドマイヤキッス
切りたかったが、このメンバーで切るには忍びない。
スローになれば、サンデーはやっぱり怖い。

△ニシノフジムスメ
最近よく来る、桜花賞向きでないオークスタイプがニシノフジムスメ。
何だかんだ言っても、実績馬と結構いい勝負をしてきている。

今回は切る予想ではなく、拾う予想になった。こっちの方が、予想はしやすく、楽しい。
BOXで狙うのが確実?あとはアサヒライジングの複勝を少々。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-05-21 01:06 | 2006クラシック戦線
週間競馬ニュース 2006年5月3週 帰れないコスモバルク
コスモバルク帰国未定
話題提供には事欠かないコスモバルク。今回もひとネタ持っていた。
このニュースを聞いて、
「遠足は帰るまでが遠足ですよ」のフレーズが久しぶりに脳裏によぎった。
どうやら感染病の検査で引っかかったらしい。
(読売は陽性と報道していたが、これは誤報)
延期の理由は1次検査がスムーズに行かなかったための2次検査待ちとのこと。
とはいえ、もし感染しているとなるとかなり厄介で、
もう日本に帰ってこられない可能性が高い。
陰性でも宝塚記念に間に合わなかった場合は
アーリントンミリオンに行く計画があるそうだ。
宝塚に行ってもディープインパクトがいるわけで、勝てる見込みは少ない。
この際、思い切ってアーリントンミリオンにチャレンジしてみてほしい。

オークス枠順発表
オークスは東京の2400mなので、枠順による有利不利はほとんどない。
強いて言えば、フサイチパンドラは思い切って行けそうだ。
オッズ的にはアドマイヤキッスとキストゥヘヴンの2強?

『雪に願うこと』20日公開
昨年の東京国際映画賞で監督賞をはじめ、
数多くの賞を受賞した『雪に願うこと』が20日公開。
帯広競馬場が舞台の映画で、ばんえい競馬とそれをとりまく人間模様を描いている。
個人的に、好きな雰囲気の映画でもあるし、なんといっても競馬映画でもある。
なるべく早いうちに見ておきたい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-05-18 23:35 | 週間競馬ニュース
復活! ~ダンスインザムード&コスモバルク~
今日のGⅠは第一回ヴィクトリアマイル。
そして、シンガポールからのビッグニュースが。

1着 ダンスインザムード
直線に向いて内が空くと、一気に抜け出した。
今週も内が伸びる馬場で、内でじっと我慢した北村は完璧な乗り方をした。
1枠の恩恵をフルに活かしていた。パドックでもいい感じだった。
まだまだ穏やかになったとは言い難いが、
3歳時のような気性の悪さを見せることはなくなった。
これからもマイル路線では安定して力が出せそうだ。
安田記念はもちろん、今年の天皇賞・秋も買ってみたい。

2着 エアメサイア
よく頑張ったとは思うが、2着まで。
距離云々ではない、総合力ではエアメサイアが最も優れている。
距離が向くエリザベス女王杯で、スイープトウショウとの勝負が楽しみ。
伊藤雄厩舎なので、次走はクイーンSか札幌記念だろう。

3着 ディアデラノビア
ディアデラノビアも良く伸びていた。もう完全復活だろう。
今日のような超スロー+内枠有利では3着でも仕方ない。

上位3頭は牡馬と混じって戦っても結果が出せる実力の持ち主。
安田記念なり、宝塚記念なりにぜひ挑戦してほしい。

9着 ラインクラフト
ダンスインザムードとは対照的に、何もかもがラインクラフトに味方せず。
調子もあまり良くなかったようだ。
たらればになってしまうが、もう少し前で競馬をしてほしかった。
せっかくの好枠を活かすことができず、残念。

また、これもただの文句になってしまうかもしれないが、
この時期で内が有利というのはどうだろうか。

「内はコースロスがないが、その分伸びない」「外はコースロスがあるが、その分伸びる」
が、フェアなコンディションだと思う。
内枠を活かしたダンスインザムードを批判するわけでは決してなく、
それも見越した上で馬券を買う必要があるのは百も承知だが、
今のままだと、外に入った馬はそれだけでチャンスが無くなってしまう。
開幕週ならまだしも、せめてGⅠの時ぐらいは枠で泣く馬を無くして欲しい。


と、ここまで書いたところでコスモバルク優勝のニュースが入ってくる。

コスモバルクがシンガポール国際カップで優勝したとのこと。
これでまた日本馬が注目を集めるだろう。
ユートピアと同様、国内準トップクラスが勝ったことにも意義がある。

それに勝ったのは何と言ってもあのコスモバルク。
国内で結果が出せず、半分弾かれる格好になっただけにこれはとても嬉しい。
が、コスモバルクのこれまでのキャリアを考えたら、下手に言葉で表せるものでもない。

それでも、おめでとうコスモバルクと言ってあげたい。
本当に勝ててよかった。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-05-15 00:07 | 2006古馬GⅠ戦線
春の女王決定戦! ~ヴィクトリアマイル~
明日は記念すべき第一回のヴィクトリアマイル。
紆余曲折はあったものの、なかなか骨っぽいメンバーが集まった。

◎ラインクラフト
実績No.1のラインクラフトが本命。
NHKマイルカップで東京1600mは勝っている。
マイルCSで牡馬に混じっての3着の実績もある。
ただ、走ったことがないので何とも言えないが、馬場悪化が怖い。

〇ディアデラノビア
骨折休養明け以来、順調に復調しているディアディラノビアが対抗。
東京が最も向く競馬場だけにチャンスは十分。

▲ヤマニンアラバスタ
こちらも東京巧者。

△ダンスインザムード
実績からは落とせないが、ムラ馬なのでこの位置に。

△ヤマニンシュクル

期待馬。東京1600mは走ったことがないが、向くはず。
中距離よりマイルの方が良い。

あとはエアメサイアも予備で購入。

今回は論理よりは感覚に頼った予想になってしまった。
一日中降っていた雨が気がかり。どこまで馬場が回復するか。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-05-14 00:03 | 2006古馬GⅠ戦線
PS3は11月11日発売、FF13はPS3 ドラクエソードはwii
次世代DVD戦争の代理戦争でもある次世代ゲーム機戦争。
大方の予想通り、E3開幕に合わせて次世代機陣営に動きがあった。

PS311月11日発売 5万9800円
先陣を切ったのはソニーのプレステ3。11月11日の発売が決定した。
ソニーだけにやはりゾロ目。
11月上旬はクリスマス商戦に余裕をもって望める最後のチャンスだ。
価格は5万9800円から。
ゲーム機としては高いが、性能を考慮すると、仕方ない値段設定だろう。
価格は任天堂陣営にも影響を与える。wilはいくらに設定されるのか楽しみだ。


ハード面ではなく、ソフト面にも動きがあった。

FF13はPS3、ドラゴンクエストソードはwii
「FF XIII」はPS3向けに、「DQ」最新作はWiiに投入
FF12が発売されたばかりの中、早くも13の発売が決定。
ハード発表前にFF最新作が発表されるのは初めて。
この時期に発表ということは、かなり早い段階で発売される可能性が高い。
PS成功のキャスティングボードを握ったのはFFⅦ。
今回も同様の存在になれるだろうか。

一方、ドラクエ陣営は
(どちらも同じメーカーではあるが)
変化球で勝負してきた。
ドラクエソードは現在、おもちゃとして発売されている
「剣神ドラゴンクエスト 甦りし伝説の剣」
の続編に当たると思われる作品。
正式なドラゴンクエストの続編ではない。
しかし、ゲーム内容はWiiのコントローラの特性を活かしたもので、
化ける可能性があるのは「ドラクエ」の方だろう。

徐々に現実味を帯びてきた次世代ゲーム機。
果たして勝ち残るのはPS3か、wiiか、はたまた、Xbox360か。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-05-10 00:09 | ゲーム
週間競馬ニュース~2006年5月2週~ディープ凱旋門賞へ
月曜日なのに、競馬ニュースが盛りだくさん。

ディープインパクト凱旋門賞へ(netkeibaより)

キングジョージと凱旋門賞の両睨みだったディープインパクトは
凱旋門賞への遠征が決定。
宝塚記念をステップに、10月の凱旋門賞出走となる。
キングジョージも超一流のレースではあるが、凱旋門賞よりは劣る。
海外は1回で決めたいディープ陣営にとっては、凱旋門の方が好都合。
時間が空くことで、調整がスムーズに運びやすいこともあるのだろう。

これで一転、ガチガチのレースとなりそうな今年の宝塚記念は
阪神競馬場改装のため天皇賞と同じ京都競馬場。
京都競馬場に行ける人がうらやましい。

ちなみに宝塚記念→凱旋門賞のローテーションをとった馬はいそうでいない。
99年のスペシャルウィークは宝塚でグラスワンダーに完敗し、遠征を撤回。
02年のジャングルポケットは宝塚前に故障が判明し、宝塚も出走回避。
99年にはエルコンドルパサー、02年にはマンハッタンカフェと
それぞれ別の日本馬が凱旋門賞に出走している。

今年も、別路線からハーツクライが出走を予定。
順調に行けば、史上初の凱旋門賞日本馬2頭出しになる。
日本にとってはエルコンドルパサー以来のチャンス到来だ。

安田康彦騎手現役引退へ(netkeibaより)

最近見かけないなぁと思っていたところにこのニュース。
今後は未定とあるが、安田伊佐夫厩舎で何かやらないのだろうか。
GⅠでいえば、メイショウドトウは言わずもがなだが、
ファストタテヤマの02年菊花賞も渋かった。

ダービー騎乗馬決定 アドマイヤムーン→武豊、アドマイヤメイン→柴田善臣
(『ホースニュース馬』辻三蔵の辻説法)より

有力馬の鞍上が密かに決定。
武豊はムーンを降りると考えていたので、ちょっと意外だった。
武豊が乗っても切ろうと思っていたが、昨日の今日だけに迷う。
アドマイヤメインは昨日の今日だけに、バッサリ切る予定。
ちなみにフサイチリシャールにはボスが、
マルカシェンクには福永祐一がそれぞれ騎乗予定で、フサイチジャンクは引き続き岩田。
これでダービー予想図がだいぶ見えてきた。
アンカツ騎乗馬が決まれば、想定表は完成か。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-05-09 01:17 | 週間競馬ニュース
素直にマイル組を買えばいい?~NHKマイルカップ~
NHKマイルカップは武豊騎乗のロジックが勝利。
2着にはNZT2着のファイングレインが入って、馬券は中波乱。

1着 ロジック
武豊の好騎乗と馬の成長が勝因だろう。
当初先行型で、抜け出したところを後ろの馬に差されることが多かったロジック。
アーリントンカップからは差しに転じたが、今度は前を捕まえきれなくなった。
前に行けば差される、後ろにいれば届かないというのは典型的なジリ脚タイプの特徴。

今日は、差しに固執するわけでもなく、先行に徹するのでもない
内で我慢しつつも少し仕掛けを早める絶妙な乗り方で勝利した。
ロジックは重馬場が得意かどうかはわからないが、
他馬の切れる脚を封じた面で、雨もロジックに味方した。

馬の成長もある。
どうも単調なスピードタイプの早熟型が多い印象があるアグネスタキオン産駒だけに、
入着級までと判断していたが、前提自体が崩れてしまった。
強さにはまだ疑問が残るが、
シンザン記念時のようなツメの甘さやひ弱さは払拭されたと見ていい。

次走はダービーだろうか。
アグネスタキオン×(サクラユタカオー)の血統から考えると
適距離はマイルから2000mまでで、2400mは厳しいだろう。
陣営もここまでマイル中心のローテーションを組んできている。
もし出走してきた場合は割り引きとしたい。

2着 ファイングレイン
こちらもNZT組。ロジックとほとんど同じ競馬をしたが、惜しくも2着。
先行型にシフトしてから結果を出してきた。
やはり1400m~1600mまでが適距離か。

3着 キンシャサノキセキ

アンカツに追われて伸びてきた脚が良かった。
南半球産だけに現時点での完成度が問われるマイルカップは厳しいかともされていた。
しかし、見せ場たっぷりの3着。健闘したといっていい。
半年のハンデを克服して出走できたこと自体が、この馬の完成度が高かった証でもある。
この先、順調に成長してくればかなり面白い存在になりそう。非常に楽しみ。

6着 フサイチリシャール
今日も持ち味を活かせず、中途ハンパな負け方をしてしまった。
外に回してしまったことが悔やまれる。
自分でレースを作っていくタイプなので、主導権を握れないと勝てない。
アドマイヤメインなど、ダービーでも同型馬がいるので苦戦は必至。
ダービーよりも、ダートのユニコーンSを使ってみてほしい。


来週のGⅠも東京マイルのヴィクトリアマイル。
よっぽどのことがなければ、本命はラインクラフトの予定。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-05-08 00:02 | 2006クラシック戦線