<   2006年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
英雄復活 ~2006ジャパンカップ~
ジャパンカップはディープインパクトが快勝し、復活を遂げた。


ジャパンカップ


1着 ディープインパクト

レースがスローで運ぶなか、
ディープインパクトは最後方に位置し、自分のレースを進めた。
武豊は以前、スペシャルウィークがスランプに陥った際に、
「サンデーサイレンス産駒が気力を失いかけている時は、
あえて後ろでレースをして闘志を復活させる」と言っていたことがあり、
その言葉を彷彿とさせるレースだった。

スローで流れたこともありタイム、着差は広がっていないが、
上がりは33秒台で、接戦が多いジャパンカップでは完勝に入るだろう。

残りはあと1戦。有馬記念で勝てば、
シンボリルドルフ、テイエムオペラオーと並んでGⅠ7勝馬になる。

2着 ドリームパスポート

スローの流れがドリームパスポートには味方したが、あと1歩だった。
小回りも走る馬で、血統的にも、実績的も有馬記念でも問題はなさそう。
馬券的にはドリームパスポートにようやくこれまでの借りが返せた。

3着 ウィジャボード 4着 コスモバルク
ウィジャボードはドリームパスポートを追い詰めるも、及ばず。
とはいえさすがの走りで香港ヴァーズでは強敵になるだろう。

コスモバルクは積極的にレースをつくり4着。
今日は超1線級相手で少し苦しかったが、
有馬記念でも同様の積極的なレース運びをしてほしい。

5着 フサイチパンドラ 6着 メイショウサムソン

ジャパンカップは世代間の力を測るものさしレースでもある。
3歳牝馬のフサイチパンドラは5着に入り、これは頑張った部類に入るだろう。
やはり3歳牝馬のトップ勢は強く、牡馬ともじゅうぶん戦える力がある。
1頭だけでなく、役者が揃っているのも今年の3歳牝馬勢の魅力なので、
カワカミプリンセスを筆頭にこれからも期待したい。

メイショウサムソンはここ2戦不完全燃焼のレースが続いている。
秋以降馬体が緩いことと、
以前のように前に行く戦法をとっていないのが気に掛かる。
できるだけ前に行って、勝負根性を活かし粘りこむのが、
メイショウサムソンの必勝パターンなので、
有馬記念では前でレースをしてほしい。
中山の皐月賞も勝っているし、血統的も有馬記念は向くだろう。
これに懲りず、有馬記念でも印をつけたい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-11-27 00:01 | 2006古馬GⅠ戦線
現役最強馬決定戦ROUND1~2006ジャパンカップ~
絞って買うレースであることは明白ながらも、
なかなか絞りきれず、予想以上に悩んでしまった。

ジャパンカップ

◎ディープインパクト
実績はハーツクライと並んで世界トップクラスで、もちろん日本競馬への適性もある。
状態面や仕上げ過程で少し不安もあるが、実力的には申し分ない。
速い馬場にも対応でき、上がり勝負も臨むところ。
名勝負を期待したい。

〇ハーツクライ

ディープインパクトとは人気ほど差はないだろうが、
休み明けを考慮して少し評価を下げた。
キングジョージの時も休み明けを敗因の一つに挙げていたし、
7月から走っていないというのは、いくらジャパンカップに照準を合わせていたとしても、
ちょっと間隔を空けすぎな気がする。末に影響しなければいいが。

▲ドリームパスポート

高速馬場への適性と母父トニービンでドリームパスポートに▲をつけた。
この世代はネオユニヴァース世代のように、
上位クラスはあまり差がないのかもしれない。
そうなれば、GⅠ勝ちは無いとしても、
ドリームパスポートにチャンスがあってもおかしくない。

△ウィジャボード
外国馬は芝2000mで活躍している馬を買うのがジャパンカップでの鉄則。
昨年のアルカセットも芝2000mで実績がある馬だった。
今年この条件に当てはまるのはウィジャボードのみ。

△メイショウサムソン

ドリームパスポートと対照的に高速馬場への不安と、
スローになりそうなので評価を下げた。
馬場に適応できないわけではないだろうが、
速い馬場で本領を発揮するタイプでないのは明らか。
一流馬の中ではそれでも通用するかもしれないが、
超一流馬ばかりが揃うジャパンカップでは遅れをとる可能性がある。
01年のテイエムオペラオーも、3歳のジャングルポケットに差し切られている。

配当を考えると、印はつけても、
買えるのは上位3頭までという感じがする。
最近は手広く勝負に出ていたので、絞って買うのは久しぶり。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-11-26 10:36 | 2006古馬GⅠ戦線
超新星アロンダイト~2006ジャパンカップダート~
内からアロンダイトがスルスル抜けてきた時は、さすがに驚いてしまいました。

ジャパンカップダート

1着 アロンダイト
直線に入るまでは後方で我慢し、直線で一気に伸びてきた。
さすがに1600万上がりでは苦しいと考えていたが、
内から伸びてきた脚は強さを感じさせた。
後藤もアロンダイトの素質を見抜いていたようで、完璧な騎乗だった。
てっきりこの世代のダート馬は、
フラムドパシオンだけに注意しておけばいいと思っていたが、
どうやらそれは間違っていたよう。
年内にあと1度は走ると思うので、それでアロンダイトを手の内に入れたい。

2着 シーキングザダイヤ
直線半ばまでは勝ちパターンだったが、そこから先ではいつもの指定席が待っていた。
シーキングザダイヤは叩き合いに弱いので、勝つためには大外から追い込むなど、
思いきった乗り方が必要になってくる。
惨敗覚悟で勝負に出るか、安全第一で今回のような王道策を採るかのどちらかだろう。

3着  フィールドルージュ
この馬なりに頑張った。
武蔵野SやアンタレスSでの好走をプラスにとったのは正解だったよう。
地方GⅢあたりだったら、楽に勝てる力はある。

今年のJCダートで得た教訓は2つ。
1つめは、「内有利」
これは前々から言われていたことだし、なによりアロンダイトの伸びを見て確信した。
今年は半信半疑だったが、来年からは重要なファクターの1つとしたい。
2つめは「×地方ダート交流長距離組 〇1600m&1700m路線組」
これも前々から言われていたことで、
JCダートはスタミナよりスピードを要求されるレースなのだろう。
今年もこのパターンだった。

冒頭にも書いたようにまさか3歳馬が勝つとは思わなかった。
エリ女&マイルCS、さらにさかのぼれば天皇賞(秋)でも3歳馬が健闘している。
これはジャパンカップにも当てはまる可能性が高い。
もう一度予想を組み直してみたい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-11-26 01:29 | 2006古馬GⅠ戦線
鬼の居ぬ間に…~2006ジャパンカップダート~
上位3頭までの印はスンナリ決まったが、そこから先でかなり悩んでしまいました。
これまでの実績を考えれば、上位陣で決まっておかしくはないハズ…。

ジャパンカップダート

◎シーキングザダイヤ
まさかジャパンカップダートで、
シーキングザダイヤに◎を打つ日が来るとは思わなかった。

2着グセは相変わらずで、今回も勝つかどうかはイマイチ信用に欠けるが、
プラスに考えれば、連は堅いということと、
出走メンバー中どう見ても実績トップを考慮して本命。
ここで勝てなかったら、もうGⅠを獲れるチャンスはなさそう。

〇サンライズバッカス
一時期低迷していた時期があったが、
復活の兆しがあるサンライズバッカスが対抗。
JCダートと関係の深い武蔵野Sで2年連続連対しているし、
昨年のJCダートでも差のないレースをしている。
追えるアンカツへのスイッチもプラスに出るはず。力走に期待。

▲ヴァーミリアン
対抗にしても良かったが、やはり休み明けが引っ掛かり印を下げた。
JCダートは内枠が良く来るし、フェブラリーSの時にルメールが
「距離が短い」と言っていたので、今回のシチュエーションは、
ヴァーミリアンに最適な舞台だろう。
あとは休み明けでどれだけ実力が発揮できるか。

△フィールドルージュ
内枠が来ると言っておきながら、大外枠の馬に印をつけているが、
それは成績を評価したから。
武蔵野SやアンタレスSなど、JCダートと繋がりのある重賞で好走している。

△アロンダイト

最後は3歳馬。
ローテーションが2年前のハードクリスタルに似ていて、
ちょっと手を出してみたい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-11-25 01:18 | 2006古馬GⅠ戦線
完全勝利!ダイワメジャー ~2006マイルチャンピオンシップ~
マイルチャンピオンシップ

1着 ダイワメジャー
天皇賞と同じく、早めに抜け出してそのまま粘り込む形で、ダイワメジャーが快勝。
あれだけ完璧な走りをされてしまっては、他馬はちょっと厳しい。
さて、例年のマイルCS勝ち馬は香港に行っているが、ダイワメジャーは?

今までは適性と展開を自分のモノにして、レースを勝ってきたが、
香港となるとアウェーでの戦いになる。
パワーがある馬なので、香港の馬場も苦にしないだろうが、
果たしてどこまでやれるだろうか。

有馬記念でも今なら走れるのでは?
あのレースはコーナーを何度も回るので、
案外距離は関係なかったりする。

2着 ダンスインザムード

こちらは予想通りの復権。
次走で引退で、しかもラストランが香港なので、
回顧してもあまり意味がない。
相変わらずマイルでは強い馬だし、
やはりダンスインザムードにはスピード勝負が合う。
香港でも頑張ってほしい。

3着 シンボリグラン
シンボリグランの台頭を見抜けなかったのが、今回の反省点。
スワンSは1着になった馬は来ないが、
いかにもトライアル的な走りをした2着、3着馬がソコソコ来る。
そのデータは知っていたが、
シンボリグランは短距離を中心に使われていたので、
食指が動かなかった。
シンボリグランについてはもっと勉強しないといけない。

あと気になるのが、3歳馬がわりと頑張ったことがある。
ロジックはコケたが、後の馬は結構健闘している。
ステキシンスケクンも短距離に戻れば巻き返すだろう。
今年のマイル路線は、香港のブリッシュラックや、
中距離路線のダイワメジャーに侵食を許したが、
3歳馬が順調に成長してくれば来年は楽しめるようになるかもしれない。

来週はジャパンカップウィーク。
ダートは明らかに小粒なメンバーで、やや物足りないが、
ジャパンカップはディープインパクトVSハーツクライの
約1年ぶりの対戦が実現。
果たして勝つのは、どちらの馬か。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-11-20 00:16 | 2006古馬GⅠ戦線
バランス馬を探そう ~2006マイルチャンピオンシップ~
マイルチャンピオンシップはバランス馬が強い。
スピードだけでは勝てず、底力や1ハロン踏ん張るスタミナが必要になる。

マイルチャンピオンシップ

◎ダイワメジャー
素直にダイワメジャーが本命。
マイルCSと、皐月賞や1800m重賞の相性は良く、
スピードと共に底力が問われるため、ノーザンダンサーの血が入った馬も良く来る。
昨年連対した実績もあるので、切る要素はなし。

〇ダンスインザムード
今回、感触としてはあまり〇以下に差を感じない。
比較的前で勝負ができることと、
馬場が悪くなっても走れることを考えて、
ダンスインザムードを対抗にした。
武豊スイッチが吉と出るか凶と出るか。

▲コートマスターピース

本当に日本の馬場に合うかはわからないが、実績はあるし、
何より鞍上デットーリが不気味。
また、雨歓迎のタイプだろう。

△ハットトリック

今年に入ってから全くいいところがないが、
昨年も毎日王冠9着→天皇賞(秋)7着からの参戦で、
勝ってしまったので侮れない。
京都巧者でもあり、注意はしておきたい。

△マルカシェンク
3歳馬の中からは、
唯一2000m近辺で走っているという理由からマルカシェンクを選択した。
マルカシェンクも京都で走るタイプで、なおかつ適距離と思われる
マイルなので、化ける可能性はある。

△デアリングハート

あまり外枠が得意な鞍上ではないので、
積極的には買えはしないが、馬はマイルCSに適性がありそうなので、
押さえの1頭に念のため入れておきたい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-11-18 23:58 | 2006古馬GⅠ戦線
2007年度 競馬開催日程発表
昨日2007年度の日程が発表された。
一言でまとめれば、「国際化」といえるだろう。
主要な変更点をまとめてみました。

・有馬記念、フェブラリーS 国際競走へ

→パート1入りするためには国際競走の数を増やさなければならないので、
 それを受けての措置。来る来ない以前に、まずドアを空けておく必要がある。

・外国産馬クラシック出走枠拡大

→今年の最大の変更点は指定トライアルで決まった着順以上に入れば、
 本番でも出走できるようになった。あと5年ぐらいで完全開放か。

・地方馬のGⅠ出走資格拡大
→別名コスモバルクルール。
 正直、今年からやってくれればとも思うが、今それを言っても仕方がない。

・各重賞の距離変更

→コース改修が行われている阪神重賞がほとんど。
 特に3歳重賞で変更が多い。
 毎日杯は意図がよくわからないが、
 ローズSはマイラーも活躍できるようにとの趣旨?
 神戸新聞杯は勝った馬が菊花賞で全く来ないということにJRAも気づいたのだろう。
 神戸新聞杯でいい感じで負けた馬を菊花賞で狙うのが、ここ数年のセオリーだったが、
 どうやら来年以降その手は使えなくなりそうで、残念。

昨年に比べれば変更は少ない。中身も大方賛成ができる。

さて、今日はディープインパクト裁定発表の日。
どれだけのメディアが伝え、どんな報道をするか注目している。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-11-16 12:47 | 競馬
天国と地獄~2006エリザベス女王杯~
エリザベス女王杯は堅く収まりそうだったので、
こちらも手堅く勝負に出たが、まさかの波乱決着になった。

エリザベス女王杯

1着 フサイチパンドラ
初期のフサイチパンドラは完全な逃げ馬だったが、
秋に入ってからはシェルズレイが毎度飛ばしてくれることもあって、
先行馬としての走りができるようになっている。
今回も先行馬としてレースを進め、結果を出した。
カワカミプリンセスの強さが抜けてしまったので、今となってはあまり目立たないが、
昨年の今頃、大物だと騒がれていたのはフサイチパンドラの方だった。
血統的に早熟ではないし、古馬になってからも活躍するだろう。

春からフサイチパンドラに「ダートを使え」と言い続けていた
自分の願いが聞き入れられたわけではないだろうが、
フサイチパンドラはジャパンカップと共に、
ジャパンカップダートにも登録しているので、ぜひダートに参戦してほしい。

2着 スイープトウショウ
京都大賞典のように内から来ると考えていたが、大外から突っ込んできた。
以前のスイープトウショウだったら、
あそこから抜けてきてもおかしくはないので、
得意のスローにならなかったとはいえ、やはり衰えがあるのかもしれない。
もう一度、あの脚をGⅠで見たかった。

3着 ディアデラノビア
ディアデラノビアは脚があるが、決め手はなく、5戦連続の3着まで。
乗り方にもうひと捻り必要なのかもしれない。
使える脚が短そうなので、
向くと思われる東京や京都はかえって向かないのかもしれない。

1位入線 12着降着 カワカミプリンセス

斜行以外は完璧なレースだったので、非常に残念。
ただ、カワカミプリンセスの強さは変わりなし。
これで勝てば、全盛期のファインモーション以上だと踏んでいたが、
そこまでの評価はとりあえず据え置きにする。
スイープトウショウが牡馬とじゅうぶん戦えていることを考えると、
カワカミプリンセスはそれ以上の勝負ができる可能性が高い。
さすがに天皇賞(春)は長いだろうが、来年の宝塚記念は楽しみ。
ムリはしないでほしいが、欲を言えばその前に有馬記念でも走ってほしい。
一回、ディープインパクト、ハーツクライと戦っている姿が見てみたい。

カワカミプリンセスが来ていれば、予想もほぼ完璧だったので、
制裁には納得しているが、今回の結果は個人的にも残念だし、無念。

来年のヴィクトリアマイルでの再戦に期待したい。、
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-11-13 23:51 | 2006古馬GⅠ戦線
古馬か3歳馬か~2006エリザベス女王杯~
ザサンデーフサイチが骨折判明。
エアグルーヴの子どもはただでさえ脚が弱いのに、
そこにダンスインザダークを掛けるのはどうかと思っていたが、残念な結果。

高い馬だけあって、一般ニュースでも扱われていた。
この馬はデビュー戦を見た限り、ダンスインザダーク丸出しなので、
走る時期が遅くなってもしぶとく活躍しそう。
今年の2歳馬は結構強い印象があるし、
毎年言ってますが、どの馬もクラシックまでは無事是名馬でいってほしい。

さて、エリザベス女王杯では、3歳馬中心にするのか、古馬中心にするのかいつも悩む。
今年は悩んだ挙げ句、折衷型で勝負することにしました。

エリザベス女王杯

◎カワカミプリンセス
無敗の3歳女王が本命。
オークスのタイムが速かったことと、秋華賞の勝ち方を重視した。
エリザベス女王杯は桜花賞よりもオークス寄りのレースになり、
スタミナが問われるレースになるので、カワカミプリンセスに向く可能性が高い。
2キロ軽いのも、カワカミプリンセス他3歳馬にしてみれば追い風になる。

〇スイープトウショウ
天皇賞で負けたことが減点材料になっているが、
昨年も同じようなローテーションだった。
京都大賞典で快勝しており、京都コースへの適性は問題ない。
カワカミプリンセスと同じくダンシングブレーヴの血を引いていて、
似たような面もあるので、セットで来ると踏んで対抗にした。

▲フサイチパンドラ
フサイチパンドラは01年の勝ち馬、トゥザヴィクトリーと父、母父が同じ。
これまでの戦績も似たようなもので、本質は同じなのかもしれない。
アサヒライジングと迷ったが、オークスで先着したことを考慮して、
フサイチパンドラを上位にした。
ある程度引き離して逃げ、粘る競馬が理想の展開。

△ディアデラノビア
今年に入って、復調気配のディアデラノビア。
ただ、3着続きでイマイチ勝ちきれていないので、
GⅠのここで着順を上げるのは難しいと考え、印は控えめにした。
後ろから突っ込んできての3着のイメージがある。

△アサヒライジング
最後は脚質に幅が出てきたアサヒライジング。
やはり勝ち切るイメージはないが、大崩れするイメージもない。
この馬はスローで穏便に逃げた方が良いタイプなので、
秋華賞よりはエリザベス女王杯の方が向きそう。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-11-12 10:15 | 2006古馬GⅠ戦線
豪・メルボルンC デルタブルース1着 ポップロック2着
つい先ほど、オーストラリアでメルボルンCが行われ、
デルタブルース1着、ポップロック2着の日本勢ワンツーフィニッシュを決めた。

メルボルンC

1着 デルタブルース 2着ポップロック
レースは見た限りではかなりのスローペースの展開になった。
デルタブルースはスタートが良く、そのまま先行集団につけてレースを進め、
ポップロックは中段につける。
そのままの態勢で3コーナー過ぎまでレースが進み、ここでデルタブルースが動く。
4コーナーではデルタブルースが先頭に立ち、直線でリードを広げる。
デルタブルースがセーフティーリードを保ち、このまま押し切るかに見えたが、
直線中ほどまで来たところで、ポップロックも外から伸びてくる。
残り200m手前からは2頭の叩き合いになり、そのままゴール。
結果、アタマ差でデルタブルースが勝ち、ポップロックは惜しい2着。
3着のメイビーベターを(これも目測)5馬身ほど離していて、
レース終盤は完全に2頭のマッチレースになった。

今回のメルボルンCに出走する日本馬は前哨戦で健闘していて本番でも人気もあったので、
そこそこやれるかなと思ってはいたが、これは予想以上の結果。
デルタブルースのレースぶりは自身の菊花賞や、
岩田が勝ったJBCクラシックとよく似ていて、
持ち味を完全に活かし切ったレースだった。
ポップロックは軽ハンデに加え、オリヴァーが乗ったことも効いたのかもしれない。

シンガポールのコスモバルクと同様、
2番手クラスの馬で十分勝負になっているのが、
今年の海外遠征の特徴だろう。
(逆にディープインパクト、ハーツクライらトップクラス勢は結果が出ていない)

これは海外遠征の際に、その馬が持つ実力と同じぐらい、
適性が重要だという一つの証明では?とも感じる。
日本馬が遠征する場合、適性は二の次で、
実力さえあればどこでも通用するというのが、一般的な常識になっている。
しかし、単に実力があっても通用しないことは今年の凱旋門賞でも明らかになったし、
何も海外に目を向けずとも、ジャパンカップで毎年目にしている光景でもある。

これからはその馬が持つ実力と同じぐらい、適性も考慮した上で、
有力馬(重賞クラス)を擁する各陣営には、
角居厩舎のようにぜひ海外遠征に積極的にチャレンジしていってほしい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-11-07 15:09 | 2006古馬GⅠ戦線