<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
完全復活! メイショウサムソン ~2007天皇賞(春)~
さっぱり分からない天皇賞だと書いていたが、それを象徴するサッパリな結果に…。
とはいえ復習はきちんとします。こういう時こそ、復習が大事ですからね。

天皇賞(春)

1着 メイショウサムソン
4コーナーで先頭に立ち、そのまま押し切る、
メイショウサムソンの持ち味を活かしきった騎乗で勝利。

メイショウサムソンについては勝ってはならないとされていた、
産経大阪杯を勝ってきたので、今回は切ってしまった。
それに、菊花賞で負けていることからくる距離不安もあった。

考えられる勝因としては、レースの流れとペースがある。
ユメノシルシが逃げることには逃げたが、
流れはわりと落ち着いていて、メイショウサムソンが得意とする、
ゆったりとギアチェンジができるレースだった。
自ら動いて4コーナーで先頭に立ち、
そのまま粘りきったのが、何よりの証拠だろう。

ペースに関してもほぼ同様の趣旨。
菊花賞はアドマイヤメインが飛ばし、レコードが出た。
今回もかなり時計は早いが、もともと時計が出る馬場、
つまりどんな馬でもある程度早い時計で走れる馬場であったことと、
菊花賞のようなハイペースでなかったことが、
メイショウサムソンには味方したと思われる。

血統的には距離不安は心配ないかもしれないが、
ペースや、レースの流れによって、
出せるパフォーマンスが大きく変わってくる血統であることは確か。
長距離は距離が長い分だけ、レースの流れにブレが生じる。
一方2000m近辺の中距離はハイ、スローと言えども、
ある程度の範囲内に収まり、長距離ほどのブレはない。

メイショウサムソンは走れる「流れ」の幅が限られているので、
長距離ベタ、かつ中距離馬と見られがちだが、
実際にはレースの流れに大きく左右されるというのが真実で、
中距離はブレが少ないので、安定して走ってこれたのだろう。

同じオペラハウス産駒のテイエムオペラオーも似たタイプだった。
あの馬は周りのメンバーがほとんど変わらなかったので、
毎回安定したレースが出来た。

このテの馬は、馬自身の力や調子がどうかよりも、
「その馬が走ってくる流れになるか」を読むことの方が重要になる。
基本的にサンデーと一緒に走るケースは少ない。
むしろサンデーがコケるレースで台頭するケースが目立つ。
こう考えると、距離には不安が無かった、
昨年のジャパンカップや有馬記念で負けた理由がよく分かる。
ディープインパクトが勝つようなレースは、
必然的にメイショウサムソンには全く向かない流れになるからだ。

ここまでの話は当たり前と言えば当たり前の話になるが、
メイショウサムソンに関しては昨年の秋以降走っていなかったり、
馬体が減らないなどの事情に惑わされ、
根本的な理解にまで至っていなかった。
そういえばテイエムオペラオーも3歳の秋は不振といえば不振だった。
この2頭はやはり似たモノをもっているのかもしれない。

今回の天皇賞はメイショウサムソン、
そしてヨーロッパ血統の原点に立ち返らせてくれる良い機会になった。
馬券は外れたが、復習の機会を提供してくれたメイショウサムソンには感謝したい。

2着 エリモエクスパイア

エリモエクスパイアはアッサリ切ったようで、結構取捨に迷った馬だった。
だから「来年狙おう」と書いていたのだが、早くも来てしまった。
戦績を分析すると、京都でやたら走っているのが目に付く。
次に狙うべきは秋の京都大賞典。

4着 アイポッパー
1番人気なので一応触れておこう。
敗因はただ単純に、位置取りと仕掛けが遅かっただけか。

アンカツはスズカマンボで好騎乗をしたかと思えば、
ザッツザプレンティで不可解な騎乗をしたりで、
天皇賞が上手いのだか、下手なのだかよく分からない。
もともと人気馬をそのまま持ってくるタイプのジョッキーではないので、
人気薄の時に注意しておくのが、セオリーか。

今回の天皇賞最大の収穫は、メイショウサムソン研究でした。
宝塚記念ではこの成果を存分に活かしてみたい。
あと、昨年のように海外路線も期待したいところ。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-04-29 16:49 | 2007古馬GⅠ戦線
さっぱりわからないので消去法的予想 ~2007天皇賞(春)~
例年通り、さっぱりわからない今年の天皇賞。
なので、今回は予想の方法を変えてみたい。
どんどん切っていって残った馬をボックスで買う、消去法的予想です。

切る馬
・ユメノシルシ
⇒実績不足だと思う。
 毎年天皇賞は荒れているが、それでも重賞勝ち負けレベルが来ている。
 1600万上がりで58キロはさすがに厳しいと読む。
・アドマイヤモナーク
⇒同上。血統的には面白いが、重賞レベルでは足踏みが続いている。
・メイショウサムソン
⇒鬼門である産経大阪杯を勝ってきているので。ネオユニヴァースとダブる。
・ウイングランツ
⇒この馬も重賞実績に欠ける。夏馬の気配も漂い、春はどうか。
・マイソールサウンド
⇒重賞成績はあるが、明らかにピークを過ぎている。
・エリモエクスパイア
⇒ダイヤモンドSでは好走しているが、日経賞で負けすぎている。
 狙い目は来年か。

現時点で残っている9頭
サンデーサイレンス産駒
・マツリダゴッホ(4)
・トウカイエリート(13)

ダンスインザダーク産駒
・デルタブルース(3)
・ファストタテヤマ(9)
・ダークメッセージ(8)

サッカーボーイ産駒
・アイポッパー(1)

ティンバーカントリー産駒
・トウショウナイト(7)

エルコンドルパサー産駒
・トウカイトリック(5)

マーベラスサンデー産駒
・ネヴァブション(6)

ここから前走3着以内という条件を加えてさらに絞ってみると6頭になった。
(2004年以降、前走連対馬が本番で来ているため)
残った6頭
・マツリダゴッホ
・ダークメッセージ
・トウショウナイト
・トウカイトリック
・ネヴァブション
・アイポッパー


ということで今年の天皇賞はこの6頭のボックスで勝負します。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-04-29 11:43 | 2007古馬GⅠ戦線
2007年皐月賞≒2002年皐月賞だった
予想では今年の皐月賞は2001年に似ている、
との仮説を持っていましたが、結果としては2002年の皐月賞に近い結果に。

アドマイヤ、フサイチが勝負所でモタモタしているのを見て、
「2002年の再現かも?」と薄々感じ始め、
直線でフサイチホウオーが突っ込んでくる様子を見て、
「あっ、これはタニノギムレットだ」と確信を持ちました
2002年皐月賞

皐月賞

1着 ヴィクトリー

気性が難しいというヴィクトリー、
2コーナー付近でハナに立ってレースを作り、結局そのまま押し切った。
気性が悪いだけに、逃げたのが正解だった。
ブライアンズタイム×トニービンなので、根性と長い脚を使えるのが最大の強みで、
逃げ+叩き合いでその強みが十二分に発揮された。

今回はノーマークと言うわけではなかったものの、手は出しにくかった。
しかし、例年皐月賞で穴を空けるのは、ヴィクトリーのような重戦車タイプが多い。

97年 サニーブライアン
99年 テイエムオペラオー
02年 ノーリーズン
04年 ダイワメジャー
06年 メイショウサムソン
07年 ヴィクトリー

こうして並べて見ると、
買えなくはないが、ちょっと足りないかな(当時)と思わせる馬ばかり。
関西のトライアル組+前に行く馬に要注意だということを再認識した。
来年はこの知識を使えるレベルに持っていきたい。

ヴィクトリーは今日のようなレースができれば、ダービーでも走ってくるだろう。
血統的にもむしろダービーの方が良さそうだ。

2着 サンツェッペリン
この馬に関してはあまりマークしてこなかったので、正直よくわからない。
今回の力走の要因は、ヴィクトリーと一緒にレースを作ったことだと考えていて、
実力としては上位馬の中では数段劣ると見ている。

ダービーよりはトライアルで買おうと思っていたが、
この着順では間違いなく直行だろう。
ダービーでは5着ぐらいでしょうか。

3着 フサイチホウオー
フサイチホウオーはやはり父と同じレースをしてしまった。
しかしフサイチホウオーの追い込みはさすがで、
父ジャングルポケットやタニノギムレットを彷彿とさせた。
あの脚を見る限り、次はまず間違いないだろう。
ダービーではフサイチホウオーを本命にする。
あとはNHKマイルカップに行かないことを祈るのみ。

4着 アドマイヤオーラ

4コーナーでもかなり後方に位置し、かつ内に入れていたので、
「これは厳しいかも」と見ていたが、案の定届かなかった。

素直に弥生賞と同じように乗ってもらえば良かったのだが、
どうしてあんなに後ろにいたのだろうか。
フサイチホウオーを後ろでマークしていたのが不可解だった。

使える脚の長さではアドマイヤオーラは不利になる。
しかしその分鋭さや反応では勝っているのだから、
フサイチホウオーより前に位置し、先週の桜花賞のように早めに出し抜くのが
理想のレース運びだろう。疑問が残る乗り方だった。

今年の皐月賞は既視感のレースで、
終わってみれば「こんな結果もあるかも」と思わせるものになったが、
それを現実に当てるのはなかなか難しい。

さて、来週は東京開催。スタンドがようやく完成しました。
ジョッキーマスターズを筆頭に面白いイベントがたくさんあるので、
久しぶりに競馬場に行ってみようと思います・。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-04-16 00:17 | 2007クラシック戦線
2007年皐月賞≒2001年皐月賞? ~2007皐月賞~
2001年クラシック世代の産駒が多く登場し、2001年の再現か?と思っていたら、
フサイチホウオーとアドマイヤオーラが1枠、7枠に入ってさらに驚いた。

皐月賞

◎アドマイヤオーラ
皐月賞向きはやはりアドマイヤオーラだろう。
武豊は弥生賞でわざと脚を測るように乗るが、
今回の場合は早めに仕掛け、皐月賞を見据えた乗り方だった。
鋭く、器用な脚も中山向きで、ダービーではなく皐月賞でこそ買いたいタイプ。

〇ローレルゲレイロ

ダンツフレームのイメージで選んでみた。
ドリームパスポートにも似ているような気がする。
鞍上から考えても、内枠はプラスになるだろう。


▲ナムラマース

使い方や戦績を見ると、
どうもダービーよりは皐月賞向きというタイプ。
ここと京都新聞杯で走ってほしい。

△フライングアップル
GⅠで武豊を本命にするのなら、横山典もセットで買う、
というのが昨年学んだ最大の教訓。

△フサイチホウオー
ようやくこの位置に登場。
念には念を入れて押さえまで。

今年は結構面白いメンバーが揃ったなぁ、
という印象が強い。先週はほとんど選択の余地が無かっただけに、
今年の皐月賞は予想が楽しかった。
アドマイヤオーラとフサイチホウオーの一騎打ちを期待したい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-04-15 13:00 | 2007クラシック戦線
3強対決! ~2007桜花賞~
いよいよクラシックが開幕です。
そして今週は今年からJpnⅠとなった桜花賞。
やはり3強が抜けているか。

桜花賞

◎ウオッカ
やはりウオッカは抜けているだろう。
3歳馬の阪神1600m時計ランキングで、
1~3位のレースはすべてウオッカが勝ったレース。

勝ちっぷりも余裕があるし、勝ってきた相手もトップクラス馬だけに、
死角もほぼ無いと思われる。スムーズに外を回ればまず勝てるだろう。


〇ダイワスカーレット

近年の桜花賞は1200m寄りの馬より、
1800m寄りの馬の方が走るようになっている。
魔の桜花賞ペースが消えたからだ。
ダイワスカーレットは中京2歳Sで1800mを経験している。
しかも勝った相手はアドマイヤオーラで、レースレベルも高かった。
姉のダイワルージュは桜花賞3着馬。
血統的にもデータ的にも桜花賞で走る可能性は高い。

▲アストンマーチャン
アストンマーチャンは桜花賞向きではなく、距離もやや長いはず。
しかしそれを折り込んでも残りの出走馬より、
桜花賞で上位に来る確率が高い(実力が抜けている)
と考えて3番手評価をした。
思い切って逃げてレースを盛り上げてほしい。

△エミーズスマイル
この馬は血統と戦績を見る限り、オークス向きだと思うが、
最近はオークスでと思われていた馬こそ桜花賞で来るようになっている。
後悔するのは嫌なので、エミーズスマイルにも印を回す。

△イクスキューズ
トライアルが使えず人気急落のイクスキューズをラストに添える。
ボストンハーバーだけに距離に不安はあるが、この時期であれば実力でこなせる。
一応1800m基準もクリアしている。力走に期待。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-04-08 09:37 | 2007クラシック戦線
天皇賞ではメイショウサムソンを切ります~2007大阪杯~
今日は天皇賞の前哨戦、産経大阪杯でした。

産経大阪杯


1着 メイショウサムソン
ダービー以来10ヶ月ぶりの勝利で、2007年初戦を飾った。
数字で見れば確かに復活だろうが、
周りのメンバーから考えれば勝って当然のレベルと言える。
レースはスローで流れ、上がり勝負になり、
メイショウサムソン自体も34秒4と、なかなかの上がりを見せている。

さて、問題は天皇賞との結びつき。
大阪杯は天皇賞(春)と結びつかないことで有名なレースで、
ネオユニヴァースは大阪杯快勝で天皇賞惨敗、
テイエムオペラオーは大阪杯凡走で天皇賞勝ちと
天皇賞と大阪杯は正反対の結果が出るケースが多い。

また、天皇賞は菊花賞と結びつくレースでもある。
以上のデータを合わせて考えると、
メイショウサムソンは天皇賞で「買ってはいけない」馬であるということになる。

ここまで書いておいて勝たれてしまったら仕方がないが、
メイショウサムソンが天皇賞で来る確率は低いと思われる。
本番では自信を持って切る予定。

とはいいつつも、天皇賞で買える馬も見つかっていない。
今のところ何が勝つかさっぱりわからないので、
とりあえずドリームパスポートの2着付けから買おうと考えている。

さて、来週は「Jpn1」桜花賞。
アストンマーチャンVSダイワスカーレットVSウオッカの
3強対決で間違いないだろう。本命は当然ウオッカを予定。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-04-02 00:29 | 2007古馬GⅠ戦線
ドバイDF 1着アドマイヤムーン、3着ダイワメジャー
ドバイ国際競走が終了しました。というわけで早速結果を振り返ってみます。

ゴドルフィンマイル
6着 フサイチリシャール

UAEダービー
5着 ビクトリーテツニー

ドバイゴールデンシャヒーン
10着 アグネスジェダイ
11着 シーキングザベスト

ドバイシーマクラシック
6着 ポップロック

ドバイデューティフリー
1着 アドマイヤムーン
3着 ダイワメジャー

ドバイワールドカップ
1着 インヴァソール
4着 ヴァーミリアン


映像を見たのはデューティフリーとワールドカップなので、
この2戦を主に振り返ってみます。

ドバイデューティフリー
1着 アドマイヤムーン


2頭とも上位人気に推され、人気通りの快走を見せた。
このレースに限っては日本馬の完全勝利だろう。

アドマイヤムーンは道中中段につけて直線で脚を伸ばすいつもの戦法。
先に先頭に立ったダイワメジャーを捉え、
後続も振り切って、見事1着でゴール。

レースを観て、アドマイヤムーンは本当に強くなっていると感じた。
昨年まではただの強い馬という認識だった。
しかし香港、ドバイと2戦続けて世界のトップレベルと戦い、結果を出すのだから、
もうこれはただの強い馬というレベルを超えている。

次は香港を予定しているとのこと。
既に好走しているコースなので、適性は問題なし。
おそらくメンバーも今回と同じか、下回るレベルだろう。
となると、やはり上位人気での好走が期待できる。

3着 ダイワメジャー

ダイワメジャーは先行集団につけて、
早めに先頭に立ったがアドマイヤムーンに交わされ、3着。
力は出していたが、展開が向かなかったかなという印象を受けた。
もう少しゆったり仕掛けていればさらに良かったのかもしれないが、
ダイワメジャーの良さを活かした乗り方だっただけに、
あまり責めても仕方がない。頑張ったと言うべきだろう。

日本馬が上位人気に推され、しかも人気通りに走ったのは、
レーティングの観点から見ても大きいし、強さを印象づけることができたはず。

昨年はこのレースについて、
「マイル馬を送り込むのは間違っているのかもしれない」と書いたが、
これは半分正解で半分間違っていた。
確かにこれまでマイル馬では勝負にならなかった。
とはいえ、マイルが走れないようではやはり勝負にならない。
距離適性で言うと、~1600mの馬ではおそらくダメで、
1600m~の馬が合うのだろう。
1777mは中途半端な距離で、マイルなのか中距離なのか判断しにくいが、
必然的にレベルが高くなることや直線が長いことを考慮すると、
中距離として考えた方が良いということだろう。
よって、マイルも走れるが中距離で結果を出している馬でチャレンジするのが良い、
というのが昨年の教訓と今年の好走から出た結論。

ドバイワールドカップ
4着 ヴァーミリアン

ヴァーミリアンは中段内目でレースを進めたが、
直線に入る前で既に手応えが一杯になっていた。
しかしここからがエルコンドルパサー産駒らしく、意外と粘り4着。
7頭立てて、しかも上位とかなり離されているので、
数字どおりには受け取れないが、そこそこの健闘と考えていいだろう。

しかし、これは毎年言っていることだが、
ドバイワールドカップは芝も走れる(GⅠで勝てる)ぐらいのスピードが無いと、
勝利は見えてこないと思う。
まずレースの流れ自体について行けない。
そして何より、日本のダートとドバイの砂の質が異なっているので、
日本のダートで好走=ドバイで好走という図式は成り立たない。

過去の勝ち馬を見てもダート専門馬より芝で好走していた馬が多い。
来年は是非アドマイヤムーンに挑戦してもらいたい。


とりあえず、どの馬もケガなく走ってくれて良かったです。
あとは禁止薬物が出ないことをわりと本気で祈ります。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-04-01 03:31 | 2007古馬GⅠ戦線