<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
春の総決算より秋への展望 ~2007宝塚記念~
宝塚記念は海外で実力を発揮していたアドマイヤムーンがGⅠ初勝利を飾った。
メイショウサムソンは粘りに粘り2着、一方ウオッカは8着に沈んだ。

宝塚記念(ニコニコver)
実況英語ver

ハロンタイム
12.1 - 10.5 - 10.9 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 12.7 - 13.0 - 12.3 - 12.2 - 12.4
上り
4F 49.9 - 3F 36.9

1着 アドマイヤムーン
瞬発力タイプだと思って切ってしまったが、
ドバイや欧州型でパワーのいる馬場の香港で、
好走していることをもっと考慮すべきだった。
雨が降って悪化した馬場状態をものともせず、メイショウサムソンに競り勝った。
また、追い出しをギリギリまで我慢した岩田の判断も功を奏したといえる。
秋もマイル~2000m路線ではダイワメジャーと並んで主役を張るのは間違いなく、
2000m路線では世界最強にも手が届きそうだ。

アドマイヤムーンはキングジョージから招待が来ているらしく、
おそらく行きはしないだろうが、すでに世界トップクラスの馬であることを感じさせる話だ。

2着 メイショウサムソン
この馬もさすがの一言。
最後こそアドマイヤムーンに交わされてしまったが、
堂々の勝ちに行く競馬で負けて強しの印象がある。
春の天皇賞で勝ち、宝塚記念でもあれだけタフな競馬が出来たのだから、
今後も期待が出来る。
秋、メイショウサムソンに最も向くのは実は凱旋門賞かもしれない。

3着 ポップロック
ポップロックも強かったが、上位2頭がさらにその上を行った。
ポップロックは成績がここに来て安定し、充実期であることが伺える。
秋のメルボルンカップでは昨年の雪辱を果たしてほしい。

8着 ウオッカ
期待半分、不安半分だったウオッカは8着に沈んだ。
最後は追わなかったため、実質は6着ぐらいか。
折り合わなかったことからして、ダービーの疲れが取れていなかったのだろう。
また、得意の瞬発力勝負にならなかったことも敗因の一つだ。
しかし凱旋門賞挑戦は撤回しないとのことなので、
ウオッカのチャレンジを引き続き応援していきたい。

昨年、凱旋門賞でディープが負けた夜に、
「3歳馬が行かなければ勝てない」とか「メイショウサムソンが行ったらどうか」
と話していたので、それが1年足らずで現実になるのはうれしい限り。
特に3歳馬はクラシックへの意識が変わってこないとかなり難しいと思っていただけに、
角居厩舎並びに谷水オーナーの決断には敬意を表したい。

ディープでも勝てなかったという悲観的な考えではなく、
「あれだけの実力馬で勝てなかっただから、
それ以外のファクターをどう考えるか」という方向になりつつあるのは良いことだと思う。
日本のトップクラスの馬は適性を考えつつ、どんどん海外で走ってほしい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-06-26 15:16 | 2007古馬GⅠ戦線
ドリームレース ~2007宝塚記念~
宝塚記念で3歳馬トップクラスが出てくれば面白い、と書いたことがあったが、
トップクラスではなく、「トップ」が出てくるとは思わなかった。

宝塚記念

◎メイショウサムソン

宝塚記念では馬のタイプ分けが重要になる。
具体的には末脚の使い方による分類が必要で、
瞬発力タイプか、持続型タイプかで大きく予想が変わってくる。
宝塚記念で有利なのは、言うまでもなく持続型だ。
それは歴史が物語っていて、
99年 グラスワンダー快勝 スペシャルウィーク完敗
03年 ヒシミラクル勝利   シンボリクリスエス敗北
05年 スイープトウショウ勝利 ゼンノロブロイ敗北
などの例がある。

よって、今年の宝塚記念は持続型タイプを重視してみた。
持続型タイプ・・・ポップロック、カワカミプリンセス、インティライミ、
          アドマイヤフジ、アドマイヤメイン、ダイワメジャー、
          ファストタテヤマ、シャドウゲイト、アサクサキングス、
          コスモバルク、メイショウサムソン、ローエングリン

この中で逃げ馬のアドマイヤメイン、アサクサキングス、ローエングリンは、
ペースが厳しいと判断して消す。次に実績面から、
インティライミ、ファストタテヤマ、アドマイヤフジ、コスモバルクを除外する。
残ったのは、ポップロック、カワカミプリンセス、ダイワメジャー、メイショウサムソン。
この中からさらに中距離実績を考慮して、メイショウサムソンを本命にした。
クラシックでの戦いを見ても3200mより2200mの方が向くと見える。

〇カワカミプリンセス

ヴィクトリアマイルはカワカミプリンセンスに全く向かないレースになってしまった。
一方、今回の宝塚記念はハイペースの末脚持続勝負になる公算が高く、
まさにカワカミプリンセスにうってつけのレースになる。

▲ダイワメジャー

距離が不安と言われているが、
2000mの皐月賞を勝って、2500mの有馬記念を3着しているのだから、
走れないことはない。向かないかもしれないが、こなせるはず。
馬、騎手とも好調な勢いも評価したい。
安田記念は王者の走りだった。

△ポップロック
海外をはさんでいるのであまり目立っていないが、
有馬記念2着、京都記念2着など日本トップクラスの馬とも勝負できている。
この実績に加え武豊騎乗で5番人気なら、人気薄とさえ言える。

△ウオッカ
瞬発型、持続型などの括りを超越してもおかしくないウオッカを加える。
桜花賞やダービーの走りから、現時点では瞬発力型と判断しているが、
果たしてどんな走りを見せるだろうか。馬券云々無しに楽しみにしている。

今年の宝塚記念は、
「あなたの夢、わたしの夢が走る宝塚記念」のフレーズにふさわしいメンバーが揃った。
凱旋門賞よりも宝塚記念の方がレベルが高かった、
と後に言われるようなレースを期待したい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-06-23 23:23 | 2007古馬GⅠ戦線
2008POG開幕へ③ ~期待の外国産馬~
いよいよ新馬戦が始まり、期待のポルトフィーノが早速デビュー勝ちを納めた
馬の行く気に任せる武豊らしい騎乗で圧勝し、一安心した。
POGで持っていた皆さんおめでとうございます。
2歳時はあまり無理をせず、じっくり体を作っていってほしい。

さて、今日は外国産馬をメインに見ていこうと思います。
今年はフライングアップルの山本英俊氏を中心に、良血外国産馬が多く、
どんな走りを見せてくれるのか今から楽しみな馬ばかり。

ファリダット
父Kingmanbo 母Believe 松元茂厩舎 馬主ノースヒルズ


父キングマンボに母ビリーヴの超良血馬ファリダット。
見た目が大変に良く、仕上がりも順調なようだ。l
POG人気が高い1頭で、血のイメージの通り走ってくれば相当面白い。
距離は1600~2400(ギリギリ)ぐらいだろうか。

マンボパートナー
父Kingmanbo 母Dance Partner 橋口厩舎 馬主 吉田照哉氏


期待のキングマンボ産駒2号目はダンスパートナー産駒のマンボパートナー。
ダンスパートナーは社台ファームにいながらハズレ種牡馬を付けられることが多く、
重賞レベルの馬はまだ出していない。今回、ようやくチャンスがめぐってきた。
しかし、まだまだ調整中とのことで、どうやら晩成型のようだ。
母の血を残すためにも、活躍を期待したい。

タイガーファング
父Kingmanbo 母Stinger 藤沢和厩舎 馬主 社台RH


キングマンボ3兄弟のラストはスティンガー産駒のタイガーファング。
スティンガーもまだこれといった馬を出していないが、
非常に高いポテンシャルを持っていた馬だったので、
自身を超える馬を出すことができると見ている。

シャンパンスコール
父Daylami 母Alluring Park 藤沢和厩舎 馬主 山本英俊氏


最後はデイラミ産駒のシャンパンスコールをセレクトしてみた。
この馬は社台ファームで育成されていて、評判も高い。
父の影響か、晩成型らしいので早期の活躍は厳しいかもしれない。
ただ、馬自体は大変良いらしいので、とりあえず載せてみた。

ここ数年は外国産馬が低迷していて、ちょっとさびしい状況が続いているが、
今年は良血馬が多いだけに、大物外国産馬が出てきそうな雰囲気がある。
特に藤沢=山本ラインの馬たちは
ケンタッキーダービーやイギリスダービーも、視野に入れているほどで、
期待の大きさが伺える。

次回はサラブレPOGで実際に選んだ馬についてコメントしたいと思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-06-18 00:03 | 2008クラシック戦線
2008POG開幕へ② ~産地馬体検査編~
今日は、毎年活躍馬が出る産地馬体検査に出た馬を見て行きたいと思います。

カジノドライヴ
父Mineshaft 母Better Than Honour 藤沢和厩舎 馬主 山本英俊氏

ベルモントS馬の半弟にあたり、カジノドライヴは俄然人気が出てきた。
とはいえPOG向きか、はたまた日本競馬向きなのか、
血統、馬主、厩舎すべてのファクターから疑問を感じる。
今のところはパワー型の典型的なアメリカダート馬だと見ている。
こういう馬はハマれば強いが、500万下をウロチョロしていてもまったく違和感のない、
当たり外れの激しいタイプ。それに日本の場合ダートで走っても、
POG的にあまりおいしくなく、今回はパスする予定だ。
おそらく芝で走るような馬ではないので、走ったとしてもあまり実害はなさそう。

ローザブランカ
父クロフネ 母ローズバド 橋口厩舎 馬主 サンデーR


ローズバドの初仔はクロフネ産駒のローザブランカ。
この一族はコンスタントに活躍馬を出すので、この法則に従えば、
ローズバドも活躍しそうだ。
ローズブランカ自身は葦毛に出ていて、
父方の特徴を引き出す母父サンデーの良さが出ている雰囲気がある。

サムワントゥラブ
父シンボリクリスエス 母シンコウラブリイ 角居厩舎 馬主 金子真人HD

サムワントゥラブは今までありそうで無かった不思議な組み合わせになった。
シンコウラブリイ産駒は晩成型に出る事が多く、
これまでPOG期間に活躍したと言えるのはトレジャーぐらいだろう。
しかし今年は藤沢厩舎でもなければ、ロードでもピサノでもない。
そろそろ走ってきてもおかしくはない。

ガバナースマイル
父フレンチデピュティ 母ルビーマイディア 荻原厩舎 馬主 金子真人HD


フレンチデピュティはアドマイヤカリブの半弟にあたる。
アドマイヤカリブはこの時期に大変好評価がされていて、
その期待に60パーセントぐらいは応える走りを見せた。
ガバナースマイルは現在そこまでの評価は受けていないが、
スッキリとした馬体で、なかなか良いと思う。
芝・ダートどちらでも走れるだろうし、密かに期待したい。

今回はここまで。
明日はなぜか今年大流行のキングマンボら、外国産馬を見ていきたいと思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-06-15 00:01 | 2008クラシック戦線
2008POG開幕へ① ~ノーザンFの有力馬~
今週からは2歳新馬戦がスタートして、POG2008が幕を明ける。

昨年の同時期に似たようなエントリーをして、
その中にはダイワスカーレットやアドマイヤオーラの名前がある一方、
アステリオンや、後のザサンデーフサイチなどの名前も・・・。
昨年度は割と人気馬が走ったので、最後まで楽しめた人が多かったと思います。
やはりサンデーがいなくなった影響は大きかったですね。

ということで、今年も有力馬について緩くコメントしてみます。

アドマイヤテンカ
父アグネスタキオン 母ビワハイジ 松田博厩舎 馬主 近藤利一氏

アドマイヤジャパン、アドマイヤオーラと、
2年続けて重賞馬を出したこの組み合わせは今年も人気で、馬自体の評判も良い。
見た目はやはりアドマイヤオーラの方に近い感じがする。
兄弟がソコソコ走っているので、大駆けもないが大崩れも無い安定タイプかもしれない。
アグネスタキオンは貴重なカードではあるが、
なんだかんだ言ってこの馬が一番走りそうだ。

ポルトフィーノ 
父クロフネ 母エアグルーヴ 角居厩舎 馬主 サンデーR


昨年はザサンデーフサイチがコケてしまったエアグルーヴ。
エアグルーヴの母ダイナカールと同じく、
当たりと外れの差が激しそうな印象を受ける。
今年の場合はクロフネ産駒で判断が難しく、個人的には切ろうと考えている。
クロフネは自身よりもフレンチデピュティが強く出ていて、
産駒もどちらかといえばパワー型の馬に出ることが多い。
エアグルーヴの場合、トニービンもパワー系なので、
血統タイプが似てしまい、あまり好感が持てない。
きょうだいの中でも入厩が早いので、
さすがにイントゥザグルーヴやザサンデーフサイチのようにはならないだろうが、
アドマイヤグルーヴ並みに走るのかは疑問に感じている。
クロフネ産駒は脚もあまり強くなく、そこがどう出るのかも心配なので、
今年もエアグルーヴは思い切って捨てます。

ダイワカンパニー
父アグネスタキオン 母ヒットザスポット 松山厩舎 馬主 大城敬三氏


ダイワは今年のダイワスカーレット以外にも、
POG期間に手堅く稼いでくれる馬を持ってきてくれる事が多い。
思いつくままにざっと挙げてみると、
ダイワエルシエーロ、ダイワメジャー、ダイワルージュなど。
評判になっている馬がそのまま走ってくれるパターンが多く、
これはPOGファンにとってはうれしい。
そして今年のダイワの1番馬がダイワカンパニーになる。
厩舎も松山厩舎なので信頼が置けそうだ。
サラブレルールだと、アドマイヤテンカとバッティングするのが悩みどころになる。
安定感ではアドマイヤに分があり、可能性に懸けるとダイワだろうか。

トールポピー
父ジャングルポケット 母アドマイヤサンデー 角居厩舎 馬主 キャロットF


言わずもがなのフサイチホウオー全妹で、厩舎と馬主が変わった。
この馬は走りそうな気配がする。
POG向きの種牡馬がつけられているアドマイヤサンデーの産駒は
ある程度走ってい、アドマイヤサンデーは安定系と言えるかもしれない。
父ジャングルポケットも思った以上に仕上がりが早く、
POG向きといって差し支えないので、
アドマイヤサンデー産駒は気性に難のある馬が多くその点が唯一心配だが、
血統構成からは走るパターンだと判断できる。
今年のジャングルポケット産駒の最有力候補はこの馬だろう。

スカーレット
父シンボリクリスエス 母グレースアドマイヤ 古賀慎厩舎 馬主 近藤英子氏


スカーレットはダイワスカーレットのきょうだいではなく、皐月賞馬ヴィクトリーの妹になる。
グレースアドマイヤ産駒は何を付けてもモッサリしたタイプに出るので、
一見スピード型だが、本質はパワー系っぽいシンボリクリスエスに合いそうではあるが、
厩舎変わりが不気味と言えば不気味で、やや気になる。

とりあえず今回はここまで。

この中ではアドマイヤテンカorダイワカンパニー、トールポピーを指名予定です。
人気のあるこの2頭は、差を付けられないために選ぶ馬ですね。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-06-14 00:50 | 2008クラシック戦線
ダイワメジャー貫禄の勝利 ~2007安田記念~
ようやくGⅠがすんなり収まった。
ダイワメジャーはこれでGⅠ4勝目。あと1勝で顕彰馬も見えてきた。

安田記念

タイム 1分32秒3
ハロンタイム 12.3 - 10.7 - 11.1 - 11.8 - 11.6 - 11.3 - 11.5 - 12.0
上り    4F 46.4 - 3F 34.8

1着 ダイワメジャー
アンカツが岡部並みにタメて、一瞬届かないと思ったが、
そこはGⅠ馬。底力を見せてコンゴウリキシオーを差し切った。
ダイワメジャーに溜める競馬は似合わず、
心臓に悪いので正直言うとあまりやってほしくはないが、
余裕の競馬ができるようになったことは評価したい。

宝塚記念も距離はギリギリ持つだろう。
ダイワメジャーが勝てそうなGⅠは他に天皇賞(秋)、マイルCSなど。
海外も入れれば香港マイル、カップもある。
どれか一つならば何とかなる気がするが、どうだろうか。

2着 コンゴウリキシオー
期待通りの快走で、危うく勝利ジョッキーインタビューが無くなるところだった。
この馬はいつの間にか強くなっていて、適距離はマイル~中距離なのだろう。
自分のペースでかつスローに落とせた時は強く、
同型馬がいない時は積極的に狙ってみたい。

5着 スズカフェニックス
やはり瞬発力型のスズカフェニックスは届かなかった。
ペースが遅かったこともこの馬に向かなかった。
マイルCSで後ろから突っ込んできそうなタイプだけに、
秋の復活に期待したい。

これで東京のGⅠシリーズは終了で、あとは宝塚記念を残すのみ。
宝塚は1頭ぐらい有力3歳馬が出てくればかなり面白いメンバーになりそうだ。

そして2008POGもすぐそこまで迫っている。
ここでも「2008クラシック戦線」カテゴリーを追加して、チェックしていきたいと思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-06-04 22:53 | 2007古馬GⅠ戦線
日本馬VS香港馬 ~2007安田記念~
サンデー2騎VS香港馬の色合いが濃い安田記念。
昨年は香港馬が勝ったが、今年はどうなるだろうか。

安田記念

◎ダイワメジャー
安田記念はサンデーが珍しく苦手とするレースでいまだに未勝利。
安田記念に出走してきたこれまでのサンデー産駒は、
アドマイヤマックスやミレニアムバイオなど、
斬れる脚を持っているタイプがほとんどだった。
一方ダイワメジャーはノーザン系の血が色濃く、斬れるというより粘るタイプ。
昨年は4着だが、充実度がまるで異なる。
このようなタイプであるならば安田記念でも走れるとして、本命にした。

〇ジョイフルウイナー
昨年3着馬のジョイフルウイナーが対抗。
ダイワメジャーにも先着している。
昨年と同様の流れになれば台頭が期待できる。

▲コンゴウリキシオー
マイラー説が出始めたコンゴウリキシオーも押さえておく。
マイラーズカップの結果が結びつくかはわからないが、
戦ってきたメンバーは強い。

△スズカフェニックス

データ的には消えるタイプではあるが、こちらもとりあえず押さえ。
母父にノーザンダンサーの血も入っている。

△エイシンドーバー

思ったよりも人気がないので手を出して見る。
京王杯はここ数年安田記念に再び直結するようになった。

今年の予想はどの馬も一長一短で取捨が難しかった。
おそらく、馬の適性とレースの流れがピッタリ合った馬が勝つのだろう。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-06-03 10:38 | 2007古馬GⅠ戦線