<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
有終の名月 ~2007ジャパンカップ~
ダーレージャパンも有終の美になってしまいましたね。

ジャパンカップ
タイム 2:24.7
ハロンタイム 12.9 - 10.7 - 12.0 - 12.3 - 12.2 - 12.7 - 12.8 - 12.6 - 12.2 - 11.3 - 11.1 - 11.9
上り 4F 46.5 - 3F 34.3

1着 アドマイヤムーン
見事有終の美を飾ったアドマイヤムーン。
スローペースと、アドマイヤムーンに向く上がりが必要とされる
馬場になったことが勝因だろう。

ジャパンカップ当日の9レースが、
外差し馬場になっていて、かつレースの上がりが34秒3だったので、
慌ててアドマイヤムーンとウオッカの馬券を買い足したが、
1着~3着馬の組み合わせは持っていなかった。

アドマイヤムーンはこれで引退だが、
結局アドマイヤムーン絡みの馬券はあんまり取れなかったように思う。
鋭い末脚を使いスピードを感じさせるアドマイヤムーンは、
自分の好きなタイプだっただけに、残念。

母父サンデー系の先駆けとなり、種牡馬としても活躍してほしい。

2着 ポップロック
この馬はこんなものだと思う。来年の天皇賞も面白そう。
昨年の有馬記念でも2着しているので、今年も買います。

3着 メイショウサムソン
アドマイヤムーンとは対照的に、
メイショウサムソンには全く向かない馬場になってしまった。
自身も限界と思われる33秒9の末脚を使っているだけに、
今回は健闘したと言ってもいい。
ちょっと疲れが残る感じで負けているのが気になるものの、
有馬記念でも買わないわけにはいかない。
今のところメイショウサムソンは対抗あたりにして、
本命は3歳馬にする予定。

4着 ウオッカ
ウオッカも頑張った。この馬にも馬場が合ったからだろう。
ダービー馬としてみても十分だし、
3歳牝馬としてみれば大健闘だろう。
有馬記念は向かないと思うので評価は下げるつもり。

ダーレージャパン(中央)は早くも日本撤退が決まりました。
日本競馬との融合を目指すという理念には賛同していたので、
今回の撤退は残念です。
ヨーロッパの良いところを日本にも取り入れてもらえると期待していたのですが。

地方競馬の馬主資格だけでは、
正直日本の競馬で収益を上げたり、影響を与えるのは困難で、
生産面でどこまで社台グループに迫れるかに、
日本におけるダーレーの未来が掛かっているでしょうね。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-11-29 01:01 | 2007古馬GⅠ戦線
パターン入った? ~2007ジャパンカップ~
メイショウサムソンが順当に勝つとは思いますが…。

ジャパンカップ

◎メイショウサムソン
ジャパンカップはチャンピオンホースが勝つレース。
素直にメイショウサムソンを本命にする。
天皇賞と同じく前々で競馬をして早めに抜け出せばいい。

〇ポップロック
メイショウサムソンとタイプの似ているポップロックが対抗。
この辺りの時期に好走する叩き3戦目だし、
もともとこのレースを照準にしてきたので調子も良いだろう。
マンマークした時のペリエは強い。

▲ウオッカ
上記2頭がコケた時に怖いのがウオッカ。
古馬とは4キロのアドバンテージを持ち、
なおかつダービーで勝っている東京2400mならば、
1着すらあると思う。

△インティライミ
ジャパンカップにおける京都大賞典からの直行組は、
レガシーワールド、マーベラスクラウン、
タップダンスシチーなど勝ち馬が多い。
ナリタトップロードも京都大賞典でのアクシデントが原因ながら、
天皇賞をスキップして3着に好走している。
これは天皇賞での消耗がいかに大きいのかを如実に表している。

ジャパンカップ史上初の父子2代制覇のシーンも見てみたい。

△ヴィクトリー
ヴィクトリーはなかなかヴィクトリー自身がしたい競馬をさせてもらえず、
成績と実力が伴わない。04年のコスモバルクのような、
スムーズなレース運びをルメールには期待している。
馬に任せて走らせたほうがこの馬には絶対に良い。

あとはドリームパスポートが気になりますね。
昨年のJCで2着ですし、何より安定性がある。
3連単を買う際には必ず入れたいと思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-11-25 12:54 | 2007古馬GⅠ戦線
朱き血の勢い ~2007ジャパンカップダート~
やっと「法則」が使いこなせるようになったところで、
来年からは阪神1800mへ。また一から出直しです。

ジャパンカップダート
タイム R2:06.7
ハロンタイム 7.1 - 10.7 - 11.9 - 11.7 - 11.5 - 11.9 - 12.6 - 12.3 - 12.5 - 12.0 - 12.5
上り 4F 49.3 - 3F 37.0

1着 ヴァーミリアン

余裕さえ感じられた完勝だった。
今のヴァーミリアンに敵う馬はいないだろう。
来年のフェブラリーSは距離適性でスキがあるかもしれないが、
中距離ダートでは敵が見当たらない。
来年再びのドバイでどこまで戦えるか。

2着 フィールドルージュ 3着 サンライズバッカス
昨年3着馬が今年は2着で、
今年のフェブラリーS馬が3着。
フィールドルージュは横山典が巧く乗ったが、
さすがにヴァーミリアンには勝てなかった。

この2頭の走りで、
JCダートがマイル戦線と結びつきが強いことをを改めて痛感した。
もっと早く気づいていれば…。

明日はジャパンカップ。
なんだか堅そうなので、エリザベス女王杯のように絞らざるを得ませんね。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-11-25 00:36 | 2007古馬GⅠ戦線
歴史は繰り返すのか? ~2007ジャパンカップダート~
今年で東京2100mのJCダートは終わりになります。
この時代で印象深いのはやっぱり第2回のクロフネですね。
あのレースを現地で観戦できたことを本当に嬉しく思います。
一生の財産になりました。

ジャパンカップダート


◎ワイルドワンダー
昨年学んだJCダートのコツは、
「内有利」と「×地方ダート交流長距離組 〇1600m&1700m路線組」の2つ。
今年そのパターンに最も近いのがワイルドワンダーになる。

「同厩舎の馬は人気薄を買うべし」という長年の格言もある。

〇ヴァーミリアン

昨年のシーキングザダイヤを引っ掛けるような感覚で。
大きく崩れることはないと思う。

▲フィールドルージュ
昨年3着馬で、
「×地方ダート交流長距離組 〇1600m&1700m路線組」
の法則に当てはまっていた。
今年は昨年よりも調子が良いとのことなので3着以上を期待している。

△サンライズバッカス

サンライズバッカスには、
「内有利」と「×地方ダート交流長距離組 〇1600m&1700m路線組」
の二つが当てはまる。人気が急落しているので馬券的にもおいしい。

△ドラゴンファイヤー

こちらは昨年のアロンダイトの感覚。
勝つか、負けるかの気がする。

3歳馬か古馬勢の復権か。
予想してみると思った以上に面白く、レースが楽しみになりました。
このぐらいの混戦具合だと予想しがいがありますね。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-11-23 22:57 | 2007古馬GⅠ戦線
ダイワメジャー、貫禄の勝利 ~2007マイルCS~
JCダートの件は情報がダダ漏れでしたね。
おそらく大した反対が無かったので、そのまま通したんでしょう。
個人的には2000mの方が良かったのですが。
今のJCダートは事実上国際競走として機能していないので、
「ジャパンカップ」という名に恥じないレースになることを願っています。

マイルCS

タイム 1:32.7
ハロンタイム 12.6 - 10.6 - 11.2 - 12.0 - 11.6 - 11.5 - 11.3 - 11.9
上り 4F 46.3 - 3F 34.7

1着 ダイワメジャー
昨年と同じレースをして2連覇達成。
これ以上正直あんまり書くことないかも。

香港でラストランなら検疫も問題ないし、
絶好調の昨年で有馬は3着なのだから、
今年こそは香港に行ってほしいが、
おそらく有馬記念で引退でしょう。
手を出すかはメンバー次第ですね。
どちらかというとスカーレットの方を買いたい。

2着 スーパーホーネット
スーパーホーネットは自信の切りだったのだが、
2着に来られてしまった。
スワンSでいかにも1400mがピッタリという競馬をしていたし、
上がりもメンバー中最速だったのでマイルCSでは来ないと判断した。
1800m勝ち鞍もあり、本当はマイルCSに向く馬だったのかもしれない。
スワンS組の取捨が来年以降の課題になりそう。

来週はジャパンカップウィーク。
JCダートを観戦するのも今年で最後になりそうなので、
土日とも行ってみようと思います。

今のところJCはメイショウサムソン、
JCダートはドラゴンファイヤーからの予定です。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-11-19 23:00 | 2007古馬GⅠ戦線
マイル戦線異状あり? ~2007マイルチャンピオンシップ~
馬インフルはこんな感じでしばらく続くでしょうね。
だんだん寒くなっているので、油断せずに対策を徹底して欲しいと思います。

◎ダイワメジャー
実績面で断然優れているダイワメジャーを本命にする。
今回は天皇賞と比べてメンバーも落ち、
実質カンパニーとアグネスアークとの再戦になるだろう。
マイルCSは2年連続連対していて適性も証明済み。

〇カンパニー

アグネスアークとカンパニーの差はほとんど無いだろう。
個人的な好みとノーザンテーストの血が入っているので、
カンパニーを上位に挙げた。

▲アグネスアーク
藤田が大外を回さなければ、いいレースをするだろう。
うまく立ち回ってくれることを期待したい。

△キングストレイル

マイルCSは1400mが合う馬よりも、1800mで走る馬の方が来る。
キングストレイルはその典型的なタイプだろう。

△マイネルシーガル
秋に入り、古馬と対等に戦えている点を評価した。
この馬も1400mよりは1800mタイプだと思う。
あとは、迷った時の母父サンデー作戦。

今回は拾う馬を見つけるというより、捨てる馬を決めるという感じ。
スズカフェニックス、エイシンドーバー、スーパーホーネット
あたりは気になっていたのですが、切ってみました。
個人的には天皇賞組であっさり決まる気がしますが、どうでしょうか。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-11-18 13:08 | 2007古馬GⅠ戦線
世代交代成る ~2007エリザベス女王杯~
今年はエリザベス女王杯らしいレースでした。
来年はカワカミプリンセスVSウオッカVSダイワスカーレットの、
真・最強牝馬決定戦が見られるといいですね。

エリザベス女王杯
ハロンタイム 12.7 - 11.1 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.6 - 12.8 - 11.8 - 11.1 - 11.4 - 11.6
上り 4F 45.9 - 3F 34.1
タイム 2:11.9

1着 ダイワスカーレット

秋華賞と同じレースをして、逃げ切りを決めた。

ダイワスカーレットは距離が不安視されていたが、
だましだまし走って何とかごまかし切れた。
井崎さんも言っていたように、
東京2400mは辛いかもしれないが、
中山2500mの有馬記念ならば、
息を入れやすいのでこなせるだろう。
自分からレースを作れることも強みになる。

2着 フサイチパンドラ
こちらは昨年とまったく同じレースぶりで2着。
仕掛けがやや早かったが、ダイワが前にいる以上仕方がない。
この血統は奥が深いので、来年も期待したい。

3着 スイープトウショウ
スイープトウショウもがんばった。
これで引退とのこと。
最後まで切れのある走りを見せてくれた、
スイープトウショウには頭が下がる。
強さ以外にも様々な魅力を持つこの馬の引退は本当に寂しい。
個人的も手の内に入れていた数少ない馬だったので、
財政的も痛いものがあるが、ひとまずお疲れ様でしたと声を掛けたい。

サンデーの血を持っていないので、
ディープインパクトとの稲妻末脚を持つ産駒を楽しみにしている。

今回は「珍しく」馬券的にもドンピシャでした。
人気馬で決まったのであまり誇れるものではないですが、
理論+各馬の力量を加味する、
自分なりの馬券フォームで当たったことが良かったです。
次も同じように行くと良いのですが、どうでしょうか。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-11-12 12:32 | 2007古馬GⅠ戦線
エリザベス女王杯の法則 ~2007エリザベス女王杯~
ウオッカがまさかの戦線離脱で、波乱含みとなってきましたね。

エリザベス女王杯

◎ダイワスカーレット
距離が不安も、折り合いに不安のある馬ではないので、
こなせると判断し本命にする。

〇フサイチパンドラ

エリザベス女王杯は一度来た馬が再度くるケースが多く、
アドマイヤグルーヴやオースミハルカ、メジロドーベルなどが、
連続で連対している。
今年そのパターンにハマリそうなのが、フサイチパンドラだろう。
折り合いに難のある馬だけに、ルメールへのスイッチも大きなプラスになる。

▲スイープトウショウ

フサイチパンドラと同じ論理でスイープトウショウを3番手評価にする。
事実、スイープトウショウは2年連続で連対している。

△ディアデラノビア

次は昨年3着のディアデラノビア。
ペースが速くなりそうなので、武豊の溜めがハマる可能性がある。

△アサヒライジング
今まで勝ちきれなかった馬が、
エリザベス女王杯でGⅠ初勝利という馬は多い。
アサヒライジングは実力上位ながらGⅠは2着まで。
勝てるならここだろう。

あんま捻りの無い予想になりました。
もともとエリザベス女王杯は絞って当てるレースなので、
上位3頭を中心に買ってみたいと思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-11-11 13:47 | 2007古馬GⅠ戦線
『内藤律子写真展『あれから17年オグリキャップは元気です。』に行ってきました
11月2日から8日まで東京ミッドタウン内の富士フイルムフォトサロンで開催されていた、
内藤律子写真展「あれから17年オグリキャップは元気です。」に行ってきました。

あの90年有馬記念での写真や、
牧場でゆったりと過ごすオグリキャップの姿を見ることができる、
大変素敵な写真展でした。

有馬記念時の写真からは、オグリやあの時代の持つパワーを感じ、
自分があの頃競馬を見られなかったのが心から残念に思えてならなかった。
生であの瞬間を見られた人が本当にうらやましい。

そして牧場で楽しそうに過ごしているオグリの写真からは、
種牡馬としてのオグリキャップは残念ながら成功しなかったものの、
それはそれで良かったのかな、という思いがふと過ぎりました。

時間にして30分ほど鑑賞させていただいたのですが、
その間にも年齢、性別問わず多くの方が会場にいらしていたのが印象的で、
また、通りがけの方がふと立ち止まって写真に目を留めるシーンも何度か目にし、
オグリキャップの人気、そして偉大さを改めて感じました。

東京での開催は残念ながら終了してしまいましたが、
名古屋では12月に開催されるとのことなので、
お近くの方は行ってみてはいかがでしょうか。

内藤律子写真展「あれから17年オグリキャップは元気です。」

オグリキャップ 90年有馬記念
オグリキャップ 89年ジャパンカップ
オグリキャップ 89年毎日王冠
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-11-10 01:38 | 競馬メディア評論
スーパーマリオギャラクシーやってます
スーパーマリオギャラクシー | 商品情報(商品)

最近は『ドラゴンボールZスパーキングメテオ』ばっかりやってましたが、
昨日から『スーパーマりオギャラクシー』を始めました。
既に数時間ほどやりましたが、面白いです。

スーパーマリオギャラクシー

『スーパーマリオギャラクシー』は、
Wiiにおけるマリオ最新作で『スーパーマリオ64』の後継作と言われているもの。
個人的には後継作というよりは、
『64』と『サンシャイン』を足して2で割ったような印象を受けた。

マリオなので基本的にはアクションゲーム。
8つぐらいの小惑星群が1ステージになっていて、
それを攻略しパワースターを取ればクリアになる。
この辺りは『64』と似てるというかほぼそのまま。

ただ、『64』よりはアクション要素は必要とされず、
アクションゲームをやっているというより、
ディズニー等のアトラクションで遊んでいる感じに近い。
「攻略」というよりは「遊び」という言葉の方が、
正しく『ギャラクシー』を表現できると思う。

そしてWii作品なので、コントローラ操作も重要なファクターになってくる。
『ギャラクシー』では、スティックでマリオを操作し、
リモコンでサポートができるようになっている。
今までやったもの中では『ゼルダの伝説トワイライトプリンセス』に近く、
話を聴くだけでは難しそうだが、やってみると案外簡単で楽しい。

基本的にはあまり頭を使わないように出来ている。
しかし、ボス戦やところどころある仕掛けには、
ちょっぴり頭を捻る必要があり、そこも面白い。

全体を通してとにかくさじ加減が絶妙で、
苦労さえも楽しめるようになっているのは、さすがだと思う。

シリーズお馴染みの音楽(地下面や『3』の音楽など)
が復活&パワーアップして登場している点もファンとしてはうれしい。

点数をつけるならば85点から90点で、
『ゼルダ』に負けずとも劣らない出来です。
1年間待った甲斐があるゲームでした。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-11-03 13:31 | ゲームレビュー