ツルマルボーイ
安田記念勝たなかったら本命にしようかと思ってたんだけど。ツルマルは2年連続宝塚2着で実績はある。ただ勝っちゃったからなGⅠを。やっぱりヒモ?アンカツが乗るってのがちょっと気になる。あんまり書くこと無いや。ヒモで。その分ゼンノロブロイ書き足しときました。明日はアンカツに見捨てられた?ザッツザプレンティ。
[PR]
# by daisuke-k-20 | 2004-06-24 12:26 | 2004古馬GⅠ戦線
ゼンノロブロイ
この馬は迷うなー。個人的には、根幹距離向きのサンデーという気がするけど、成績的には宝塚で来そうなタイプ。2000mの神戸新聞杯でネオユニヴァースやザッツザプレンティ、リンカーンらに完勝している一方、今年の日経賞(2500m)では格下馬に負けてるし(どっちとも休み明け)前者を阪神適正ありと取れば買えるし、両者を考慮してやっぱり根幹距離向きととれば切れるし。
僕はダービー(2400m)でもきてることや、有馬記念(2500m)で3着と連を外していることから、やっぱり根幹距離向きと見たい。でも、春天2着馬は宝塚の成績がいいというデータもある。
軸にはしないけど、ヒモかな。
次の馬は、実はこの馬がレーティング1位だったツルマルボーイ。

書き忘れてたけど、ゼンノロブロイの鞍上(あんじょう=騎手)は田中勝春。最近は一般紙(朝日とか読売。スポーツ紙との区別)にも「カツハルウララ」とか書かれてちゃうし。GⅠ103連敗中だっけ。それが気になる。またデムーロにたたかれたりして。面白そう。ザッツザプレンティ→ゼンノロブロイ買っちゃおうかな。
[PR]
# by daisuke-k-20 | 2004-06-23 14:30 | 2004古馬GⅠ戦線
タップダンスシチー
今日、JRAのレーティング(強さを数字化したもの)が見たら、タップはやはり1位でした。
さて、そのタップ、僕は切ります。この馬は、他馬にマークされていないときに120%の力を出すタイプで、今回はマークされてしまうと思うからです。
この馬の脚質は「逃げ。」もともと宝塚は逃げ切るのが難しい。近年では、ノーマークだったメジロパーマーや、当時破竹の連勝を続けていたサイレンススズカ(それにこの馬は別格でしょう)ぐらいしか思い当たらない。でもある程度直線に入った段階で前のほうにいないと厳しいレースでもあり、その辺が難しい。
タップのGⅠ成績は、13番人気で2着に粘った有馬記念と、ひどい馬場状態の中、大逃げしてそのまま残ったジャパンカップしか連対例がない。去年の宝塚はやはりマークされて3着。今回大逃げするとは思えないし。
ということで切ります。本当はタップダンスシチー好きなんだけど。無印で。
次回は、これまた人気になりそうな4歳四天王の一角、サンデー産駒のゼンノロブロイ。
[PR]
# by daisuke-k-20 | 2004-06-22 12:13 | 2004古馬GⅠ戦線
リンカーン
帰ろうと思ったけど、すごい雨が降っているのでこのまま続けます。
結論から言うと、リンカーンは切れない。阪神2200mでゼンノロブロイに勝ったこともあり2200適性はありそう。この馬は菊花賞で2着、有馬記念で2着と二回GⅠ2着があって、GⅠ勝ちがない。まさに来そうなタイプ。
ただ、今年の天皇賞(春)はイングランディーレが大逃げをかましたので、今年の春天組のレベルが例年以上に疑問。まあこの条件は他馬にも当てはまるから、なんとも言えないけれど。
後は、父サンデーサイレンスがどうか。過去5年ではスペシャルウィーク1頭のみが連対(2着以内にくること)サンデーは基本的に非根幹距離には向いていないので。あとは宝塚特有のペースにも向かない。わかりやすく言うと、「前半速い、中盤ゆっくり、後半直線でよーいドン」だと来る。でも、「前半遅い、中盤から後半にかけてペースが速くなるロングスパート」になると来ない。まとめると、サンデー産駒は瞬発力に優れている。
でも、1頭1頭の個性はこれに勝るのは明らか。全部のサンデー産駒がこういうわけではないし。
リンカーンは来られるタイプだと思う。というのが結論。
明日は、1番人気が予想され、実績1番のタップダンスシチーを特集します。
 
[PR]
# by daisuke-k-20 | 2004-06-21 16:36 | 2004古馬GⅠ戦線
2200mの特殊性
まず、2200mは競馬においては中距離に属し、非根幹距離に分類されます。根幹距離は2000mや2400mなどでGⅠレースが多く組まれています。
そして、なぜ厄介かというと、大きく分けると、根幹距離を得意とする馬と非根幹距離を得意とする馬に分かれるからです。
おもに、非根幹距離を得意とする馬は根幹距離では、2着3着を繰り返す傾向があり、
逆に根幹距離が得意な馬は非根幹距離で2着や3着が多くなる傾向があります。
宝塚記念には、悲願のGⅠ初勝利というタイプが多く、その馬たちはこのGⅠ1勝に終わるケースが多いのです。これには非根幹距離が関係していると思います。
こういう考え方をベースにして有力馬を検証していきます。
明日はまず、ファン投票1位で武豊騎乗のリンカーンについて。
[PR]
# by daisuke-k-20 | 2004-06-21 16:14 | 2004古馬GⅠ戦線
宝塚記念について
今度の日曜日に阪神競馬場で宝塚記念があります。距離は2200m。この距離がクセモノ。有馬記念と並んで、ファン投票が行われ、それに基づいて出走馬が決定される。今年は4歳勢が中心になると思われる。そして、今週は、2200mの特殊性。有力馬の検証を行っていきます。
[PR]
# by daisuke-k-20 | 2004-06-21 14:37 | 2004古馬GⅠ戦線