タグ:アドマイヤムーン ( 4 ) タグの人気記事
JRA賞の得票内訳を分析してみる
本日、JRA各賞が発表されました。
ただ単に結果を振り返っても面白くないので、
得票内訳を軽くみていきたいと思います。

(得票内訳はJRAのホームページか、
ラジオNIKKEIのページで見ることができます。
ちなみに、JRAのサイトではどの記者がどの馬に投票したのかもわかります。)

まずは、年度代表馬から。

年度代表馬
順位 馬名 合計票数
1 アドマイヤムーン 178
2 ダイワスカーレット 73
3 メイショウサムソン 17
4 ウオッカ 12
5 ヴァーミリアン 5
6 該当馬なし 2
7 マツリダゴッホ 1
7 無効 1

これはほぼ大方の予想通りだと思います。
票の散り方はこんなものではないでしょうか。
アドマイヤムーンが年度代表馬ということにも異論はありません。
果たして表彰式には誰が来るのか、密かに気になります。

最優秀2歳牡馬
順位 馬名 合計票数
1 ゴスホークケン 282
2 サダムイダテン 2
2 フサイチアソート 2
2 該当馬なし 2
5 ヤマニンキングリー 1

こちらも例年とほぼ同じ感じ。
サダムイダテンとヤマニンキングリーには首を傾げますが、
フサイチアソートは、わかる気がします。
昨年の東スポ杯は結構レベルが高いと、現時点で勝手に考えています。

最優秀2歳牝馬
順位 馬名 合計票数
1 トールポピー 286
2 該当馬なし 3

これも例年通り。妥当な決着でしょう。

最優秀3歳牡馬
順位 馬名 合計票数
1 アサクサキングス 254
2 該当馬なし 30
3 ロックドゥカンブ 4
4 ヴィクトリー 1

今年のJRA賞はこのあたりからだんだん混迷してきます。
アサクサキングスはダービー2着で菊花賞1着なので、
最優秀3歳牡馬のタイトルに負けてはいないでしょう。
ダービーは確かに重要ですが、
ダービー1戦だけでタイトルが決まるのはおかしいと思います。

最優秀3歳牝馬
順位 馬名 合計票数
1 ダイワスカーレット 275
2 ウオッカ 14

これは割れると思いましたが、
ダイワスカーレットの圧勝でした。
有馬記念が効いたのかもしれませんね。

最優秀4歳以上牡馬
順位 馬名 合計票数
1 アドマイヤムーン 249
2 メイショウサムソン 37
3 ヴァーミリアン 1
3 ダイワメジャー 1
3 マツリダゴッホ 1

こちらは年度代表馬とほぼ同じなのでカット。

最優秀4歳以上牝馬
順位 馬名 合計票数
1 コイウタ 113
2 該当馬なし 101
3 サンアディユ 51
4 フサイチパンドラ 17
5 ディアデラノビア 2
6 アサヒライジング 1
6 コウエイトライ 1
6 ジョリーダンス 1
6 スイープトウショウ 1
6 メイショウバトラー 1

カワカミプリンセスは影も形もないですね。

コイウタはヴィクトリアマイルのみで、あとは未勝利。
たまたま勝ったレースがG1であったというだけで、
これは該当馬なしがふさわしかったのでは。
個人的にはヴィクトリアマイルの意義自体にも疑問を感じています。
安田記念のステップとなるGⅡの牝馬限定戦あたりでいいと思います。

最優秀父内国産馬
順位 馬名 合計票数
1 ダイワスカーレット 162
2 ウオッカ 123
3 アドマイヤオーラ 1
3 アストンマーチャン 1
3 メイショウトウコン 1
3 該当馬なし 1

1位と2位を見る限り最優秀3歳牝馬のタイトルなのではないか、
と思ってしまうような結果になりました。
おそらく、3歳牝馬をダイワスカーレット、父内国産馬をウオッカにして、
バランスをとろうと考えた方が多かったのではないかと思います。
しかしそうなると、「最優秀」父内国産馬の名前に矛盾する結果になります。
やはりどちらかの馬のみに投票するのが筋だったのではないでしょうか。

また、東西による記者所属の偏りもあるかと思いましたが、
表をざっと見る限りでは、所属地域によるバイアスはあまり見られません。

最優秀短距離馬
順位 馬名 合計票数
1 ダイワメジャー 234
2 スズカフェニックス 35
3 アストンマーチャン 14
4 該当馬なし 4
5 サンアディユ 2

一方こちらは文句なし。
安田記念、マイルCSとその年のマイルG1を2勝する馬は久しぶりに見ました。

最優秀ダートホース

順位 馬名 合計票数
1 ヴァーミリアン 288
2 メイショウトウコン 1

これも異議なし。
サンライズバッカスには1票も入ってませんね。

最優秀障害馬
順位 馬名 合計票数
1 メルシーエイタイム 281
2 該当馬なし 6
3 コウエイトライ 2

現行制度では致し方ないですが、
ここはやはりカラジだと思います。
シーザリオがアメリカンオークスを制した年には、
アメリカの最優秀芝牝馬にシーザリオがノミネートされたとして、
話題になったことがあります。
たとえ外国の馬でも日本で走って活躍した以上、
正当な評価を下すのが主催者としての責任だと思います。

特別賞
ウオッカ
メイショウサムソン

最後に特別賞。
ウオッカは歴史的観点からわかりますが、
メイショウサムソンには必要無かったと思います。
天皇賞春・秋連覇は確かに偉業ですが。

以上、全てのタイトルについてわずかではありますが、コメントしてみました。
今年のJRA賞レースは例年にはない白熱ぶりで、
なかなか面白かったと思います。


最後に投票している記者の方にも一言。
記者の中には投票馬を公表していない方が、一部いらっしゃいます。
これはマスコミ関係者の取る行動としては、
ふさわしくないと個人的には考えています。
何か特別な考えがあれば話は別になりますが、
競馬ファンや競馬マスコミを代表している以上、
自らの意志は明確に表明してほしいと思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-01-09 00:02 | 週間競馬ニュース
有終の名月 ~2007ジャパンカップ~
ダーレージャパンも有終の美になってしまいましたね。

ジャパンカップ
タイム 2:24.7
ハロンタイム 12.9 - 10.7 - 12.0 - 12.3 - 12.2 - 12.7 - 12.8 - 12.6 - 12.2 - 11.3 - 11.1 - 11.9
上り 4F 46.5 - 3F 34.3

1着 アドマイヤムーン
見事有終の美を飾ったアドマイヤムーン。
スローペースと、アドマイヤムーンに向く上がりが必要とされる
馬場になったことが勝因だろう。

ジャパンカップ当日の9レースが、
外差し馬場になっていて、かつレースの上がりが34秒3だったので、
慌ててアドマイヤムーンとウオッカの馬券を買い足したが、
1着~3着馬の組み合わせは持っていなかった。

アドマイヤムーンはこれで引退だが、
結局アドマイヤムーン絡みの馬券はあんまり取れなかったように思う。
鋭い末脚を使いスピードを感じさせるアドマイヤムーンは、
自分の好きなタイプだっただけに、残念。

母父サンデー系の先駆けとなり、種牡馬としても活躍してほしい。

2着 ポップロック
この馬はこんなものだと思う。来年の天皇賞も面白そう。
昨年の有馬記念でも2着しているので、今年も買います。

3着 メイショウサムソン
アドマイヤムーンとは対照的に、
メイショウサムソンには全く向かない馬場になってしまった。
自身も限界と思われる33秒9の末脚を使っているだけに、
今回は健闘したと言ってもいい。
ちょっと疲れが残る感じで負けているのが気になるものの、
有馬記念でも買わないわけにはいかない。
今のところメイショウサムソンは対抗あたりにして、
本命は3歳馬にする予定。

4着 ウオッカ
ウオッカも頑張った。この馬にも馬場が合ったからだろう。
ダービー馬としてみても十分だし、
3歳牝馬としてみれば大健闘だろう。
有馬記念は向かないと思うので評価は下げるつもり。

ダーレージャパン(中央)は早くも日本撤退が決まりました。
日本競馬との融合を目指すという理念には賛同していたので、
今回の撤退は残念です。
ヨーロッパの良いところを日本にも取り入れてもらえると期待していたのですが。

地方競馬の馬主資格だけでは、
正直日本の競馬で収益を上げたり、影響を与えるのは困難で、
生産面でどこまで社台グループに迫れるかに、
日本におけるダーレーの未来が掛かっているでしょうね。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-11-29 01:01 | 2007古馬GⅠ戦線
アドマイヤムーン、ゴドルフィンへ移籍
世界最大の馬主軍団ゴドルフィンがアドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博)獲得に乗り出し、40億円の巨額トレードを近藤利一オーナーに申し入れたことが16日、明らかになった。条件には種牡馬だけでなく、競走馬としての権利も含まれる。今月中にも合意に達して海外へ移籍。ロイヤルブルーの勝負服で飛躍する。(日刊スポーツより)


昨日から2chで騒がれていたアドマイヤムーン移籍話は本当でした。
やっぱりドバイで好走すると、目をつけられるみたい。
それに加えフォーティナイナー系という点もあるかもしれない。
ユートピアもフォーティナイナー産駒だった。

馬の相場はわからないものの、価格はまあ妥当かもと感覚的に思う。
エンドスウィープのこれといった後継はまだ出ていないので、
アドマイヤムーンの血は世界的に見ても貴重だといえるし、能力も高い。
長い目で見れば40億円は回収可能な額でしょう。
日本からすれば、エンドスウィープ産駒の最有力馬であり、
母父サンデー系のモデルともいうべき馬がいなくなるのは痛いが、
サラブレッドは経済動物であり、ルールに乗っ取った取引ならばしょうがない。
日本もラムタラ(=ムダ遣い 笑)を筆頭として欧米の名馬を多数買ってますしね。

これで、アドマイヤムーンが凱旋門賞やブリーダーズカップに出てくるようなら、
日本としても移籍させた甲斐は十分あると思いますが、それはまずないでしょうね。
せいぜいダーレージャパンへのリースを期待することぐらいが、現実的な線でしょう。

ユートピアもそこそこ走らせているので、信じていないというわけではないですが、
アドマイヤムーンもしっかり走らせてほしいですね。

サマーシリーズに乗り遅れてしまい、
どのタイミングでブログを復活しようか迷っていただけに、
このニュースはある意味ありがたかったです。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-07-17 14:59 | 週間競馬ニュース
春の総決算より秋への展望 ~2007宝塚記念~
宝塚記念は海外で実力を発揮していたアドマイヤムーンがGⅠ初勝利を飾った。
メイショウサムソンは粘りに粘り2着、一方ウオッカは8着に沈んだ。

宝塚記念(ニコニコver)
実況英語ver

ハロンタイム
12.1 - 10.5 - 10.9 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 12.7 - 13.0 - 12.3 - 12.2 - 12.4
上り
4F 49.9 - 3F 36.9

1着 アドマイヤムーン
瞬発力タイプだと思って切ってしまったが、
ドバイや欧州型でパワーのいる馬場の香港で、
好走していることをもっと考慮すべきだった。
雨が降って悪化した馬場状態をものともせず、メイショウサムソンに競り勝った。
また、追い出しをギリギリまで我慢した岩田の判断も功を奏したといえる。
秋もマイル~2000m路線ではダイワメジャーと並んで主役を張るのは間違いなく、
2000m路線では世界最強にも手が届きそうだ。

アドマイヤムーンはキングジョージから招待が来ているらしく、
おそらく行きはしないだろうが、すでに世界トップクラスの馬であることを感じさせる話だ。

2着 メイショウサムソン
この馬もさすがの一言。
最後こそアドマイヤムーンに交わされてしまったが、
堂々の勝ちに行く競馬で負けて強しの印象がある。
春の天皇賞で勝ち、宝塚記念でもあれだけタフな競馬が出来たのだから、
今後も期待が出来る。
秋、メイショウサムソンに最も向くのは実は凱旋門賞かもしれない。

3着 ポップロック
ポップロックも強かったが、上位2頭がさらにその上を行った。
ポップロックは成績がここに来て安定し、充実期であることが伺える。
秋のメルボルンカップでは昨年の雪辱を果たしてほしい。

8着 ウオッカ
期待半分、不安半分だったウオッカは8着に沈んだ。
最後は追わなかったため、実質は6着ぐらいか。
折り合わなかったことからして、ダービーの疲れが取れていなかったのだろう。
また、得意の瞬発力勝負にならなかったことも敗因の一つだ。
しかし凱旋門賞挑戦は撤回しないとのことなので、
ウオッカのチャレンジを引き続き応援していきたい。

昨年、凱旋門賞でディープが負けた夜に、
「3歳馬が行かなければ勝てない」とか「メイショウサムソンが行ったらどうか」
と話していたので、それが1年足らずで現実になるのはうれしい限り。
特に3歳馬はクラシックへの意識が変わってこないとかなり難しいと思っていただけに、
角居厩舎並びに谷水オーナーの決断には敬意を表したい。

ディープでも勝てなかったという悲観的な考えではなく、
「あれだけの実力馬で勝てなかっただから、
それ以外のファクターをどう考えるか」という方向になりつつあるのは良いことだと思う。
日本のトップクラスの馬は適性を考えつつ、どんどん海外で走ってほしい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-06-26 15:16 | 2007古馬GⅠ戦線