タグ:メイショウサムソン ( 3 ) タグの人気記事
一流を分ける「壁」~2007天皇賞(秋)~
今年のメイショウサムソンは、
2000年のテイエムオペラオーと本当によく似てきましたね。

天皇賞(秋)
タイム 1:58.4
ハロンタイム 12.9 - 11.5 - 11.7 - 11.6 - 11.9 - 11.9 - 11.9 - 11.5 - 11.4 - 12.1
上り 4F 46.9 - 3F 35.0

1着 メイショウサムソン
武豊のミスのない騎乗に導かれ、メイショウサムソンが快勝。
折り合いを欠くことも、ソラを使うこともなく、
100点満点のレースができたように思う。

さらに距離が伸びるジャパンカップや有馬記念では、
アドマイヤムーンやダイワメジャーは出走せず、
外国馬と3歳馬の勝負になるが、
今のメイショウサムソンなら秋古馬GⅠ3勝は十分に可能だろう。
来年の欧州長期遠征に弾みをつけるべく、いいレースを見せてほしい。

2着 アグネスアーク 3着 カンパニー
不利を受けながらも2着、3着を確保。
この2頭はGⅡまでの馬だと思っていたので、ここまでの健闘は意外だった。
同様のパフォーマンスがこれからも発揮できれば、
マイルチャンピオンシップでもかなり期待が持てる。
今回は切ってしまったが、次は買ってみたい。

ここからは天皇賞(秋)パトロールビデオを参照しながらコメントしたい。

6着 アドマイヤムーン 9着 ダイワメジャ-
騎手の腕が目に見える形で結果に影響したのが今年の天皇賞(秋)だった。
不利を受けた人気の2頭はその影響もあり、惨敗した。
とはいえ惨敗の原因のすべてを、
不利を起こした馬の騎手に求めるのも個人的にはどうかと思う。

コスモバルクの悪癖には、
コスモバルクの出るレースに乗った騎手ならば気づいていたはずで、
今回が初めてのケースではなかったはずだ。
それならばなぜ、他の騎手はコスモバルクを避けて乗らなかったのだろう。
多くの騎手がお互いにマークし合って外を回ったのに対し、
武豊は「マークする馬もいない」と判断し、終始内で競馬をした。
現に、直線の入り口での内はガラ空きになっていて、
メイショウサムソンはそのスペースを難なく抜け出している。

おそらく武豊はコスモバルクの癖を把握し、巻き込まれることを避けたのだろう。
そして今回はこの判断が勝負を分けるポイントになってしまった。
(おそらくこの不利がなくてもメイショウサムソンは勝っただろうが)

もちろん責任の多くは不利を直接引き起こした五十嵐や柴山にあるが、
だからといって他の騎手に責任が全くないとは言えないだろう。

「負けたのは確かに不利によるところが大きいが、
それを避けられなかった自分にも責任がある」
ぐらいのことを、言ってほしかった。
他者ではなく、常に自分に責任を求めるのが、プロだと思うからだ。

残りのGⅠシリーズではフェアな騎乗で、
ジョッキー同士が戦いを見せてくれることを期待したい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-10-30 15:26 | 2007古馬GⅠ戦線
メイショウサムソン凱旋門賞断念を撤回し、出走へ
急転、渡仏決行へ!17日に馬インフルエンザ感染が判明したメイショウサムソン(牡4=高橋成)が仏G1凱旋門賞(10月7日、ロンシャン競馬場)に向けて調整することが18日決まった。この日午前に遠征断念を発表しながら、午後になって方向転換。馬インフルエンザの症状が表れず元気に調教を積んでおり、日程的にも出走が可能なことから陣営は渡仏へ傾いた

スポニチより)

ということで、陣営が一番初めに発表していた意思に戻る事となった。
あとはフランス側がどう出るかにかかっている。
おそらくフォワ賞は回避して本番1発勝負になるだろう。
叩き型のメイショウサムソンにとっては決して有利な条件にならないが、
健闘を祈っている。

さて、このニュースを聞いて心配なことに、秋のGⅠシリーズ開催の可否がある。
おそらく10月あたりには再開されるとは思うが、
そう考えても、トライアルを使えない馬が続出する恐れがある。
今のところ放牧先から戻れない有力馬には、
ヴィクトリー、カンパニー、キストゥヘヴン、コイウタ、コンゴウリキシオー、
サンツェッペリン、サンライズバッカス、スズカフェニックス、ダイワメジャー、
ローブデコルテ、デルタブルース、ポップロック、
らがいる。

感染が沈静化して、馬の移動が自由になったとしても、
そこからの調整にはある程度の時間を要する。
たとえ9月に再開されたとしても、トライアルはすぐそこまで迫っており、
上記の馬が出走するのは難しいだろう。

となると、本番にぶっつけで挑戦せざるを得ない馬が多くなり、
自然と波乱の様相を呈することになる。

今年の秋競馬は普段の競馬とは異なる姿を見せそうだ。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-08-19 08:56 | 週間競馬ニュース
メイショウサムソン凱旋門賞回避へ
 18日、現地時間10月7日に仏・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(仏G1)に出走を予定していたメイショウサムソン(牡4、栗東・高橋成忠厩舎)が、陣営の協議の結果、同レースへの出走を断念することが明らかになった。

 同馬は22日の出国へ向け、輸出検疫のために15日に美浦トレセンに入厩していたが、16日に行われた検査において馬インフルエンザに感染していることが判明していた。なお、今後のローテーションについては未定となっている。

(net keibaより)

昨日メイショウサムソンが馬インフルエンザに感染したと発表された段階で、
凱旋門賞出走はないな、と思っていた。
そして今日、陣営から正式に凱旋門賞回避の旨が伝えられた。

数ヶ月前までは、今年も勝負になるかもしれないと考えていたが、
2頭とも出走すらできずに幕切れを迎えるとは思ってもみなかった。
こういう形で日本馬の挑戦が終わってしまうのは本当に残念だ。

メイショウサムソンには秋のGⅠ戦線に期待したい、
といつものように言いたいが、中央競馬が再開されるかわからない中では、
安易に秋競馬を楽しみに、とも言えない。

個人的には、中央競馬の再開は9月30日のスプリンターズSに間に合えば、
と考えている。
この状況の中では少なくとも今月中の再開はないだろう。
馬インフルエンザの影響は地方競馬にも拡大し、
中央競馬だけではなく、完全に全国規模での問題になっている。
これから牧場の馬にも感染することも考えられ、
そうなるとより一層この問題が長期化する可能性が高まる。

しばらくは一刻も早い競馬の再開を祈りつつ、
状況が落ち着くのをただ見守るしかない。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-08-18 20:41 | 週間競馬ニュース