タグ:ヴァーミリアン ( 3 ) タグの人気記事
もう日本に敵はなし! ~2008フェブラリーS~
フィールドルージュは大事に至らず、良かったですね。

フェブラリーS

1着 ヴァーミリアン
今回のヴァーミリアンは、
臨戦過程や調子が不安視されていたが、
それをものともしない快勝だった。

プラス7キロの馬体重や、
武豊が調子について聞かれた際にお茶を濁していたことから考えると、
やはり本調子ではなかったはず。

また、データ的にも、
地方交流重賞で活躍していたヴァーミリアンのような馬は、
フェブラリーSでは沈むケースが多かった。
過去のヴァーミリアンもこのデータの前に敗れていた。

今回はこれらの条件を覆しての圧勝なのだから、
よほど馬が充実しているのだろう。

ドバイWCでも、
昨年以上の走りができることはもはや必至で、活躍が期待できる。

2着 ブルーコンコルド 3着 ワイルドワンダー

マイル路線からの2頭も健闘したが、ヴァーミリアンが強すぎた。
かしわ記念ではこの2頭が中心になってくるだろう。


今年のフェブラリーSは試合に勝って、勝負に負けた。
ヴァーミリアン-ブルーコンコルドで2800円はついた方だろうが、
▲-△ではしょうがない。

基本的な考え方は間違っていなかったと思うので、来年は当てたいと思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-02-24 22:19 | 2008古馬GⅠ戦線
長期政権誕生へ ~2007東京大賞典~

東京大賞典


1着 ヴァーミリアン
カネヒキリ以来、ダート路線では抜けた馬がいなかったが、
ヴァーミリアンは、JCDと今回の完勝で、
ウイングアロー→クロフネ→ゴールドアリュール→アドマイヤドン→カネヒキリ
と続く、00年代のダート名馬ラインに完全に乗った。
今の中距離ダート路線で、ヴァーミリアンに敵う馬は、もはやいないだろう。

あとは、フェブラリーSで距離を克服するだけ。
ドバイワールドカップはスピードの要求される舞台なので、
1600mもこなせる馬でないと勝負にならない。

来年のドバイは現時点では、
デューティフリーにダイワスカーレット、
シーマクラシックにメイショウサムソン、
そしてワールドカップにヴァーミリアンという、
最強クラスの布陣で挑むことになっている。
ドバイ如何では、各馬のさらなる海外挑戦もありそうで、
どこまでやれるか本当に楽しみ。

今年は馬インフルエンザや故障で、
海外で活躍する日本馬が上半期しか見られなかったので、
来年は凱旋門賞やブリーダーズカップで、
活躍する馬が出ることを期待している。


さて、大井ではまだ開催がありますが、
当ブログで今年の競馬について触れるのはこれが最後になります。
1年間ありがとうございました。
今年はどうしても予想中心になってしまったので、
来年からは予想以外の新連載を予定しています。
週2~3回の更新と、予想精度のさらなる向上を目指しますので、
来年もご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-12-31 00:10 | 2007古馬GⅠ戦線
朱き血の勢い ~2007ジャパンカップダート~
やっと「法則」が使いこなせるようになったところで、
来年からは阪神1800mへ。また一から出直しです。

ジャパンカップダート
タイム R2:06.7
ハロンタイム 7.1 - 10.7 - 11.9 - 11.7 - 11.5 - 11.9 - 12.6 - 12.3 - 12.5 - 12.0 - 12.5
上り 4F 49.3 - 3F 37.0

1着 ヴァーミリアン

余裕さえ感じられた完勝だった。
今のヴァーミリアンに敵う馬はいないだろう。
来年のフェブラリーSは距離適性でスキがあるかもしれないが、
中距離ダートでは敵が見当たらない。
来年再びのドバイでどこまで戦えるか。

2着 フィールドルージュ 3着 サンライズバッカス
昨年3着馬が今年は2着で、
今年のフェブラリーS馬が3着。
フィールドルージュは横山典が巧く乗ったが、
さすがにヴァーミリアンには勝てなかった。

この2頭の走りで、
JCダートがマイル戦線と結びつきが強いことをを改めて痛感した。
もっと早く気づいていれば…。

明日はジャパンカップ。
なんだか堅そうなので、エリザベス女王杯のように絞らざるを得ませんね。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-11-25 00:36 | 2007古馬GⅠ戦線