タグ:競馬 ( 55 ) タグの人気記事
フジキセキのワンツーが意味するもの ~2008高松宮記念、ドバイシリーズ~
若干時間が空いてしまいましたが、まずは高松宮記念の回顧から。


高松宮記念

1着 ファイングレイン 2着キンサシャノキセキ

サンデーを差し置いて、フジキセキがワンツーを決めた。
確かに高松宮記念は、素軽いが我慢の利かないフジキセキにとって、
ピッタリのレースであったかもしれない。

また、この2頭は道中もちょうどよい位置につけており、
それがかなり勝因としてはかなり大きかったように思える。
この器用さもフジキセキならではだろう。

そう言えば、
この2頭は2006年NHKマイルカップの2着、3着馬でもある。
雨、そして前残りの馬場と、今思えば高松宮記念と要素が似ていた。
これに戦前に気づけていたら、と思うと少し悔しい。
ちなみに、2006年1着ロジックの父はアグネスタキオン。
アグネスタキオンはフジキセキと傾向が似ているだけに、
これからに要注目だろう。

すがr
3着 スズカフェニックス

スズカフェニックスは出遅れに泣いた。
あの出遅れさえなければ、連覇も十分に見えていただろう。
安定して走っているので、昨年同様安田記念でも再度期待したい。

ドバイは総括ということで。

2008ドバイシリーズ

まずワールドカップは惨敗だった。
やはり芝の強豪馬を持って行かないと、
ドバイのペースにはついていけないのだと思う。
カネヒキリやここ2年のヴァーミリアンは、
スパート時のペースについて行けず惨敗している。
来年はウオッカやダイワスカーレットの参戦を期待したい。

デューティフリーに関しては、
ウオッカは健闘したと言ってもいいと思う。
おそらく位置取りは偶然だろうが、
ドバイは直線が長い割に差しが決まらないので、先行したのは結果的に正解だった。
ウオッカはダービーのせいで、差しのイメージが強い馬ではあるものの、
差さないとダメというわけでもない。今回それが証明されたので、
日本でも、もっと柔軟な脚質を取ってほしい。
このレースは割と安定して着順が取れるようになってきたので、
シーマクラシックと並んで、
日本の得意なレースにできるかもしれない。

さて、今日からいよいよ4月で、週末は大阪杯。
こちらがダイワスカーレット、メイショウサムソン、インティライミと
かなりメンバーが揃っている。
どの馬にとってもベストと言える距離なので良いレースになりそうで、非常に楽しみ。

さて、今年の懸案事項である牡馬クラシックはどうしようか・・・。
現在各馬のランク付けが、かなり曖昧になっています。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-04-01 23:33 | 2008古馬GⅠ戦線
もう日本に敵はなし! ~2008フェブラリーS~
フィールドルージュは大事に至らず、良かったですね。

フェブラリーS

1着 ヴァーミリアン
今回のヴァーミリアンは、
臨戦過程や調子が不安視されていたが、
それをものともしない快勝だった。

プラス7キロの馬体重や、
武豊が調子について聞かれた際にお茶を濁していたことから考えると、
やはり本調子ではなかったはず。

また、データ的にも、
地方交流重賞で活躍していたヴァーミリアンのような馬は、
フェブラリーSでは沈むケースが多かった。
過去のヴァーミリアンもこのデータの前に敗れていた。

今回はこれらの条件を覆しての圧勝なのだから、
よほど馬が充実しているのだろう。

ドバイWCでも、
昨年以上の走りができることはもはや必至で、活躍が期待できる。

2着 ブルーコンコルド 3着 ワイルドワンダー

マイル路線からの2頭も健闘したが、ヴァーミリアンが強すぎた。
かしわ記念ではこの2頭が中心になってくるだろう。


今年のフェブラリーSは試合に勝って、勝負に負けた。
ヴァーミリアン-ブルーコンコルドで2800円はついた方だろうが、
▲-△ではしょうがない。

基本的な考え方は間違っていなかったと思うので、来年は当てたいと思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-02-24 22:19 | 2008古馬GⅠ戦線
マイル王か、それとも統一王者か。 ~2008フェブラリーS~
ようやくと言うべきか、あっという間と言うべきか、
いよいよ中央競馬もG1がスタートします。

フェブラリーS

◎ワイルドワンダー
フェブラリーSで好走するかは、
同条件の武蔵野S、ユニコーンSでの走りから判断できる。
昨年のサンライズバッカスやカネヒキリなど、
昨今のフェブラリーSで連対している馬は、
過去に東京ダート1600mで走っていたことが多い。

よって今回は、
昨年の武蔵野S2着で、
実力的にも上位と思われるワイルドワンダーを本命にする。

〇ロングプライド

ワイルドワンダーと同じ理屈で、
ユニコーンS勝ちのロングプライドが対抗。
追っていい馬なので、ペリエに替わるのはプラスになる。
ペリエ自身も、フェブラリーSを2勝している。

▲ヴァーミリアン
1番人気のヴァーミリアンは3番手まで。
理由は次の3つ。(番号は重視した順番)

1.過去のフェブラリーSの際に、調教師、騎手ともに「1600mはこの馬には短い」
 という発言をしていること。(事実1600mは連対なし。)
2.臨戦過程に不安があること。
3.今回は明らかにドバイの叩き台であること。

エルコンドルパサーはヨーロッパ型の血統で、
スピードよりはスタミナに優れている。
ヴァーミリアンも、スピードの必要とされる中央ダートよりは、
スタミナの必要とされる地方ダートの方が、
明らかに走りっぷりがよい。

以上の理由から、
今回はあっさり勝つまでは難しい、と判断した。

△ブルーコンコルド
本命、対抗と同じ理由で昨年2着のブルーコンコルドも挙げる。
ブルーコンコルドは、
フェブラリーSに過去3度出走し全て入着している。
そのため今回もある程度は健闘するだろう。

△デアリングハート
最後はデアリングハート。
とりあえずダートも走れると判断できることや、
サンデー×ダンチヒは格負けしないことから選んでみた。
スピードはあるので、このコースには向くだろう。

a0029289_10193234.jpg

ノボトゥルーも確かに東京ダート1600mで好走しているので、
真剣に検討したが、やはり今回は厳しいだろう。
馬券は応援の気持ちを込めて。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-02-24 10:25
WOWOW『アスリートの聖地』を見て
今日WOWOWで放送されていた、
『アスリートの聖地』という番組がなかなか良かったです。

この番組はスポーツの世界における聖地」と呼ばれる場所にスポットを当てた番組で、
今回は東京競馬場が特集されていました。

番組は「聖地誕生」「聖者降臨」「聖地の瞬間」「聖地巡礼」の4部構成で、
「聖地誕生」では東京競馬場誕生までの日本競馬史の紐解き、
「聖者降臨」では競馬大衆化のきっかけとなった幻の馬トキノミノルのエピソード
「聖地の瞬間」では大ケヤキのまつわる伝説としてサイレンススズカのエピソード
「聖地巡礼」では東京競馬場が一つになった日として、
ウイニングチケット柴田政人のダービーが、それぞれクローズアップされていました。

個人的には4つのエピソードの中で、
大ケヤキについての特集が最も印象的でした。
番組で馬場造園課の方もおっしゃっていましたが、
あれほど大ケヤキを間近で見たのは今回が初めてでした。

また、大ケヤキ付近で故障が多発する理由を、
単なる都市伝説や怪談としではなく、
コース形態に言及して考察していた点も良かったと思います。

それにしても、サイレンススズカの天皇賞(秋)から今年でちょうど10年なんですね。


番組では、上で紹介したサイレンススズカのエピソード以外にも、
パーフェクト→トキノミノル命名のエピソードやダービー時の映像など、
単に楽しめるだけではなく、資料としても貴重な場面があり、
競馬ファンの目から見ても満足できる質の高い番組でした。

21日には再放送があるようです。番組が見られる環境にある方はぜひ。
『アスリートの聖地』 第3回 東京競馬場 「大衆の聖地」
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-01-20 21:27 | 競馬メディア評論
セゾン=マイネル ラインの定着へ ~2008シンザン記念~

シンザン記念

1着 ドリームシグナル 
2着 ドリームガードナー


ドリームシグナルは、
岩田の大味かつ追える騎乗で、後方一気を決めた。
これからもああいう脚が使えるかは不透明だが、
今日に限っては強い勝ち方だったように見える。
せいぜい皐月賞・NHKマイルカップまでだろうが、
それまでは堅実に走ってきそう。
トライアルでも買おう。

2着のドリームガードナーも、
「ドリーム」のセゾンレースホースが実質マイネル軍団なので、
この時期に走ってきても全く不思議ではない。

かつてのセゾンは、
トップコマンダーが重賞を勝ったくらいで、正直パッとしなかった。
育成牧場や生産元をマイネルに委託してどれほど変わってくるのか、
お手並み拝見という感じだったが、
1年目でこれだけ結果を出してきたのは、さすがマイネルだと思う。

セゾンは他のクラブと比較して維持費もお手ごろで、
馬自体もそんなには高くないので、機会があれば買ってみてもいいかもしれない。
特にドリームシグナルのアグネスデジタルは、
マイネルが力を入れているので、
これから走る馬がもっと出てきてもおかしくない。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-01-13 16:38 | 2008古馬GⅠ戦線
JRA賞の得票内訳を分析してみる
本日、JRA各賞が発表されました。
ただ単に結果を振り返っても面白くないので、
得票内訳を軽くみていきたいと思います。

(得票内訳はJRAのホームページか、
ラジオNIKKEIのページで見ることができます。
ちなみに、JRAのサイトではどの記者がどの馬に投票したのかもわかります。)

まずは、年度代表馬から。

年度代表馬
順位 馬名 合計票数
1 アドマイヤムーン 178
2 ダイワスカーレット 73
3 メイショウサムソン 17
4 ウオッカ 12
5 ヴァーミリアン 5
6 該当馬なし 2
7 マツリダゴッホ 1
7 無効 1

これはほぼ大方の予想通りだと思います。
票の散り方はこんなものではないでしょうか。
アドマイヤムーンが年度代表馬ということにも異論はありません。
果たして表彰式には誰が来るのか、密かに気になります。

最優秀2歳牡馬
順位 馬名 合計票数
1 ゴスホークケン 282
2 サダムイダテン 2
2 フサイチアソート 2
2 該当馬なし 2
5 ヤマニンキングリー 1

こちらも例年とほぼ同じ感じ。
サダムイダテンとヤマニンキングリーには首を傾げますが、
フサイチアソートは、わかる気がします。
昨年の東スポ杯は結構レベルが高いと、現時点で勝手に考えています。

最優秀2歳牝馬
順位 馬名 合計票数
1 トールポピー 286
2 該当馬なし 3

これも例年通り。妥当な決着でしょう。

最優秀3歳牡馬
順位 馬名 合計票数
1 アサクサキングス 254
2 該当馬なし 30
3 ロックドゥカンブ 4
4 ヴィクトリー 1

今年のJRA賞はこのあたりからだんだん混迷してきます。
アサクサキングスはダービー2着で菊花賞1着なので、
最優秀3歳牡馬のタイトルに負けてはいないでしょう。
ダービーは確かに重要ですが、
ダービー1戦だけでタイトルが決まるのはおかしいと思います。

最優秀3歳牝馬
順位 馬名 合計票数
1 ダイワスカーレット 275
2 ウオッカ 14

これは割れると思いましたが、
ダイワスカーレットの圧勝でした。
有馬記念が効いたのかもしれませんね。

最優秀4歳以上牡馬
順位 馬名 合計票数
1 アドマイヤムーン 249
2 メイショウサムソン 37
3 ヴァーミリアン 1
3 ダイワメジャー 1
3 マツリダゴッホ 1

こちらは年度代表馬とほぼ同じなのでカット。

最優秀4歳以上牝馬
順位 馬名 合計票数
1 コイウタ 113
2 該当馬なし 101
3 サンアディユ 51
4 フサイチパンドラ 17
5 ディアデラノビア 2
6 アサヒライジング 1
6 コウエイトライ 1
6 ジョリーダンス 1
6 スイープトウショウ 1
6 メイショウバトラー 1

カワカミプリンセスは影も形もないですね。

コイウタはヴィクトリアマイルのみで、あとは未勝利。
たまたま勝ったレースがG1であったというだけで、
これは該当馬なしがふさわしかったのでは。
個人的にはヴィクトリアマイルの意義自体にも疑問を感じています。
安田記念のステップとなるGⅡの牝馬限定戦あたりでいいと思います。

最優秀父内国産馬
順位 馬名 合計票数
1 ダイワスカーレット 162
2 ウオッカ 123
3 アドマイヤオーラ 1
3 アストンマーチャン 1
3 メイショウトウコン 1
3 該当馬なし 1

1位と2位を見る限り最優秀3歳牝馬のタイトルなのではないか、
と思ってしまうような結果になりました。
おそらく、3歳牝馬をダイワスカーレット、父内国産馬をウオッカにして、
バランスをとろうと考えた方が多かったのではないかと思います。
しかしそうなると、「最優秀」父内国産馬の名前に矛盾する結果になります。
やはりどちらかの馬のみに投票するのが筋だったのではないでしょうか。

また、東西による記者所属の偏りもあるかと思いましたが、
表をざっと見る限りでは、所属地域によるバイアスはあまり見られません。

最優秀短距離馬
順位 馬名 合計票数
1 ダイワメジャー 234
2 スズカフェニックス 35
3 アストンマーチャン 14
4 該当馬なし 4
5 サンアディユ 2

一方こちらは文句なし。
安田記念、マイルCSとその年のマイルG1を2勝する馬は久しぶりに見ました。

最優秀ダートホース

順位 馬名 合計票数
1 ヴァーミリアン 288
2 メイショウトウコン 1

これも異議なし。
サンライズバッカスには1票も入ってませんね。

最優秀障害馬
順位 馬名 合計票数
1 メルシーエイタイム 281
2 該当馬なし 6
3 コウエイトライ 2

現行制度では致し方ないですが、
ここはやはりカラジだと思います。
シーザリオがアメリカンオークスを制した年には、
アメリカの最優秀芝牝馬にシーザリオがノミネートされたとして、
話題になったことがあります。
たとえ外国の馬でも日本で走って活躍した以上、
正当な評価を下すのが主催者としての責任だと思います。

特別賞
ウオッカ
メイショウサムソン

最後に特別賞。
ウオッカは歴史的観点からわかりますが、
メイショウサムソンには必要無かったと思います。
天皇賞春・秋連覇は確かに偉業ですが。

以上、全てのタイトルについてわずかではありますが、コメントしてみました。
今年のJRA賞レースは例年にはない白熱ぶりで、
なかなか面白かったと思います。


最後に投票している記者の方にも一言。
記者の中には投票馬を公表していない方が、一部いらっしゃいます。
これはマスコミ関係者の取る行動としては、
ふさわしくないと個人的には考えています。
何か特別な考えがあれば話は別になりますが、
競馬ファンや競馬マスコミを代表している以上、
自らの意志は明確に表明してほしいと思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-01-09 00:02 | 週間競馬ニュース
金杯で乾杯2008 ~2008中山金杯、京都金杯~
「みんなのケイバ」、覚悟はしてましたが、
予想以上にヒドいですね。
まだ1回目なので結論づけることはできませんが、
せいぜい、もって1年では…。
そもそも、競馬初心者をターゲットにするコンセプトが間違っていると思います。
競馬番組を見るほとんどの人は、初心者ではない競馬ファンですからね。

競馬初心者の開拓はJRAに任せて、
テレビ局は競馬ファンに質の高い番組を提供すれば、
それで良いと思います。

競馬初心者も中途半端な情報よりも、
質の高い知識を知りたがっているのではないでしょうか。

中山金杯

1着 アドマイヤフジ
アドマイヤフジは根幹距離向きではないとして、
熟考の末切ってしまった。
この馬は本来ならばこんなところを走っている馬ではないので、
今回は当然といえば当然だったのかもしれない。
メイショウサムソン、ウオッカに人気が被りそうな京都記念で、
また狙ってみたい。


京都金杯

1着 エイシンデピュティ

この馬もG1都落ち組だった。
G1では苦しいが、
このクラスのレースではフレンチデピュティ産駒ということもあり、
安定して走りそう。

2着 アドマイヤオーラ
惜しい競馬をしているがなかなか勝ちきれない。
あんまりモタモタしているようだと、さすがに心配になってくる。
次が試金石か。



そして今日一番の注目レースであろう、
福寿草特別についてもちょこっと触れます。

福寿草特別

1着 ブラックシェル

全姉のシェルズレイとはまた違ったタイプのよう。

前に行って粘りこむ馬がほとんどのクロフネ産駒で、
あれだけの脚を使う馬もめずらしい。

2着 キングスエンブレム 3着 ファリダット

POG的には、ブラックシェルよりもこちらの方が注目されていた。
キングスエンブレムはもともとこの程度のような感じがします。
クラシックにギリギリ乗れるかどうかでは?

ファリダットはなんだかピリッとしない競馬だった。
キングマンボなので、斬れる展開ではあまり走れないのだろう。
本格化する前のキングカメハメハもこんな感じだった。

血統的にもまだまだこれからの馬でしょう。
今後に期待したい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-01-06 17:06 | 2008古馬GⅠ戦線
東は「下克上」西は「実力馬」から ~2008中山金杯、京都金杯~

まずは中山金杯から

中山金杯


◎サイレントプライド
中山金杯は「ちょっと足りなかった馬が好走するレース」
今年の場合は重賞で1番人気に押されながらも、
いまだ重賞未勝利のサイレントプライドがこれに該当する。

先行馬が少なくスローになる公算が高いことも、
サイレントプライドにはプラスに作用する。

〇シルクネクサス

中山得意でロベルト系のシルクネクサスを対抗にする。
この馬も、言わば「ちょっと足りない馬」だろう。

▲アサカディフィード

中山金杯スペシャリストのアサカディフィートを三番手にする。
金杯では過去4戦して3連対というほぼ完璧な成績を収めている。
例年通り、あまり人気もないので今年も買う。

△ブラックタイド
中山金杯で穴をあける馬は、
道中死んだ振りをして、直線だけで突っ込んでくるタイプに多い。
ブラックタイドは過去の走りから類推して、このパターンを踏みそう。

△エアシェイディ

サイレントプライドとはタイプが違うものの、
エアシェイディも「ちょっと足りない馬」

サンデーは中山金杯ではあまり走っていないので、
評価は控えめにした。

京都金杯

◎アドマイヤオーラ
京都金杯は「実力馬が巻き返すレース」
よって最も実力が高いと思われるアドマイヤオーラを、
素直に本命にする。

〇エイシンドーバー

安田記念、マイルCSと連戦しやや及ばなかった、
エイシンドーバーを対抗に据える。

昨年このレースで穴を開けていることも心強い。

▲サクラメガワンダー

サクラメガワンダーも、
G1になると力を出し切れなくなるがそれ以外の重賞では強い。
このレースに合っているはず。

△エイシンデピュティ

サクラメガワンダーと同じぐらいの馬だろう。
印ほど実力差はないと思う。
メガワンダーの方が好みなので、この評価になった。

△キンサシャノキセキ
キンサシャノキセキも「G1になると足りない馬」
の条件は満たしている。
しかし、昨年の京都金杯において、
人気を背負っていながら負けているので、その分評価を下げた。


京都金杯はあっさり予想できましたが、
中山金杯はかなり迷いました。条件に合う馬が多すぎて…。
両方当たるのが理想ですが、せめて片方だけでも当てたいと思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2008-01-05 13:14 | 2008古馬GⅠ戦線
まだだ、まだ終わらんよ! ~2007東京大賞典~
2007年最後のGⅠ、東京大賞典です。
有馬記念の分まで、と意気込むのが毎年のパターンです。

東京大賞典

◎ヴァーミリアン
被っているが仕方がない。
力が抜けているし、
JBCでも圧勝したコース適性もある。
切る要素はない。

〇フリオーソ
コース適性のあるフリオーソが対抗。
力では古馬に劣っているかもしれないが、
大井の2000mで実績があるのは強調材料になる。

▲ルースリンド
内田博が乗るので。
まだトップクラスとは差があるが、
ある程度はやれるはず。2着までか。

△シーキングザダイヤ
ピークは過ぎているものの、
このメンバーでは実力上位で、怖い存在。

△メイショウトウコン

実績上位ではあるが、人気が出ているのでちょっと嫌ってみた。
なので、今回は押さえまで。

デルタブルースはどうでしょうかね。
特別ダートで走りそうなタイプではないので、
フサイチホウオーみたいになってしまう気が。
思い切ってヨーロッパとかで走った方が、結果が出ると思います。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-12-29 11:27 | 2007古馬GⅠ戦線
サンデーVS非サンデー ~2007有馬記念~
レゴラスって確かPOGで持ってた気がします。
ローエングリンが好きだったので。
まさか今年の有馬記念に出てくるとは・・・。

有馬記念

◎ロックドゥカンブ
まだ実績に欠けているが、
中山コースの適性や、血統面から本命にする。
ロックドゥカンブは有馬記念と繋がりのある、
中山2200mで鮮やかに勝っているし、
ロベルト系は有馬記念のようなレースに強い。
また、今秋3戦目で消耗が少ないことも好材料になっている。

〇メイショウサムソン
ジャパンカップの疲れが出ているのではないかと推定して、対抗まで。
とはいえ、その年の天皇賞春・秋連覇馬は有馬記念での連対率100%など、
データが示すとおり、大きく崩れることは考えにくい。
武豊も、思った以上にメイショウサムソンを乗りこなしており、
溜める競馬はせずに、積極的に勝負をかけてくるはず。

▲ポップロック
昨年の有馬記念2着の実績を買った。
今年の古馬の出走馬は、昨年とあまり変化が無く
ディープインパクトもいないので、
数字の上では、ポップロックが最も1着に近いだろう。

有馬記念は、基本的に東京コースとはあまり結びかないので、
東京であれだけ走っていれば十分だろう。

△マツリダゴッホ
穴候補は、中山コース、特に2200mと相性の良いマツリダゴッホ。
競走中止のセントライト記念を除き、
中山では全て3着以内に入っている。
このレースは、あまり格にこだわる必要がなく、
思い切って買ってみたい。

△ダイワメジャー
最後は消去法でダイワメジャー。
昨年ほどの勢いは確かにないが、実績では上位につけている。
それに、今年も2勝しているので、完全に失速しているわけでもない。
馬場も宝塚記念ほど重くはないと思うので、対応できると考えている。

3歳牝馬2頭は、熟考の上で切りました。来てしまったら仕方が無い。

ダイワスカーレットは、本当に厳しい競馬をまだしていないことが気に掛かる。
タップダンスシチーに絡まれて負けた、02年のファインモーションのイメージとダブる。
ウオッカは脚質と、外枠。
13頭立て以上の年に、外枠に入った馬は、調べた限り来ていない。
2歳時のように、前で競馬をしないと辛いだろう。

予想してみた感覚としては、2001年の有馬記念に似ている気がします。
マンハッタンカフェ=ロックドゥカンブ、
テイエムオペラオー=メイショウサムソンというか。
一応、アメリカンボス=マツリダゴッホとしてみたのですが、
どうなるでしょうか。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-12-23 11:03 | 2007古馬GⅠ戦線