タグ:馬インフルエンザ ( 4 ) タグの人気記事
25日、26日は通常通り開催
<競馬開催について>
 ・・・その後、発熱馬や出走予定の競走馬への検査など、疫学的な調査に全力を挙げて取組み、流行状況全体を分析した結果、8月25日(土)・26日(日)の開催から、公正で充実した競馬の実施が可能であると判断いたしました。
 なお、感染馬であっても、発熱などの症状がなければ体調面への影響はありませんが、8月25日(土)・26日(日)の開催については、念のため、発熱などの症状がない場合であっても、陽性であることが確認された馬については出走させないことといたしました。

(JRAホームページより)

25日と26日は通常通りの開催が決定しました。ひとまず安心ですね。

馬インフルエンザの中、競馬開催を行う主なリスクは、
①感染から復帰した間もない馬、当日になって陽性になった馬が出走する恐れがあり、
 公正競馬の維持が困難になる。
②競馬場という狭い場所にたくさんの馬が集まることにより感染拡大の恐れがある。

の2点だと思う。これは出走する馬に関して徹底的に検査を行う姿勢を貫けば、
クリア出来る問題で、JRAも出走馬に対して全頭検査を行った。

となると、最後の関門は感染が拡大傾向にあるかということにある。
拡大気配があれば、状況のさらなる悪化が考えられ、
公正や感染予防が維持できなくなる可能性がある。
こちらもホームページのグラフを見ると、ピークを過ぎたことが見て取れ、
事態は収束傾向にあることがわかる。

最初は右往左往したJRAではあるが、
今週の競馬開催にこぎつけたことは素直に評価出来ると思う。
mixiなどではまだ不安の声も聞かれるが、
JRAの取る方法は公正を維持できるものだ。

ただ、組織面での弱点も露呈した感じがする。
ファン向けのメッセージが不足していただけでなく、
調教師サイドにも明確なメッセージがなかったようだ。
実質上の行政組織だけに、縦割りになってしまうのは仕方がないかもしれないが。

地方競馬への拡大やメイショウサムソンの凱旋門賞回避などが残念ではあるが、
とりあえず中央競馬が元に戻ったことは良かった。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-08-22 21:48 | 週間競馬ニュース
メイショウサムソン凱旋門賞断念を撤回し、出走へ
急転、渡仏決行へ!17日に馬インフルエンザ感染が判明したメイショウサムソン(牡4=高橋成)が仏G1凱旋門賞(10月7日、ロンシャン競馬場)に向けて調整することが18日決まった。この日午前に遠征断念を発表しながら、午後になって方向転換。馬インフルエンザの症状が表れず元気に調教を積んでおり、日程的にも出走が可能なことから陣営は渡仏へ傾いた

スポニチより)

ということで、陣営が一番初めに発表していた意思に戻る事となった。
あとはフランス側がどう出るかにかかっている。
おそらくフォワ賞は回避して本番1発勝負になるだろう。
叩き型のメイショウサムソンにとっては決して有利な条件にならないが、
健闘を祈っている。

さて、このニュースを聞いて心配なことに、秋のGⅠシリーズ開催の可否がある。
おそらく10月あたりには再開されるとは思うが、
そう考えても、トライアルを使えない馬が続出する恐れがある。
今のところ放牧先から戻れない有力馬には、
ヴィクトリー、カンパニー、キストゥヘヴン、コイウタ、コンゴウリキシオー、
サンツェッペリン、サンライズバッカス、スズカフェニックス、ダイワメジャー、
ローブデコルテ、デルタブルース、ポップロック、
らがいる。

感染が沈静化して、馬の移動が自由になったとしても、
そこからの調整にはある程度の時間を要する。
たとえ9月に再開されたとしても、トライアルはすぐそこまで迫っており、
上記の馬が出走するのは難しいだろう。

となると、本番にぶっつけで挑戦せざるを得ない馬が多くなり、
自然と波乱の様相を呈することになる。

今年の秋競馬は普段の競馬とは異なる姿を見せそうだ。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-08-19 08:56 | 週間競馬ニュース
メイショウサムソン凱旋門賞回避へ
 18日、現地時間10月7日に仏・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(仏G1)に出走を予定していたメイショウサムソン(牡4、栗東・高橋成忠厩舎)が、陣営の協議の結果、同レースへの出走を断念することが明らかになった。

 同馬は22日の出国へ向け、輸出検疫のために15日に美浦トレセンに入厩していたが、16日に行われた検査において馬インフルエンザに感染していることが判明していた。なお、今後のローテーションについては未定となっている。

(net keibaより)

昨日メイショウサムソンが馬インフルエンザに感染したと発表された段階で、
凱旋門賞出走はないな、と思っていた。
そして今日、陣営から正式に凱旋門賞回避の旨が伝えられた。

数ヶ月前までは、今年も勝負になるかもしれないと考えていたが、
2頭とも出走すらできずに幕切れを迎えるとは思ってもみなかった。
こういう形で日本馬の挑戦が終わってしまうのは本当に残念だ。

メイショウサムソンには秋のGⅠ戦線に期待したい、
といつものように言いたいが、中央競馬が再開されるかわからない中では、
安易に秋競馬を楽しみに、とも言えない。

個人的には、中央競馬の再開は9月30日のスプリンターズSに間に合えば、
と考えている。
この状況の中では少なくとも今月中の再開はないだろう。
馬インフルエンザの影響は地方競馬にも拡大し、
中央競馬だけではなく、完全に全国規模での問題になっている。
これから牧場の馬にも感染することも考えられ、
そうなるとより一層この問題が長期化する可能性が高まる。

しばらくは一刻も早い競馬の再開を祈りつつ、
状況が落ち着くのをただ見守るしかない。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-08-18 20:41 | 週間競馬ニュース
馬インフルエンザのため今週の競馬開催中止へ
今週の出走を予定している競走馬に対して検査をおこなっておりますが、現在、検査頭数163頭のうち29頭(うち発熱馬は1頭)にインフルエンザの感染が認められております。
 8月11日頃に最初の発症があったと推測しており、現状においては、感染拡大を防止するという観点から、今週の中央競馬の開催を取り止めることといたしました。

ファンの皆様には大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。

(JRAホームぺージより)

昨日、通常通り開催すると発表された今週の競馬開催だが、
今日になって開催中止が決定した。

感染の勢いが依然止まらず、拡大を続けているのが主因だろう。
札幌記念もある今週の開催中止は関係者、ファン共々残念であるが、
緊急事態だけに仕方がない。状況が落ち着くまで見守りたいと思う。

今回の対応は、
いつも後手後手(いい意味でも悪い意味でも)の対応をするJRAらしくなかった。
とても重大な問題だけに、慎重に行動してほしい。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-08-17 10:01 | 週間競馬ニュース