春への期待 コイウタ&フラムドパシオン
今日は3歳牝馬重賞クイーンCと注目の3歳ダートOPヒヤシンスSについて。

クイーンC

1着 コイウタ
今週もフジキセキ産駒が3歳重賞で勝利。
フジキセキは今開催、重賞4勝と波に乗っていた。

さて、コイウタは先団につけてレースを進め、
逃げたアサヒライジングをゴール前で差し切った。

クイーンCは同じ東京コースのオークスとつながっていて、
コイウタにも期待がかかるが果たしてどうだろうか。

ローテーションを見ると、1600mまでの馬という気がする。
フジキセキも決して長距離はこなす種牡馬ではない。

牝馬のクラシック路線は牡馬に比べいまだ不透明な部分が多いので、
断定するのは危険だが、オークスよりは桜花賞で買いたい馬だ。

2着 アサヒライジング
コイウタとは対照的に、オークスで買いたいのがアサヒライジングだ。
根性があり、そう簡単にバテる馬ではない。

今回のように、オークスもスローペースになりやすい。
鞍上にもよるが、オークスではぜひ押さえておきたい一頭。

ヒヤシンスS

1着 フラムドパシオン
前走ほどの圧勝ではなかったが、楽勝だった。
掛かり気味、前が詰まる不利もなんのその。
直線の伸び脚はすばらしいものだった。

次走はドバイのUAEダービーを予定。
日本で今年最初のダービー馬はどうやらフラムドパシオンになりそうだ。

2着 マンオブパーサー
マンオブパーサーもいい競馬をしていた。
この馬もかなりの力を持っている。
今回は相手が強かった。

負けを悲観する必要は無く、
春のダートOPや交流重賞で難なく勝ち星を挙げることだろう。

3着のナムラアトランテスもなかなか強かった。
今年のヒヤシンスSは、レベルが高いレースとして後々話題になりそうだ。

今週からは中山・阪神開催。
中山記念にはハットトリック、エアメサイアなどのGⅠホースが登場。
阪神ではアーリントンカップや高松宮記念の前哨戦、阪急杯が行われる。

競馬がおもしろくなるシーズンがだんだん近づいてきた。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-02-21 12:38 | 2006クラシック戦線
<< ゲームレビュー06 「機動戦士... 堂々世界へ カネヒキリ&シック... >>