今年の桜花賞はオークスとつながる?
若槻千夏の髪型はあれでいいのだろうか。
桜花賞の本馬場入場の先導ってあんなんだったっけ。

以上、関東の人間からみたレース以外の感想でした。

ここからは本題に入っていきたい。

桜花賞

1着 キストゥヘヴン
アドマイヤベガ産駒が同じオーナーのアドマイヤキッスを負かすという結果になった。
キストゥヘヴンは気性が課題だったが、今日はうまく折り合いをつけた。
直線では切れ味を発揮し、アドマイヤキッスをゴール前でかわした。
タイムも馬場を考慮するとそう悪いとは言えず、一概にレベルが低いとは言い切れない。
個人的にはNHKマイルカップでも面白いと思うが、
陣営はオークス一本で考えているらしい。
問題はオークスで買うべきかどうか。
アンカツも気性が心配だと言っていただけに、距離が長くなるのはマイナスになる。
今日のように折り合いがつけばオークスでも来られる力はもちろんあるが
血統的にはマイルがピッタリという気もする
父アドマイヤベガ 母父ノーザンテーストでは何ともいえない。
(血統云々より、折り合いで勝負が分かれそうな気はするが)
桜花賞とオークスは比較的つながるので、
「安易に切ってしまうのは危険」が今のところの結論。
本命にはできないが、印は絶対につけておきたい。

2着 アドマイヤキッス

1番人気馬らしい堂々とした競馬で2着。勝った馬が強かった。
アドマイヤキッスはオークスでも安心して買える馬。
気性でもまったく問題ないので、折り合いで苦労することもない。
1着かどうかはわからないが、確実に上位にいる馬だろう。

3着 コイウタ
コイウタも良い脚を使っていたが、最後は一杯になってしまった。
この馬にはやはり脚を溜める戦法が合っている。
距離では苦しいが、横典お得意の死んだふり走法で来るとしたらオークスでも怖い存在。
クイーンC 馬はオークスでよく来るタイプでもある。

4着 アサヒライジング

脚質的に桜花賞は向かないと判断していたが、よく粘ったと思う。
忙しかった桜花賞よりはゆったりするオークスの方が向く。
今回は静観していたが、オークスでは買う予定。

5着 シェルズレイ

今日は実力の差が出てしまった。上位馬とはちょっと差がありそうだ。
スパッと切れる脚も無さそうなので、オークスでも苦しいか。
トライアルで狙い、本番で切るのが得策かもしれない。

14着 フサイチパンドラ
どうやら途中でレースが嫌になってしまったよう。
素質はあるので簡単には見捨てたくはないが、だからといって心中もしたくない。
ダンスインザムードと同じく付き合い方が難しい馬になってしまった。
人気が下がるようだったら、拾ってみたい。

上位陣&上位人気馬に限ってまとめると、
オークスでこそ狙いたい コイウタ アサヒライジング
オークスでは遠慮したい シェルズレイ
未定(多分手を出す)   キストゥヘヴン アドマイヤキッス
もういいでしょう      テイエムプリキュア ダイワパッション
人気次第         フサイチパンドラ

毎年桜花賞6着~10着付近にはオークスでこそ買いたい馬が数頭いるが、
今年はほとんどいない。むしろ上位陣の方に買いたい馬がそろっている。
今のところ桜花賞重視でいく予定だが、
サンヴィクトワールなどまだまだ狙いたい馬は残っているので、トライアルにも注視したい。忘れな草賞のニシノフジムスメも面白そう。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-04-10 11:26 | 2006クラシック戦線
<< 週間競馬ニュース2 ~2006... 天才タイプか叩き上げか ~06... >>