シンデレラガール ~オークス馬カワカミプリンセス~
キングヘイロー産駒のカワカミプリンセスが無敗で樫の女王に輝いた。
今年はこういう地味目の馬が来る年なのか。

1着 カワカミプリンセス
無敗のオークス馬誕生。
ヤマニンファビュルが飛ばす中、
じっと後方で我慢し、最後にフサイチパンドラを交わした。
出走場中数少ない34秒台の上がりを持つ馬だったので、来ても不思議ではなく、
血統や陣営は地味だが、強いレースをした。
あのペースの中伸びて来るのは、相当力を持っていないと出来ない。
パドックであまり良く見えなかったこともあり、
今日はカワカミプリンセスの強さを見抜けなかった。完敗。

2着 フサイチパンドラ

高いポテンシャルをやっとフルに発揮できた。
今日はヤマニンファビュルが飛ばしてくれたおかげで、折り合いもついたのだろう。
ただ、最後はサンデー×(ヌレイエフ)らしくツメの甘さが出て、惜しい競馬だった。
フラワーC のように、自分からレースを作るのが理想のレース運び。
フサイチパンドラに関しては、スローペースで消し、ハイペースで買い
というフォームを取ることにする。ジャパンダートダービーにも行ってみてほしい。

3着 アサヒライジング
やはり桜花賞よりは上位に来た。
こちらも同型馬のヤマニンファビュルにお株をとられた格好になったが、
健闘した部類では?
紫苑Sでいかにも来そうなタイプなので、忘れずに買っておきたい。
(今日はアサヒライジングの複勝に救われた。感謝。)

4着アドマイヤキッス 6着キストゥヘブン
2頭とも最後は脚が止まってしまった。
アドマイヤキッスは例年なら届いていたかもしれないが、今年はペースが速かった。
2000mまでなら両馬とも対応できるだろう。(キストゥヘブンはギリギリ?)
秋華賞で巻き返しを期待したい。

競走中止 コイウタ
フジキセキ産駒を拾ったとたんにコレ。
応援していたブロンコーネも不利を被ってしまった。
症状は破行との事なので、大事に至らず何より。

来週は待ちに待った競馬の祭典日本ダービー。
このためだけに1年間生きているといっても過言ではない。
アドマイヤムーン、フサイチジャンク、メイショウサムソンの3頭から本命馬を選ぶ予定。

a0029289_055499.jpg

[PR]
by daisuke-k-20 | 2006-05-22 00:10 | 2006クラシック戦線
<< すべてはこの日のために ~第7... オークスは晴れそう >>