今年の弥生賞は皐月賞に直結か? ~2007弥生賞~

弥生賞

1着 アドマイヤオーラ
てっきり後ろから行くものだと思っていたが、中段からの正攻法の競馬だった。
武豊は弥生賞で、ダービーをも見据えた後ろからの競馬をすることが多い。
しかし今回の乗り方から推察すると、距離的に皐月賞がギリギリだと考えているのだろう。

レース自体はココナッツパンチに詰め寄られたものの完勝で、
皐月賞に向けて心配はなさそうだ。
小回りの中山にも上手く対応できていたし、
今回と同様の競馬ができれば、おそらく上位に入ってくるだろう。

2着 ココナッツパンチ

一時はアドマイヤオーラを凌ぐスパートを見せ、惜しくも2着。
この馬は完全にノーマークだった。

弥生賞でこういう惜しくも届かずという競馬をしている馬は、
皐月賞3着→ダービー1着と相場が決まっている。
もし、皐月賞やダービートライアルで上位に入ってくるようなら、
ダービーではココナッツパンチを重視してみたい。
まだ1戦しか見ていないが、現時点ではかなりの有望株。

3着 ドリームジャーニー 4着メイショウレガーロ

3着、4着は2着から少し離され、
クラシックでは上位入線が限界かな、との印象を持った。
もちろん弱いわけではないが、本番で勝てるレベルではないだろう。
ドリームジャーニーは皐月賞で、
メイショウレガーロはダービーでちょろっと狙ってみたい。

というわけで、全体の印象からすると、
今年の弥生賞はダービーと言うより、皐月賞向きの馬が多く集まったようだ。
上位馬の中でダービーで確実に着順を上げてくるのはココナッツパンチだけとみている。
皐月賞◎or〇にアドマイヤオーラ、ダービー▲にココナッツパンチ、
というのが現在の予想図。
[PR]
by daisuke-k-20 | 2007-03-07 23:54 | 2007クラシック戦線
<< スプリンターかマイラーか、実績... 桜花賞馬は決まったも同然 ~2... >>